ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】22年ぶりのマイナス成長懸念、NEDAが警告

【フィリピン経済ニュース】22年ぶりのマイナス成長懸念、NEDAが警告

2020年3月26日

広告
広告
国家経済開発庁(NEDA)は、3月19日に「COVID-19パンデミックのインパクト」というタイトルのレポートを作成、3月24日に公表した。  


NEDAはそのレポートにおいて、2020年のフィリピンGDP実質成長率はマイナス0.6%~+4.3%と予想している。すなわち、アジア通貨危機時の1998年以来、22年ぶりのマイナス成長に陥る可能性もあると懸念している。予想の上限の4.3%達成の条件は、十分な景気対策が実施されルソン全域での「強化されたコミュニティー隔離措置(ECQ)」が当初予定通り1カ月で済み、ECQ発動の必要性が他地域に及ばないことなどとしている。  


ECQが1カ月を超えて延長されなければならなかったり、1カ月間のECQ実施後も新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからないような場合は、下限であるマイナス0.6%という予想でも高すぎる、すなわち、マイナス幅が更に拡大すると警告している。  


NEDAは、ルソン全域でのECQによる付加価値減少額は2,960億ペソ~1兆0,869億ペソ、対名目GDP比2.1%~6.6%と推定しているが、ECQ期間が長引けば、減少額が更に拡大することになる。

 
広告
広告
広告

その他の記事

3営業日ぶりに再開された2020年3月19日の株式市場は大幅続落した。
フィリピン証券取引所(PSE)における株式類取引は3月19日に再開することが認められた。ただし、取引終了時間は、通常の15時30分ではなく、13時へと短縮(ただし昼休憩の中断なし)される。
在フィリピン日本国大使館は、3月17日、「フィリピンにおける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応について(その15:ルソン地域全域へのコミュニティー隔離措置等)というタイトルの感染症情報を発出した。
フィリピンでも新型コロナウイルス(COVID-19)感染が急ピッチで拡大しはじめており、政府や各地方自治体が大胆な感染対策防止策が打ち出された。先週後半以降に打ち出された施策は以下のようなものである。
ドゥテルテ大統領は、国内の新型コロナウイルス(Covid-19)感染者が52人に増えたことから、12日夜、警戒レベルを最高のコード・レッド・サブレベル2に引き上げた。
在フィリピン日本大使館などによると、フィリピン保健省(DOH)は、3月6日、フィリピンでの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例2例、3月7日に症例1例を追加確認し、フィリピン国内の症例が累計で6件となったことを発表した。
大型カジノリゾート「ソレア・リゾート&カジノ」(ソレア)を運営するブルームベリーの2019年(1月-12月)の連結決算では、純利益が38%増の99億ペソと二桁の増収増益になった。
日産自動車(本社:神奈川県横浜市)の電気自動車(EV)が、今年フィリピンで発売される見込みである。
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年2月末(28日)終値は6,787.91ポイントとなり、前月末と比べて5.73%下落。年初2カ月間では13.15%の大幅下落となった。
口コミとランキングで見つかる世界最大の旅行プラットフォーム「Tripadvisor」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニーダム、日本語版サイト: www.tripadvisor.jp)は、2月25日、2020トラベラーズチョイスアワードの観光地ランキングを発表した。本年から新たに発表された『注目の観光地』の2位にフィリピンのルソン島が選出された。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel