ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  レストランUNIQUEASE(ユニカセ)

レストランUNIQUEASE(ユニカセ)
広告
広告

 

2013年6月、本格グランドオープン!

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人を紹介していきます。
あなたの他にも、フィリピンの空の下で輝いている日本人はたくさんいました。

 

今回は、マカティに新規オープンしたレストランUNIQUEASE(ユニカセ)の中村八千代さんにお話を伺いました。営利企業でもNGOでもない、ソーシャルエンタープライズのコンセプトとは?

 

レストランUNIQUEASE(ユニカセ)
Founder(創立者)
中村 八千代さん

中村さん写真(中央の女性) Photo by Natsuki Yasuda

プロフィール

1969年生まれ。20歳の時、家業であった一般酒販店を継ぐ。ビジネススキルを磨きつつ、物産展などを巡り、珍しい食品の仕入れに力を入れる。30歳、 児童福祉施設でボランティアをしたことがきっかけで国際協力に目覚め、2006年教育関係のNGOスタッフとしてフィリピンに派遣が決まる。深刻な貧困問 題を前に、青少年の雇用機会創出の必要性を感じ、趣味を通じた“食“ビジネスで彼らの働く場を提供することを提案。12人の青少年スタッフと共に、 【マクロビ風レストラン UNIQUEASE(ユニカセ)】オープンしました。

 

生まれた地域や、親の都合で学校を卒業できず、働く機会を失っていく青少年たち。そんな不条理な社会の中でも、彼らの生きる道を共に見つけていきたい

フィリピンに初めて来た時、社会に出る機会すらないたくさんの青少年たちに出会い衝撃を受けました。フィリピンはまだまだ学歴社会。NGOの支援を受けていても、そこから先、将来の見えない子供たちが本当にたくさんいたんです。そこで、実際に彼らに職業を提供できるようになればと思いつきました。しかも人々の生活に密着している“食”をテーマにした分野で。



ソーシャルエンタープライズ(社会企業)の立上げ、これはこだわりです

NGO活動を否定するわけではもちろんありません。草の根で動き、現場の声をくみとる、これはNGOにしかできないすばらしい活動と思います。NGOの活動を基礎にさらに持続可能な自立への道を考慮した結果、ソーシャルエンタープライズ(社会企業)しかないと実感しました。今ここで働いているスタッフたちは、もともとNGOの裨益者であった青少年たち。彼らに払うお給料の一部は彼らの自立のための貯金として会社で保管しています。


一カ月の貯金の額は少ないかもしれませんが、2、3年たつとまとまった額になります。「2~3年後には自分で稼いだお金で学校に戻ったり独立して自分のお店を持ったりできるようになるのよ!」といつも口すっぱく彼らに言っています。

  プレオープンイベントの様子 Photo by Natsuki Yasuda

 

料理へのこだわりも人一倍。納得するまでしつこく追い求めます

料理の8割強は、マクロビ料理専門家の方に指導して頂いたものです。たとえばこれ。ただのてまり寿司のように見えますが、実は中に穀物を混ぜ込んでカルシウム、鉄分、食物繊維アップをはかっています。お客様に食べていただき、体の中に入るものですから…安心して召し上がっていただきたいと思っています。


本来、マイクロバイオティックは野菜・穀物・豆類を中心に自然食品を使って料理するのですが、“マクロビ風”としているのは、お魚やちょっとお肉を使ったメニューもあるからなんです。お野菜中心なレストランではあるんですが、カップルやご夫婦でいらしていただいた時、彼の方がおなかをすかせて帰っちゃう!なんて事のないように。ここもちょっとこだわりました。


そうそう!来週はおいしいマグロを仕入れにミンダナオまで行ってきます。数年前はまさか自分がマグロを仕入れるようになるなんて想像もつかなかったですが~笑。

手まり寿司
Photo by Erik Liongoren

 

凹む理由もスタッフ、けどそこから救ってくれるのもスタッフ

レストラン準備の中で、悲しい出来事もありました。スタッフの一人がお店の備品を盗んでしまったことがあったんです。泣く泣く彼を解雇し、それから2週間以上は凹んでいました。彼を責める以上に、なぜ彼にそんなことをさせてしまったのだろうと反省の毎日でした。なぜ私は食い止めることができなかったんだろう…って。けどそんな私を励ましてくれたのもまた、スタッフである青少年のみんなだったんです。「マム、僕たち今月はお給料いらないから。頑張って働くから。だから諦めないで!」って。

今すぐ社会を変えようとは思わない、けど、諦めてるわけじゃない

今すぐに、このフィリピンの現状を変えようとは思っていません。なんでかって…ここで働く青少年たちが10年後20年後に変えていってくれると信じているからです。諦めず、いま自分たちにできることから始めよう。その思いをここUNIQUEASEで形にしていきたいと思っています。

 

キャッサバもち、 UNIQUEASEサラダ
Photo by Erik Liongoren 
 
スタッフA子の取材メモ
レストランオープン直前。タイトスケジュールの中での取材となりさぞお疲れかと思いきや…「今日までに工事現場の監督から調理場のコックまで、いろいろ経験したわ!! 私しゃべりすぎちゃったら止めてね!!」と取材中ずっと笑顔をたやさず楽しそうに語る中村さん。掲載用写真を選ぶ時も「私よりスタッフの子たちのいい写真がいっぱいあるんだけどね~」と、まず先にみんなの写真をチェック。青少年スタッフたちを心から大事に思い、信頼し、愛情を注ぎ、そして中村さんご自身もこのレストランオープンをめいっぱい楽しんでいるようすが伝わってきました。
中村さん、ユニカセのみなさん、取材ご協力ありがとうございました!!
 

 

店舗情報
自然食レストラン UNIQUEASE(ユニカセ)
 
住所:Unit C, #1036, Hormiga cor Teresa St., Rizal Village, Brgy. Valenzuela, Makati City, Metro Manila(駐車スペースあり)
営業時間:
11:00AM~8:00PM
 
休日:火曜日
 
TEL:Landline Phone: +63(02) 255 6587(English, Tagalog &日本語)

Cell Phone: +6(3 0)927-791-5516(English &日本語)


 
WEB: http://www.uniquease.net/
Facebook: UNIQUEASE.Restaurant

Youtube:https://www.youtube.com/watch?v=JmeJxscLuGU

広告
広告
広告

輝く日本人

フィリピンの空の下で輝く人を応援!コラム「フィリピンで輝く日本人」第1回登場は、NPO法人ACTION代表の横田さん。

輝く日本人 一つ前のコラムを見る

輝く日本人
フィリピン在住30年。華道・茶道教室を開催し、作法全般のプロとしても活躍されているテイラー愛子さんにお話を伺いました。

その他

ここだけのはなしは、いけませんよ!今回もトレードシークレットについて話したいと思います。トレードシークレットとは、たとえば、会社の従業員が利益を得るために、いま働いている会社の新製品の設計情報をこっそり漏らしてしまうことなど、転職が多く現地人同士の情報交換が頻繁な東南アジアでは良く起こっています。
今回僕達は年末日本でお仕事を頂けるということで日本に帰ってきました。 久しぶりの日本ということで日本の寒さを舐めていました。 半ズボンで行けると思っていましたが無理でした。 そして日本に帰った事により、やはりフィリピンの方が好きだなと、再確認出来ました。
こんにちは、ハポンスリーの井上です! 今回はフィリピンのカラオケBOXに行ってきました! ご存じの方も多いと思いますがフィリピン人は歌うことが大好きです!
いつもの食卓に一手間かけて♪ 鶏もものサヨーテみぞれあんかけ。今回はそんなチキンキューブを使って、今晩のおかずにチャレンジしてみましょう!
現在経営するAdMov Marketing Solutionsを含めて、これまでに3社のスタートアップを起業したCapiral氏。企業に勤めた経験や経営者としての視点をもとに、新たなテクノロジーを使った広告を考案。広告業界を大きく変えるチャレンジを続ける。
今回僕はNAIA空港の近くにある軍事博物館「Philippine Air Force Aerospace Museum」 に行ってきました。 入館料は20ペソです。 入る時にガードに「お前、外国人か?」と怖い顔で聞かれましたが、多分僕の顔が怪しい外国人に見えただけだと思うので、誰でも入れます!
今回はマニラ動物園に行ってきました! 入園料は1人100ペソです。動物園に行くのは20年ぶり位なので久しぶりの動物たちに少しビビってしまいました。 フィリピンが暑いせいなのか全体的に動物達はぐったりしていて影から出てきません。
マニラから車で約3時間、SCTEXスービック料金所より車で約45分南下した場所にあるのがAnvaya Cove Golf & Sports Club。マニラ首都圏在住者にとっては少々遠いですが、ビーチリゾートで宿泊施設もあるため、ラウンド後にゆったりと過ごすことも可能。
タガイタイタール湖に近い立地の山岳ゴルフコース。アップダウンがあり、ホール間の移動もそれなりにあるため、カートでラウンジするのが良いかもしれません。しかし山岳コースによくある左右が狭く厳しい印象は無く、メンテナンスの良さも手伝ってとても気持ちよくラウンドできるコースです。
皆さんこんにちは。HPN3です!フィリピンに来て3ヶ月が過ぎまして色々な物を食べました。ですが、まだ食べてないものがありました。それは家庭料理です!もちろんフィリピン料理屋さんやトロトロ屋さんなどでフィリピン料理は食べているのですが本当の家庭料理は食べていません。という事で今回は『隣の晩ご○ん』方式でアポ無しの見ず知らずのフィリピンの方のお宅にお邪魔し、ご飯をいただこうと思います。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel