ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.2 / 米澤咲さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.2 / 米澤咲さん
広告
広告





フィリピンの航空運送業
ANA(全日本空輸株式会社)

営業 米澤咲さん
1987年10月4日生まれ
在比歴 3年半 独身
普段のランチ:RCBCタワーのフードコート(平均予算150ペソ)



お仕事の内容について

自分の営業担当エリアであるマカティやバタンガスに行き、お取引のある企業に対して航空運賃のご説明やキャンペーンのご紹介などを行っています。また、日本人のお客様対応や、旅行代理店で英語での企業説明なども担当しています。まだまだANAはフィリピンでの知名度が低いので、販促活動も積極的に行っています。




    

     フィリピンに来たきっかけは?

京都の大学在学中に地域開発や国際協力について学んでいたこともあり、最初はスタディツアーを通してフィリピンを訪れました。その時フィリピンをすごく好きになり、絶対フィリピンで働きたいと思っていました。大学卒業後は日本で就職せずに、フィリピンのNGOでの就職を希望してこちらへ来ました。いくつか採用試験も受けたのですがご縁がなくて。語学学校に通いながら他の就職先を探していました。あとは、父親がフィリピンで仕事をしていて「フィリピンはすごくいいところだから一度来てみれば」と言われたのがきっかけです。



    

     なぜANAで働き始めた?

「転職したい」と思っていた時に、たまたまプライマーさんの求人ページを見て(笑)。それまで特にこの業界に興味があったという訳ではなかったのですが、その時に初めて航空業界で働く自分をイメージしました。それと、私の周りにいるフィリピン人に「どこの国に行ってみたい?」って聞くと「日本!」って答えてくれるのに、日本人のフィリピンに対するイメージがあまり良くなくて。そのイメージを変えるためにも、もっとフィリピンに来る人を増やしたいと思っています。昨年の三月にはマニラ~羽田便も就航したので、これからもっと盛り上げていけるように頑張ります。



    

     英語はどうやって身に付けた?

大学在学中に約1年間イギリスに留学していたのと、マニラにある語学学校に半年ほど通っていました。あとは、毎日寝る前に英語の動画を見て勉強を続けています。



    

     仕事のやりがい

これまで直接お客様にお会いする機会はあっても、実際にその方が飛行機に乗っているところを見たことがなかったんです。でもある日、仕事で空港に用事があって行ったら自分のお客様が飛行機から出てきたところを丁度見かけて。その瞬間は、普段やっている仕事と繋がったような気がしてすごく感動しました!



    

     海外で働く際に求められるスキル

英語はできればできるほどいいと思うんですけど、それ以上に必要なのが言葉だけでないコミュニケーション能力。人間関係でみんなと近くなれば、周りのみんなを巻き込んで仕事ができますし、分からないところは助けてもらえます。あと、フィリピンだったら明るくて、歌って、踊れたら、大人気になれると思います(笑)。



    

     フィリピン式の営業!?

クリスマスの時期やプロモキャンペーンがある時に旅行代理店へ営業する際は、歌って踊るパフォーマンスをします。「セールスブリッツ」と言って、それに向けて営業チームみんなで練習します。この会社を受ける時も「歌って踊らないといけないけど、いいの?」って言われて。でもそれはすごく楽しいし、フィリピンならではじゃないかな。フィリピン人はとても明るいので、普通に営業するよりもまずは私達のことを好きになってもらって楽しんでもらう。そうして初めて信頼関係が生まれ、販売活動へと繋がっていきます。



    

     休日の過ごし方

あまり家にいるのが好きではないので、週末は友人と外食したり遊びに行きます。あと、最近ゴルフを始めました!まだまだ人に言えるレベルではないのですが(笑)。



    

     尊敬する人

父親ですね。以前、父親が「何もできない人はいない。できない人は今できないだけで、やり方をちゃんと教えてあげればできるようになる」って話していて。私も入社当時は即戦力があったわけでもなかったし、だから面接の時に「人の何倍時間がかかっても必ずできるようになります!チャレンジさせてください!」って言いました。それに父親はもう65歳ですけど、「あの資格を取ろう!」とか「来年はこれをやろう!」とか常に先のことを考えて、具体的な目標を立てているんです。その姿に私は刺激をもらっています。



    

     これからのキャリア

ANAに入社して一年。先輩社員の営業に同行する中で、それぞれの営業スタイルがあることに気付きました。お客様と話す中で、自分は航空会社にいるから分かる話でも、自分がもしお客様だったとしたらもっとわかりやすい説明の仕方があったんじゃないかって毎日自問自答しています。できるだけお客様の目線に立った自分の営業スタイルを作っていけたらなって思います。





    

     カバンの中身拝見

ノートと手帳は必須アイテム。マニラは渋滞がひどいため、車での移動中ちょっとお腹が空いた時のためにお菓子は必ずカバンの中に入れています!ミカンは実家の和歌山から送られてきたものです。

広告
広告
広告

働く人図鑑

マネージメント全般ですね。料理の品質チェック。最初の頃は厨房にも入っていましたが、シェフが育ったので今は基本的に任せています。ただ、「味が変わった」とは絶対言われないように味のチェックは欠かしません。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。
サッカー選手。2014年3月7日からフィリピン・ユナイテッド・フットボールリーグ1部のグローバルFCに所属。フィリピンに帰化し、フィリピン代表に選出された。
セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
現在は、人材紹介会社Reeracoenの代表として、会社全体のマネージメントはもちろん、登記、経理、人事、営業、広報もやります。全部、僕がマネージャーという状況です。

その他

皆さんは世界69カ国で実施され、年間60万人近くの人が受験する日本語能力検定(JLPT)をご存知ですか!? 日本語を母国語にしない人の日本語のレベルを測るテストです! フィリピンでもたくさんの人が受験しています。
今回は「釣りをしよう!イン オロンガポ」です! 久しぶりに遠出してきました! 遠出といってもクバオからビクトリーライナー(バス)で3時間!
最近日本でもスーパーフードとして知られてきているモリンガ。インドを原産とするワサビノキ科の植物で、東南アジアやアフリカなど亜熱帯地方に分布し、古来より食用はもちろん、美容や健康のために利用されているようです。ここフィリピンではタガログ語でマルンガイと呼ばれており、スーパーや市場など、至る所で非常に安価に手に入る食材の一つです。
プレビルドのコンドミニアムを購入したのですが、引渡予定時期になってもまだ完成していません。何かできることはありますか?
さつまいもの生産には日が良く当たり、通気性の良い、痩せた土が最適とされています。そんなことからフィリピンでは色々な種類のさつまいもが年中を通して生産されているのかもしれません。
マニラ、セブで学生、ビジネスマンらを受け入れる英語学校、さらにはオンライン英会話教室などを運営するEEN HD co.,LTDの李百鎬会長にお話をお聞きしました。
知的財産問題は、大企業だけが巻き込まれる特殊な問題だと思っていませんか? 皆さん、「下町ロケット」というドラマはもうご覧になりましたか? 本コラムでは、このドラマのシーンを織り交ぜながら、東南アジア域内で中小企業でも起こり得る知的財産権問題を紹介したいと思います。
子どもたちの想像力を最大限に引き延ばす。「語り手たちの会」サークル紹介です。
今回は知り合いのフィリピン人が結婚をすると言うことで初めてフィリピン人同士の結婚式に行ってきました!
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー