ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  世界のこどもたちと地域の可能性を広げる国際協力

世界のこどもたちと地域の可能性を広げる国際協力
広告
広告

kagayaku1.jpg

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人をご紹介していきます。今回はNPO法人ACTION代表の横田宗さんにたっぷりとお話を伺いました。


世界のこどもたちと地域の可能性を広げる国際協力

NPO法人ACTION代表
横田 宗さん

kagayaku8.jpg

特別席を設けられていた小学生時代
小さな頃は、人と違うことをするのが好きで、一人遊びが好きだったと言う横田さん。小学校1年~4年生までは担任の先生の横に特別席を設けられていたという。そんな横田さんが中学生の時に一番気になっていたのが障害を持った方たちだと言う。車椅子でいる彼らの普段の生活がこどもの視点から見て、興味の対象になったのだ。高校に入ると知的・身体障害者施設でボランティアをするとともに、その興味は外国人へと移ってくる。

 

 初めての海外ボランティア参加  「かえってお世話になってしまった」
街で知り合った外国人や留学生と交流する中で、外国人は日本人と違う価値観を持ち、会うたびに発見があり面白かった。そして「外国に行ったら全員面白い人に違いない」と思い海外への思いを馳せる。高校3年生の時にフィリピンのピナツボ火山の噴火より被災した孤児院の復興を手伝おうと一人現地へ向かう。


はじめてのフィリピン、はじめての一人での海外。 自分のことを知る人はいない。けれど、熱意が通じ滞在が許され施設の修復を一ヶ月半行った。「施設の為に何か出来ればと思って行ったのに、言葉も全然出来なかった為、かえって施設のスタッフやこどもたちにお世話になってしまった」


        kagayaku6.jpg  
 

 「自分のできることで恩返しをしたい。」ACTION誕生!
フィリピンから日本に帰る飛行機の中、「自分のできることで恩返しをしたい。」としみじみ思ったと横田さんはいう。大学には高校生の時の活動が評価され、亜細亜大学に一芸一能入試(現在の自己推薦入試)で入学。新聞社や地元の国際交流協会に呼びかけ、孤児院を支援する仲間を集めた。16人の仲間が集まり、噴火で被災した孤児院の壁の修復を実施。自分にあるのは行動力だけだという想いから団体名を「ACTION」としてフィリピンでの活動が始まった。


「ACTION」を立ち上げた後、インドやタイの孤児院で活動。さらに色々な経験をしようと、大学を1年休学して、ケニヤやウガンダ、ザイールそして内戦直後のルワンダの孤児院を単身で訪れ様々な活動をした。孤児院はその国に入ってから探す為、飛び込みでボランティアをしたいと申し出た。断られた事もあったが、暖かく受け入れられた事の方が多かったそうだ。休学後はルーマニアで乳児院を支援するプロジェクトを実施。大学卒業前の98年にサンバレス州と東京・武蔵野市に事務所を開設し、本格的にフィリピンのこどもたちへの支援活動を開始する。



      kagayaku5.jpg


本当の意味での国際協力へ
現在「ACTION」はフィリピンで孤児院の自立支援の他、盲ろう学校への職業訓練や医療支援、ストリートチルドレン500名への奨学金、先住民族集落での生業確立事業と活動は多岐にわたる。また日本全国から大学生を中心としたボランティアを募り3週間の日程で実施するワークキャンプを主催。参加者は1800名を数え、日本の青年を大きく巻き込んだ活動となっている。

さらに「フィリピンの良い部分をしっかりと日本へも持ち帰って両地域の活性化に貢献したい」と、武蔵野市内の商店街にフィリピン雑貨チャリティーショップを開き、多くの方にフィリピンの事を知ってもらうほか、在日フィリピン人の様々な相談にものるなど、日本国内でも積極的に活動を広げている。こども向けの「国際理解講座」を行政や学校と共同で実施し「ACTION」を通して文通をする両国の小中学生は毎年100名を数える。「日本とフィリピンの両方の良いところをそれぞれの地域に活かす本当の意味での国際協力を目指していきたい」と横田さんは語る。

次号へ続く!!



banner-action.jpg

プロフィール
横田 宗(よこた・はじめ)
1976年生まれ(31歳)東京都出身
高校生の頃から様々なボランティアに参加。
1994年大学在学中にNPO法人ACTIONを設立。フィリピンの孤児院の復興支援活動を実施。
1995年インドの孤児院で活動。
1996年ケニヤ、ルワンダ、ウガンダ、ザイールの孤児院でボランティア活動と空手指導など戦災孤児等の支援にあたる。
1998年フィリピンのサンバレス州と東京武蔵野市に事務所を構える。
NPO法人ACTION代表。教育機関での講演・講義活動、フィリピンと日本で空手指導なども行っている。平成11年度中田厚仁基金褒章受章、平成15年度日本財団賞受賞を受賞。3280地区 メトロ・オロンガポ・ロータリークラブ会員

ACTIONウェブサイトへは、こちらから。
(※このリンクはPC版のみ対応)

広告
広告
広告

輝く日本人

コラム「フィリピンで輝く日本人」は、1回目に引き続き、NPO法人ACTION代表の横田さん。
「フィリピンで輝く日本人」二人目は、日本のシュークリームをフィリピンに啓蒙しようと奮闘されている、山岸さん。
「フィリピンで輝く日本人」今回は日本とフィリピンの架け橋となって20年余り、(社)ジャフィール(日比)協会理事長の島田さん。
「フィリピンで輝く日本人」今回は日本の歯科技術伝授のためフィリピン人に帰化した日本人第一号となった小林誠さん。
日本の歯科技術伝授のためフィリピン人に帰化した日本人第一号となった小林さんのお話、後編です。

その他

僕は約一年半ほどトンド地区でホームステイさせてもらっていまして、その家の末っ子が一歳の誕生日だったので今回はその誕生日会に行ってきました。
日本ではもちろん世界中で人気のアニメ「ワンピース」や「ドラゴンボール」。
東映のアニメを20年間作ってきた祖谷さんに尋ねました。
今回は知り合いのフィリピン人が結婚をすると言うことで初めてフィリピン人同士の結婚式に行ってきました!
オンラインファッションポータルサイトとして、ASEANにて不動の地位を確立しているザローラ。フィリピンアパレル業界に衝撃を与えたデビューから4年が経った今、見据えているビジョンとは一体どんなものでしょうか。今回は、ZALORA PHILIPPINES共同出資者でCEOのPaulo Campos III氏に今後の展望についてお話をうかがいました。
今回は「フィリピンの釣り堀にいきました!」です! 久々に釣りが出来ましたので動画にしました! 場所はaling nene's pond です。 クバオからバスで1時間の所で、エントランス20ペソと安く手軽に釣りができる場所です。 魚の種類は沢山いて、何が釣れるか楽しみです!
静岡県富士市在住、フィリピン専門(!?)マンガ家の前田ムサシです。フィリピン人の妻と結婚して18年・・・富士山のふもとの街で家族5人、毎日ワイワイにぎやかに暮らしてます。
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
人気の缶詰シリーズ!今回はフィリピンで売られているサバの缶詰Mackerel Canの紹介です。 イワシやツナなど、フィリピンのスーパーでは様々な魚介系の缶詰が売られていますが、サバもその一つ。 フィリピンの一般家庭では野菜と一緒に炒めたり、ご飯と一緒にそのまま食べたり。
先日フィリピンの友人から貰ったお土産。何かと思って調べてみたらチリガーリックという唐辛子とニンニクのオイル漬けでした。作り方は簡単。油にニンニクと乾燥させた唐辛子を入れて火にかけるだけ。
今回はクリスマスシーズンも近いという事でフィリピンのイルミネーションを見に行きました! マニラでもこの時期たくさん綺麗なイルミネーションが装飾されていますが、せっかくなので少し遠出してサンタローサのヌバリという所に行ってきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー