ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  「美味しかったです」の一言が原動力になっています

「美味しかったです」の一言が原動力になっています
広告
広告

kagayaku1.jpg

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、
またはがんばる日本人を紹介していきます。
今回は、マニラでお菓子教室を営む、木村雅子さんにスポットを当てました。

「美味しかったです」の一言が原動力になっています
木村 雅子さん



木村さんは自宅でお菓子教室、オーダーメイドのケーキの販売をされています。木村さんのケーキ作りのポリシーはいい素材を使い、素材の良さを最大限に引き出すということ。「甘いお菓子は一瞬、人の心を幸せにしますが、ただ甘いだけでは健康を害してしまうこともありますね。」食べ物は健康に大きく影響することから、お子さまからお年寄りまで安心して食べられるお菓子作りを心掛けているそうです。


「特にここフィリピンでは良質なものは摂りにくいですからね。市販のケーキや袋菓子には添加物も少なくありません。」ケーキは栄養価の高い理想的なおやつですが、生クリーム、バターなど高カロリーなのが気になるところ。木村さんはなるべく砂糖やバターなどを減らして日本の市販のケーキよりも低カロリーのレシピも考案されているそうなので、ヘルシーであるというのも嬉しいですね。

 


kimurasan1.jpg      


木村さんは夏ごろから日本食品店などでパンを卸し始めていますが、そのパンはメイドのジェニーちゃんが作っています。「ただのメイドだったフィリピン人の彼女が責任を持ってパンを作って食品店に卸すということはとても大変なことですが、いい勉強になるし、自立への第一歩になる」と木村さんはいいます。「たまたま生まれ育ったところが違うだけで、こんなに人の生きざまが違ってくるというのは切ないものです。私が代わってあげられるわけではないので、なにか私にできることを考えるしかないです。」


そう語る木村さんは最初の3年間でジェニーちゃんを家事はもちろん日本料理をも含めたいろんな料理ができるスーパーメイドにしようとしました。そして、その目的が果たせた今は美味しいパンを作って少しずつでもパンを買ってくださるお客様を増やすことが次の目標です。今や、ほとんどのパンやお菓子は木村さんが作るものと遜色はないそうです。最終目標はいつの日かジェニーちゃんのお店を開業することです。

 

kimurasan2.jpg
 

 


今ではメイドであるジェニーちゃんを右腕と呼ぶ木村さんですが、二人の関係が最初から順調だったわけではありません。特に最初の頃は衝突やストレスもありました。しかし、同じ屋根の下で暮らす人間同士。彼女を家族の一員として信じて受け入れたことがきっかけで二人の信頼関係は深まっていきました。『たった一人でも私と出会ったことで幸せに感じてくれる人がいたならばそれで幸せですから。』自分の出会った人、周りの人を大切に、幸せにする姿勢はお菓子にも表れています。

 

kimurasan3.jpg

 


木村さんはケーキ教室を開いていますが、その理由に家庭で作られた体に良くて美味しいものをお子さんに食べて欲しいという願いがあります。子供の成長には栄養あるおやつが不可欠ですし、お母さんの味は生涯忘れることができない宝物となります。レッスンの後、生徒さんたちからの『作ってみました。おいしかったです』という内容のフィードバックが一番のモチベーションになっているそうです。


ケーキ教室のスケジュールや内容はフレキシブルでリクエストがあればできる限り対応していただけます。雰囲気もアットホームで分からないことなどはどんなことでも気軽に質問ができるそうです。お一人様700ペソ(2.5~3時間程度、定員は7~12名)で、既存のグループに加わるという形で1名様からでも参加できます。まずはお問い合わせください。

 

kimurasan5.jpg

 

ケーキのオーダーでの一番の人気メニューは抹茶のロールケーキです。抹茶が香るあっさりした生クリーム、大納言小豆と軽やかなスポンジのコラボレーションが人気の秘訣です。木村さんのケーキはカロリー控えめな優しい味のケーキです。「 美味しかったです」の一言が彼女の原動力になっています。


マンナ(韓国グロッサリー、月曜日、金曜日)や山崎(リトル東京、月木14時半、土曜日10時以降)でアンパンや抹茶、イチゴ、コーヒーメロンパンを購入することができます。もっとバリエーションを増やしてお客様のニーズにこたえたいということです。数に限りがあるので、前もってのご注文をお薦めします。

ケーキ作り、教室に関しては詳しくはホームページをご覧ください。また、マニラ食材を使ったお料理レシピのブログもあります。あわせてご覧ください。

 

kimurasan4.jpg

 

 

広告
広告
広告

輝く日本人

一代で大企業を築き上げたMaeno Giken Philippines,Inc 会長の前野紀彦さんのお話です。
フィリピン在住30年。華道・茶道教室を開催し、作法全般のプロとしても活躍されているテイラー愛子さんにお話を伺いました。
おなじみ「フィリピンで輝く日本人」コーナーに、マカティに新規オープンしたユニークなマクロビ風レストランUNIQUEASE(ユニカセ)の中村八千代さんが登場です。

輝く日本人 一つ前のコラムを見る

輝く日本人
在住暦35年。女手一人で子育てしながら割烹料理屋を築きあげた「よか亭」女将の辻りつ子さんのお話です。

その他

フィリピンで知らない人のいないサンミゲルビール。その大株主として日本のキリンビールから赴任されている代野さんに、両社の提携の経緯などについてお話をうかがいました。
ショートスイングは振り幅が小さいので、棒立ちになって下半身が止まり、手打ちになりやすいので注意。右太モモを左太モモに寄せ、しっかり下半身を動かしてスイングすることが大事。スイングアークが最大になり、自然とフォローも大きくなる
こんにちは! HPN3の堀越です。 今回は僕が住んでいるトンド地区にある日本食レストラン「YAKIBUTA」にHPN3で行ってきました。
『こんな従業員は解雇できますか?(2)』今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「K-POPイベントに参加しました!」です!2016年フィリピンに来てから今までずっと言われ続けてきたアニョハセヨ、、
現在、フィリピンパートナーと60/40法人で事業を行っていますが、これを完全子会社にしようと思います。どうしたらよいですか?
フィリピン最大の商業銀行BDO。名実共にフィリピンNo1となった銀行で、日系企業との取引を最前線で担当するジャパンデスクのマリサ・キョーゲさんにお話をお聞きしました。
『フィリピンの刑事裁判はどう進行するの?』
今回は起訴がされた後にどう進行するのかについてお話しさせていただきます。
大根はアブラナ科ダイコン属の1年草で、昔から私たち日本人になじみのある野菜の一つです。肌寒い日に食べるおでん、味の染みた大根の煮物、家庭料理には欠かせません。そんな大根ですが、フィリピンでもスーパーなどでよく売られています。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー