ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンならではのお花・お茶を目指して

フィリピンならではのお花・お茶を目指して
広告
広告

kagayaku1.jpg

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、
またはがんばる日本人を紹介していきます。
今回は、マニラで華道・茶道教室を営む、テイラー愛子さんにスポットを当てました。

フィリピンならではのお花・お茶を目指して
テイラー愛子さん



華道、茶道といえば、日本的な美の代名詞のようなもの。その心を伝えるべく、マニラで25年にわたって師範として活躍し続けている女性がいます。その名も、テイラー愛子さん。伝統を尊重しながら、同時にフィリピンの長所も取り入れた華道、茶道。和洋の視点をもって「気品」を追及するテイラーさんの流儀を伺いました。

 

 

西洋式住居に和が映えるサロン
マカティ市内の自宅を開放して開く教室には、毎週、華道または茶道を習いに日本人の生徒さんが訪れます。テイラーさんの用意するスペースは、それだけで既に作品のひとつ。広々とした広間はモダンなスタイルでありながらお茶の道具も溶け込むように設計されており、コーディネートのセンスを感じさせます。

 

 

四季のないフィリピンでのお花
華道の教室の日は、市場へ行き良い花材を仕入れるのですが、四季がないフィリピンでは伝統的方法がそぐわない部分があります。そこでテイラーさんは、外国で使えるものをふんだんに用いつつ、空間にも対応する生け花をこころがけています。
「せっかく日本でお花、お茶をやっていた方でも、フィリピンでは続けられない、と思ってしまっている方が多いんですよね」と、テイラーさんは残念そうに言います。海外にいるというだけで諦めないで、素晴らしい教養なのだからぜひ続けてほしい、とテイラーさんは願っています。

 

 

作法のプロとして
国際線客室乗務員を経て、当時の夫のフィリピン赴任をきっかけにマニラに住み始めて30年。その間、国籍を問わずいけばな草月流を教え、茶道の講師としても活躍。また、「フィニッシングスクール」という社交的教養・作法を教える学校の講師を務めたり、さらに自身が主催するコーディネートサロンでは、過去100人以上の卒業生を送り出してきた、まさに「作法のプロ」ですが、一方で「おもてなしの基本はリラックスさせること」と、変に意識して緊張する必要はない、とも言います。経験、未経験を問わず、これからも一人でも希望者がいれば教え続けていきたい、とテイラーさんは語ってくれました。

 

<教室案内(華道、茶道)>
お問い合わせは、テイラー愛子さんまで
電話:02-843-8390
Email:aikontaylor★gmail.com
(★の部分は@へ置き換えてください)

広告
広告
広告

輝く日本人

おなじみ「フィリピンで輝く日本人」コーナーに、マカティに新規オープンしたユニークなマクロビ風レストランUNIQUEASE(ユニカセ)の中村八千代さんが登場です。

輝く日本人 一つ前のコラムを見る

輝く日本人
一代で大企業を築き上げたMaeno Giken Philippines,Inc 会長の前野紀彦さんのお話です。

その他

今から80年前に、アメリカの軍食用として誕生したスパム。ソーセージの材料を腸でなく缶に詰めた物です。第2次世界大戦の際に、アメリカ軍が沖縄、フィリピンなど世界の米軍基地に持ち込んだことで、今ではフィリピンでとってもポピュラーな食材として、コンビニ、スーパー、ファストフード店で見られるようになりました。
海外展開している日系最大規模のレンタルオフィス「クロスコープ」。現地法人クロスコープ・フィリピンで責任者を務める庄子素史さんにフィリピンでの事業展開についてお話を伺いました。
今回は「フィリピンでムエタイを紹介します」です! フィリピンと言えばやっぱりパッキャオ!ボクシングですよね! フィリピンにはそこら中にジムがあってとても盛んなスポーツです! しかし、なぜ今回ボクシングではなくムエタイを紹介するのか?
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「チキンチャレンジ」です!フィリピンのファストフード店には必ずと言っていいほどフライドチキンとライスセットがあります。
マーケットが求めている商品やサービスを通じて、「商うこと」の先に広がる豊かさを提供していく「伊藤忠商事株式会社」マニラ支店長の河野一之さんにお話を伺いました。
人気シリーズの,缶詰でチャチャっと一品シリーズ!今回はフィリピン人の大好物Corned Beef (コンビーフ)を使ったレシピのご紹介です。フィリピンの食文化に欠かせないコンビーフは、スーパーに限らずコンビニや道端の小さなストアでも売られている程、ポピュラーな食材の一つです。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
子どもたちの想像力を最大限に引き延ばす。「語り手たちの会」サークル紹介です。
海外にいると時々無性に和菓子が食べたくなること、ありませんか?あんこがたっぷり入った饅頭、羊羹、みたらし団子。フィリピンでは洋菓子やパンなどは食べられるものの、和菓子を置いてあるお店はほとんどありません。帰国時には爆買いならぬ、爆食いしてしまう当方でありますが、最近はフィリピンのローカル食材を使って和菓子作りを研究中です。
今回はisang daan (100)シリーズ第2弾という事で前回の【焼きそばにカラマンシーを100個かけてみた】に続いて、【焼きそばにチリを100個入れてみた】です。まずチリを100個買いに行ったのですが、普段ならすぐ見つかるはずのチリがどこにも売ってない!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー