ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第5回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第5回】
広告
広告

第5回

技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】

 

皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?TBS 系列で放映されていたドラマで、2015年の民放ドラマでは最高視聴率を記録しました。本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。

 

下町ロケットの第二話で、佃社長(阿部寛)が初めて神谷弁護士(恵俊彰)と面談した際、神谷弁護士は「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。

 

それに対して、佃社長は「それはウチの技術がイマイチだったってことですか?」と返すのですが、神谷弁護士は「佃製作所の技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです」と説明します。

 

皆さんはこのシーン、どう思われますか? これは技術者によくある誤解だと思います。「技術的に優れていること」と「良い特許であること」はイコールではない、ということを、神谷弁護士は言いたかったのです。これは、日本の技術者には意外と知られていないと思うのですが、権利意識の高いアメリカの技術者の中では広く知られていることです。

 

発明の捉え方(請求の範囲という権利を主張する部分の記載の仕方)によって、権利範囲は大きく変わってきます。たとえ登録された特許だとしても、特許の侵害発見が困難なケースや、特許や製品カバレッジが少ないケースは、特許としての価値を低くするでしょう。一方で、技術的に革新的でない発明であっても、上手く発明を捉えて権利化できれば、特許としての価値が高いものになることもあります。特に、欧米の技術者の中では、むしろ後者のような技術的に革新性がないものを広く取った特許を最大限活用して、実施料の収入を上げようというトレンドがあります。

 

技術が良ければ、良い特許になるとは限りません。次回はさらに具体的に、日本の企業が見落としがちな特許の穴について解説します。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告
広告
広告

知的財産経営 in 東南アジア

技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 3 】今回も前回に続き、ドラマの第二話で佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘したシーンについてお話したいと思います。
帝国重工への特許譲渡って何ですか?ドラマの第二話で、帝国重工の開発部長が佃社長に「佃製作所の特許を20億円で売却のうえ、譲渡してくれないか」と頼んでいたシーンがありました。他社の特許を買ったり、自社の特許を売ったりすることを「特許売買」と呼びます。
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。
日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。

知的財産経営 in 東南アジア 一つ前のコラムを見る

知的財産経営 in 東南アジア
「死蔵特許」と「有効特許」って何ですか?皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。

その他

よく言われることですが、練習場の平らなマットの上から打つのとコースの凹凸のある芝の上から打つのでは違いますし、天候などにも大きく影響を受けますし、なによりプレッシャーがかかりますラウンドから学ぶことは多く、且つ重要ですが、だからといってラウンドだけでは上達にも限りがありますので、やはり練習は欠かせません。ということで今回は練習場紹介をさせて頂きたいと思います。
フィリピン全土に支店を展開し、リース、ファイナンスを中心としたビジネスを展開するオリックスのDirector、 佐藤文彦さんにお話をお聞きしました。
20代前半で環境問題を意識し、27歳で世界一の電気自動車メーカーを作ろうと起業。現在は大気汚染やさまざまな問題を抱えるフィリピンで、電動トライシクルを普及させるべく奮闘している中島さん。
前回はゴルフクラブを手に入れよう、という話をさせて頂きましたが、少しだけ前回の続きを。ゴルフクラブに入れる14本のクラブのうち、マイクラブとして最初に手に入れたいのはやはりドライバー(1番ウッド)ではないでしょうか。ホールごとの1打目であるティーショットで一番多く使うクラブはドライバー。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回はフィリピンの道端で売られていた、よくわからないデザートを4種類ほど買って食べてみました!
マンダムフィリピンの川北さんに、フィリピンの日用消費財市場の特徴や現地に拠点を設けて行うマーケティングの利点を伺いました。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」井上です!フィリピンではSMモールによく行くんですが、たまにふと「日本のショッピングモールってどんな感じだったっけ?」と思う事があります。
こんにちは、ハポンスリーの田中です!今回は「フィリピン人のマシーン紹介」です!毎月グロリエッタで行われているブリキヤードカップ!
こんにちは、ハポンスリーの堀越です!僕たちはフィリピンに来てタガログ語を勉強して日常会話程度は喋れるようになりました。ただ僕は思うのです。言葉ももちろん大切、だがそれ以上に伝えたいという気持ちが大事だと!!!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!フィリピンの珍味といえばバロットと呼ばれる孵化直前のアヒルの卵を茹でたものが有名です!フィリピンの方々は大好きな食べ物です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー