ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第6回】

知的財産経営 in 東南アジア 「下町ロケット」のあのシーン、会社で起こったらどうしますか?【第6回】
広告
広告

第6回

技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 2 】

 

今回は前回の続きの話です。下町ロケットの第二話で、佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際に、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘しました。

 

その際、神谷弁護士は、コップというものを発明した場合を例に説明しています。皆さんの身近にも、プラスチックでできていたり、陶器だったり、ガラスだったり、さまざまなコップがありますよね。コップの発明をした場合に、そのような材質や、形状、使われ方を、自らの製品のみに適用される範囲に限定してしまうのは、日本人の技術者が犯しやすいミスの一つです。

 

この点は、神谷弁護士も「そもそも特許というものは、今までにない発明品なわけですから、どう定義するかが問題になってきます」と言っています。多くの日本人技術者は、今までにない発明品なのだから、きちんとその内容を細かく定義しないといけない、と考えることが多いかと思います。佃社長も「それではだめなんですか?」と質問しています。結論から言うと、自分で発明した内容を、そのまま他人に実施されるケースは、最近ではあまり多くありません。

 

東南アジアや中国の模倣品の製造者ですらも最近は非常に高度化してきていて、劇中のナカシマ工業のように、少し変えた内容で偽物品を作ってきます。このような状況下で、「特許を取っているから安心」という訳にはいきません。折角取得しても、特許に穴がある場合は、その穴を付いてくると考えた方が無難です。そのため、偽物品が横行しやすい東南アジアでは、特許を出願した後のフォローアップが重要になってくるのです。

東南アジアで知的財産のことなら Masuvally and Partners

知的財産所有権などの技術法務を専門に取り扱う、東南アジア、日本、アメリカ、中国の弁護士・弁理士からなる法律事務所。複数国の専門 家が一体となって、 お客様の技術法務に関する各種の業務に対応できる全く新しい形の事務所です。お客様の要望に応じたキメの細かいサービスの提供を目指しております。アジアで活躍されている日系企業・ベンチャー企業の方々が必要とされている技術法務サービスを低価格、高品質で提供いたします。

Masuvally and Partners
住所: Joya North Tower, 16th fl. Rockwell Center, Makati City 1200, Philippines
メールアドレス : [email protected]
WEB: www.masuvalley.com

広告
広告
広告

知的財産経営 in 東南アジア

技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 3 】今回も前回に続き、ドラマの第二話で佃社長が初めて神谷弁護士と面談した際、神谷弁護士が「佃製作所の特許が良くなかった」と指摘したシーンについてお話したいと思います。
帝国重工への特許譲渡って何ですか?ドラマの第二話で、帝国重工の開発部長が佃社長に「佃製作所の特許を20億円で売却のうえ、譲渡してくれないか」と頼んでいたシーンがありました。他社の特許を買ったり、自社の特許を売ったりすることを「特許売買」と呼びます。
ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。
日本の高い技術力はそう簡単には真似できません!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。東南アジアで日本企業が知的財産権問題で深刻な被害を受けているのが、トレードシークレットです。トレードシークレットとは、会社の重要な秘密の情報を他の会社へ漏らしてしまうことを言います。
東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!

知的財産経営 in 東南アジア 一つ前のコラムを見る

知的財産経営 in 東南アジア
技術は素晴らしいが、それと特許の良し悪しは別問題なんです【 Part 1 】 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか?本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。

その他

プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「スービックの釣神!中村さんに会いに行きました」です!僕は小さい頃から釣りが好きで、フィリピンでもちょくちょく釣り動画を出したりしています。
フィリピンの庶民に最も親しまれている日本ブランドと言っても過言ではないヤクルト。ヤクルトレディや今後の展望などについて、小野瀬 祥副社長にお話をお聞きしました。
『フィリピンでビジネスを始めるには?』 今月の事例 前回はフィリピンの弁護士や法律事務所についてご紹介させていただきました(もし見逃してしまい、今から見たいとい...続きを読む
こんにちは! HPN3の堀越です。 今回は僕が住んでいるトンド地区にある日本食レストラン「YAKIBUTA」にHPN3で行ってきました。
NO.8 インタビュー どうなる? フィンテック市場の動向 ~ NRI マニラ支店のコンサルタントに聞く〜
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
フィリピンにあって日本に無いフルーツはたくさんありますが、中でも今回は「酸っぱいフルーツ」を食べてみました。 フィリピンで酸っぱいフルーツといったら「カラマンシー」が浮かぶと思いますがカラマンシー以外にもあるんです!
マニラの観光名所イントラムロスはスペイン統治時代に造られた要塞都市で非常に古い歴史を持つ場所です。その周囲を囲む壁や堀を利用して作られたのがイントラムロスゴルフコース。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です!今回は田舎に家を探しに行きました!場所はTrece Martirez というカビテの田舎です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー