ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > フィリピン経済ニュース > 【フィリピン経済ニュース】9月の株価0.3%続落、9カ月間で25%下落と不振

【フィリピン経済ニュース】9月の株価0.3%続落、9カ月間で25%下落と不振

2020年10月5日

広告
広告
フィリピンの代表的株価指数であるフィリピン証券取引所指数(PSEi)の2020年9月末終値は5,864.23ポイントとなり、前月末と比べて0.34%下落、月間ベースで3カ月連続の下落となった。


9月は、月間ベースで3カ月連続の下落となった。経済活動は一部再開されつつあるものの、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の長期化への懸念、マニラ首都圏等での地域隔離措置レベルの据え置き、発表が出揃った上半期の企業業績がかなり悪いこと、外国人が売り越しを続けていることなどが響いている。


フィリピン株式市場への上場企業数は約260社に過ぎず、主力は、銀行、不動産、それらを統括する持株会社であり、主要国市場での回復の牽引役になっている有力なハイテク株やバイオ・医薬品株がほとんど見当たらない。したがって、買い材料不足、手掛かり難で、活気に乏しい薄商いが続いた。9月8日に6,000ポイントの大台を回復したが、長続きせず、5,000台での推移となっている。


2020年年初9カ月間では、PSEiは24.96%の下落となった。世界的な新型コロナ拡大やその対策としての地域隔離措置発動などで、3月に一時4,000ポイント台まで下落した後、地域隔離措置緩和などで反発基調となり、6月と7月の大半は6,000ポイント台で推移したが、8月、9月の大半は5,000ポイント台で推移した。


9カ月間の大分類セクター別指数動向については、軒並み下落。下落率の大きい順に、金融株(-38.73%)、不動産株(-34.04%)、鉱業・石油株(-27.02%)、持株会社株(-20.20%)、工業株指数(-18.00%)、サービス業株(-5.04%)となっている。金融株が引き続き下げを主導している。

 
広告
広告
広告

その他の記事

世界銀行は、9月28日、「東アジア・大洋州地域半期経済報告書」最新号(2020年10月版、副題:封じ込めから復興へ)を発行した。
9月29日付けビジネスワールド紙によると国家経済開発庁(NEDA)が、「ODA動向報告書」2020年上半期版を公表した。
フィリピン中央銀行(BSP)は9月25日、2020年第2四半期(4月~6月)の住宅不動産価格指数(RREPI)を発表した。
フィリピン中央銀行(BSP)の調査によると、2020年第3四半期(7月~9月)の全国消費者信頼感指数(CI)は-54.5%で、2007年に調査開始して以来、過去最低となった。
第8回フィリピン電動車(EV)サミットが、9月24日~26日に開催される。今回は、新型コロナウイルス感染拡大への対応のため、バーチャルイベントとなる。フィリピン電動車協会(EVAP)主導で開催される。
フィリピン証券取引所(PSE)上場のIT企業ナウ・コーポレーション(ナウ)は、9月21日、PSE回覧06602号において、「関連会社であるナウ・テレコムが、国家通信委員会(NTC)から、通信事業参入を暫定承認(PA)された」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響により、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催した。
マンダム(本社:大阪市)は、9月16日、「ヤング男性向けコスメブランド『ギャツビー』は、withコロナの時代に、海外を舞台に挑戦する若きスポーツ選手と共に、アジアの人々に勇気や活力を届けたいという想いを込めて、新プロジェクト『GATSBY GLOBAL CHALLENGERS(ギャツビー グローバル チャレンジャーズ 以下、GGLC)』を始動させる」と発表した。
アジア開発銀行(ADB)は、第53回(2020年)年次総会の第2ステージを9月17日~18日にバーチャルイベントとして開催する。
新型コロナウイルス感染拡大やそれに伴う地域隔離措置で多くの企業の業績が落ち込む中で、巣籠り需要拡大を背景に、大手食品企業の業績が堅調に推移している。

金融・経済

ジャンルで探す

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー