ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  Cross the Seas for Sinbad’s Food Station

Cross the Seas for Sinbad’s Food Station

english%20de%20primer%20copy.jpg

このコーナーでは、フリーペーパーやウェブで通常日本語に翻訳してご紹介している英文記事を、そのまま皆様にご紹介していきます。フィリピンプライマー編集部のフィリピン人スタッフが執筆した英文記事を、原文のままお楽しみ下さい。

第3回目の今回は、フリーペーパーVol.5(P12)とウェブ要約記事でご紹介した地中海レストラン、Sinbad’s Food Station(シンドバッド・フードステーション)の記事をご紹介します。


~Cross the Seas for Sinbad’s Food Station~

Walking into Sinbad’s you will instantly feel comfortable in the cozy atmosphere. This homey spot is a haven for tired office workers during their lunch break, but more than that, it provides cultures a taste of a unique Mediterranean.


sind1.jpg The mood lighting paired with the nature-inspired walls (orange representing the sunset, blue, the sea and yellow for lemon, which accompanies almost all Mediterranean dishes!) and colorful throw pillows gives a fun characteristic to the whole restaurant. The 45-seating capacity also gives you a feeling that it is your own private place. Various art pieces by local artists as well as traditional Syrian house display occupy the walls and ceiling of Sinbad’s. You will never be bored once you step into it! There are so many interesting things to look at!


Ms. Cheryl Gunzapelicke – Pineda, chef and owner of Sinbad’s explain that their cuisine is a fusion of the East and West Mediterranean. Having a Syrian father and a Filipina mother, she grew up eating typical Syrian dishes cooked at home by her dad. With the passion for cooking as an inspiration, she opened up her own restaurant, with the hopes of educating her fellow Filipinos about Mediterranean food. To her surprise, it was not only Filipinos who loved her cooking, but also various nationalities who favor a quick but authentic Mediterranean bite.


We were served the Hummus bi Tahini (Lentil Dip) (P110.00) made with the local “garbanzos”. It was not overpowering at all. It has a smooth texture and has just the right amount of saltiness in it. It goes great with Kebab or just dipped with khobz (flatbread). After that we had the regular Shawarma (P95.00) which made us full right away! It is served with their house sauces and you have a choice between the garlic sauce and chili sauce (the chili is not so spicy, it just gives enough tang to the Shawarma).

sind-co.jpg


Next came the Kebab Platter (P652.00 good for 3-4 persons) which consists of three meats: beef, chicken and lamb. All meats were so tender and flavorful! Although they belong to the same platter, each had a distinctive herbal taste to it. And would you believe, the beef and lamb that they serve are Halal meat which comes straight from Australia! What surprised us is the lamb, which usually has a “lamby” smell and taste – there is no weird taste that will distract you while you are eating it.


sind-ca2.jpg The platter was served with a fresh vegetable salad with tomatoes, zucchinis, cucumbers and various herbs and spices, it was so refreshing! A great compliment to the Kebab Platter was the Vegetable Pilaf (Rice) (P180.00 good for two people). The Pilaf was fluffy and was full of spices, herbs and vegetables. It is really a great match to the grilled meats of the Kebab. Aside from the Eastern Mediterranean dishes, there are also foods dedicated to Italian and Greek cuisine (the Western Mediterranean). Sinbad’s offer an array of Italian pastas and Greek vegetable dishes that you will surely enjoy!


The colors of the store are not enough to match the diversity and uniqueness of Sinbad’s cuisine. Be sure to visit them to enjoy a truly unique Mediterranean experience!


Sinbad’s Food Station
Operation Hours: Monday to Friday, 11:00 a.m. to 10:00 p.m.
Telephone Number: 894-5909
G-9 Valero Plaza, San Agustin St. or Valero St., Salcedo Village, Makati City

広告

English de primer

「English de primer」の第4弾。フィリピン人スタッフが書いた、ファンタスティックなアイスクリームの紹介英文記事です。
「English de primer」の第5弾。フィリピン人スタッフが書いた、新世代のブレックファスト紹介英文記事です。
English de primerの第6弾。Dusit Thani Manilaの中、豊かな庭園とともに愉しむ日本食レストランumuの英文記事です。
今回のEnglish de Primerは、先日紹介した「DFiTフィットネススタジオ」の英文記事です。さぁ、アナタもフィットネス!

English de primer 一つ前のコラムを見る

English de primer
「English de primer」の第二弾。フィリピン人スタッフが書いた、とっておきのビューティーアイテム紹介英文記事です。

その他

今回はフィリピンでの車の運転です。 前に初めてフィリピンで車を運転した動画を出したのですが、その時は久しぶりのマニュアル車に戸惑い公道に出ることなく終わってしまったのですが あれから半年、、
フィリピンは米が主食の国ではありますが、パンの消費量もかなり多いです。パンにチーズソースや香りの強いバター風味のマーガリンのようなものを塗って食べる光景をよく見かけます。
フィリピンで100%子会社を設立したいのですが、SECの申請方法が変わったと聞きました。どのような変化があったのでしょうか?
とうもろこし粉で作られたタコスの皮をパリッと揚げて作られるタコシェル。その名の通り、見た目がシェルのような形をしているのでタコシェルという名前がついたようです。食べ方はタコライスと同じ要領で、タコシーズニングで炒めたひき肉、レタスやトマト、サルサソースをかけたものを挟んで食べます。手軽に手に取って食べることができるのでパーティーのオードブルやストリートフードなどにも最適なアイテムです。
フィリピンのビールは激安!インフレが続くフィリピンでは年々ビールの価格も上昇傾向にありますが、 一般スーパー販売価格で40-50ペソ程(2021年現在)。そんなビールを使って今回は 豚の角煮のレシピをご紹介します。
東南アジアの今後の知的財産権制度は今後どうなるのですか。東南アジアは、知的財産権制度そのものを統合しようと話し合いをずっとしてきました。考えてみてください。もし、1つの手続で東南アジアのすべてで会社や製品の名前が登録できたり、ハイテク技術の特許が取得できたりしたら、楽で良いですよね!
サンタローザで高速を降り、山間になかに現れる山岳コースがSouth Forbes。非常に狭く、青ティーからでも4886ヤードでパー67の設定でかなり距離の短いコースです。ただし短いからといって簡単なわけではなく、フィリピンの広々としたフェアウェイのコースに慣れた人には少々タフなセッティングかもしれません。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。今回はフィリピンでモデル活動をしている友達の佐和空彌(さわくうや)くんがラグーナにオムライス屋を出店したということで行ってきました!
前回からはいろいろな事例に基づき、従業員を解雇することができるのかどうかについてお話させていただいております(前回のフィリピンあらかると に掲載されていますので、見逃された方は是非ご覧ください)。今回もまた別の事例の場合についてお話しいたします。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you