ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  Maeno Giken Philippines,Inc 会長 前野 紀彦さん

Maeno Giken Philippines,Inc 会長 前野 紀彦さん
広告
広告

kagayaku1.jpg

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、
またはがんばる日本人を紹介していきます。
今回は、Maeno Giken Philippines,Inc 会長
前野紀彦さんにスポットを当てました。

日本が恋しくなることはないですか?との質問に、
例えばどういうところがですか?と逆に聞き返されてしまった。
Maeno Giken Philippines,Inc 会長
前野 紀彦さん


住友重機械工業に入社したあと、最初に海外に出たときは、やはり不安もあったそう。しかし、やらねば仕方がない、と腹をくくってドイツを皮切りに、積極的に海外での事業をこなしていくなか、気がつけば27カ国以上に足を踏み入れていたという。また、語学力も英語のみならず、中国語、韓国語、ドイツ語、トルコ語、さらにタガログ語が堪能という。韓国では暴動、トルコではクーデターによる戦車や装甲車が街中を横行する中、持前の機転と冷静な判断力で部下一同をひきつれ、危ういところで逃れたこともあった。

 

そんな国際派の前野氏が、フィリピンに魅せられ、終の棲家と決めたきっかけ。それは、1974年、フィリピンにいる弟を訪ねた際に、ミンダナオのニッケル鉱山で見たフィリピン人労働者だった。泥の中から鉱物を取り出すための集塵装置。その上の鉄板で、強い日差しが照りつけるなか、一心に働く姿が、強烈なインパクトで胸に残った。その時から、フィリピンでのビジネスを意識し始める。

 

maenosan1.jpg
 

 

その後61歳で定年退職、家のローン等を整理すると、残ったのは1000万円。糖尿病にもかかり、フィリピンでの事業への志が揺らぐ中、「やりたかったら、やってみれば。」と背中を押してくれた奥様の紀子さん。配偶者には恵まれたと、今でも感謝している。フィリピンで鉄鋼関連の事業を始めてから4ヶ月間、1件も注文が入らず、苦しいときもあった。それでも成功を信じて奮闘の結果、大手からの注文が入り、その後は、少しずつフィリピン人社員を増やしていった。現在では初期からの従業員は、1/3も残っている。

 

フィリピン人との感覚の違い等から来る問題や苦労はなかったのだろうか。そう質問すると、前野氏は強く首を振った。フィリピン人の特性である、気持ちの優しさ、従順さ。しっかり教育すれば、驚くほどの能力を発揮する者も少なくなく、本当によく働いてくれると語る。忙しい時期には朝の6時半から夜の11時まで6か月もの間、長時間労働もいとわないという。確かに、工場を見学すると、みんな集中して作業をしていた。前野氏のもとで、働き甲斐や充実感があるのだろう、目が生き生きとしていた。

 

maenosan2.jpg

 

工場はカビテにあり、空気が涼しく、風も常に吹いている。敷地内に設置された2台の風力発電機の回転している様子が目を引く。第二の故郷であるフィリピンに貢献したいと風力発電、バイオディーゼル機器など、環境製品の開発にも積極的に取り組んでいるのだ。独自の信念に従い、小学生のころから子供だけで長旅をさせるなど、たくましく育てた息子さん達に社長職を譲り、会長として会社を見守る。

 

最後に、日本が恋しくなることはないのかと尋ねると、目をこちらに当てたまま、ずいっと身を乗り出してきた。眼力の強さにたじろぐと、日本ではしっかり目を合わせる人が少ないが、フィリピン人は相手の目を見ながら、フレンドリーに接して来る、この人間関係の濃さ、距離の近さがフィリピンの最大の魅力だと語った。この国は、かつての日本にあったような人情があり、優しさや気遣いがある。経済大国にならなくとも、豊かな自然があり、十分に快適に幸せに暮らすことができる。そう語る前野氏の目は、きらきらとしており、この国やこの国の人に対する深い愛着がはっきりと見て取れた。胸に熱いものを秘めた、古き良き日本男児であった。

広告
広告
広告

輝く日本人

フィリピン在住30年。華道・茶道教室を開催し、作法全般のプロとしても活躍されているテイラー愛子さんにお話を伺いました。
おなじみ「フィリピンで輝く日本人」コーナーに、マカティに新規オープンしたユニークなマクロビ風レストランUNIQUEASE(ユニカセ)の中村八千代さんが登場です。

輝く日本人 一つ前のコラムを見る

輝く日本人
フィリピンで輝く日本人、マニラで手作りお菓子教室を営む木村雅子さんのお話です。

その他

前回の遺産分割協議の説明の際にもご説明いたしましたが、フィリピン国内の資産に関する相続手続についての管轄権はフィリピンにあります。遺言がない場合には、フィリピン法に定める手続にしたがって遺産分割がなされ、有効な遺言がある場合は遺言に従って遺産分割がなされます。
昨年2月にフィリピン便の運航を開始した全日空(ANA)。就航から1年を経て、順調な「飛行」を続ける同社マニラ支店の操縦桿を握る、泉秀明支店長にここまでの道のりを聞きました。
David Leechiu(デイビッド・リチュウ)さんは、フィリピンの商業不動産ブローカーの第一人者です。20年以上にわたり、激動のフィリピン不動産業界を駆け抜けてきました。
前回に引き続きマニラより北に位置するコースとしてRoyal North Woodを紹介します。距離的にはパンパンガよりも近いのですが、NLEXを降りてからの一般道が狭く混み合うためアクセスが少々悪いです。
大学卒業直後から起業、やがて立ち上げたメディア企業で日本のアニメ、「ボルテスV」の放映権を得てフィリピンに紹介し大ヒットさせたラリーさんに、お話をお聞きしました。
私達の食生活において切っても切れない関係の野菜の一つ。それがキャベツなのではないでしょうか。時に千切りで生食用に、時に加熱用で炒め物やスープに、丸々包んでロールキャベツのような楽しみ方もできますよね。
新たな取引先と取引を開始し、今月納品した商品の代金を2ヵ月後に受け取ることになり、2ヶ月先の日付の入った小切手を受け取りました。これは必ず支払われるのでしょうか?
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
フィリピンの大人気ビールといえばサンミゲルビール! 常夏のフィリピンで最高の飲み物です。 ただサンミゲルビールといってもたくさん種類があります。 ということで今回僕たちは「利きサンミゲル」をしてみました!
野村総合研究所(NRI)マニラ支店では、人事・組織コンサルティングサービスの一環として、マネジャーや次世代幹部候補向けの教育研修を実施しています。  今回は、コロナ禍でオンラインによる研修を実施してきたNRI マニラ支店支店長の高岡とシニアビジネスアナリストの山下に、インタビューした内容をご紹介します。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー