ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  グローバルマインドを持つ国際的行動派(後編)

グローバルマインドを持つ国際的行動派(後編)
広告
広告

kagayaku1.jpg

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人を紹介していきます。
今回は、マニラのアジア経営大学院(AIM)に留学して経営修士号取得後、フィリピン各地をバックパッキングで旅したり、フリーランスの仕事を経て現在は夫婦でコンサルティング会社を設立した、General Manager and Senior Consultant, SpiceWorx Consultancyの安部 妙さんにスポットを当てました。

グローバルマインドを持つ国際的行動派(後編)
General Manager and Senior Consultant, SpiceWorx Consultancy
安部 妙さん


フィリピン人と結婚、そして夫婦で会社を経営 - 本格的なフィリピン生活へ

 AIMを卒業後、しばらくはビジネスコンサルティング的なフリーランス業を営みながら生活していたが、2001年に現在の旦那さんのルエル・アビオン氏と結婚し、夫婦でフィリピンのIT企業やアウトソーシング産業に関連する各種調査案件を受託する「Spice Worx Consultancy社」を立ち上げて現在に至る。

「フィリピンで仕事をしていてよかった」と思ったことについて、安部さんはこう語ってくれた。

「フィリピンは家事や育児を手伝ってくれる人たちがいるので、自分のキャリアを持ち続けることが容易。子供ができたからといってキャリアを取るか子育てを取るか迷う必要が全くないのは大きな魅力です。女性が活躍しやすい環境がこの国にはありますね。

また、フィリピンでは家族が一番大事、というのがごく当たり前の社会システムになっています。日本でも最近になってそういう考えが正しいという意識が浸透してきてはいるものの、各個人がそれを素直に行動に移すことができる社会的状況にはまだなっていない気がします。」

taesan2-1.jpg


しかし、安部さんのフィリピンでの生活が、一事が万事順調であったわけではない。

「会社を自分たち夫婦で経営しているんですが、一時期資金繰りがすごく苦しくなったことがありました。数ヶ月にわたるプロジェクトを請け負ったはいいが、その報酬は納品後の翌月末。その間の運転資金が足りなくて、毎日がサバイバル、といった日が続きましたね。」

しかし、すでに数々のプロジェクトを過去にこなしてきた安部さんたちを信頼してくれている顧客の一人が個人的に短期間融資してくれ、何とか苦境を乗り越えることができたという。

また、夫婦で同じ仕事をしていることから、お互いの意見が対立することも少なくない。

「そのような時は、いったん議論を打ち切り、お互い落ち着きを取り戻した後に改めて話し合うようにしています。お互い熱くなっている時は、議論をしても事態を悪化させるだけですから。ま、話し合う前にそのまま忘れてしまうケースがほとんどなんですけどね。(笑)」

幾多の苦難を共に乗り越えてきたからこそ、固い信頼関係で結ばれた今の安部さんと旦那さんがいる。


taesan2-2.jpg



価値観の違いを受け入れることが大事

フィリピンソフトウェア産業協会の女性幹部の人たちと深い友情で結ばれている安部さん。

「みんなフィリピンのソフトウェア産業をいっそう振興していきたいと心から願う気持ちを持っています。しかも彼女たちはただ願うだけでなく、それを実現していくだけの経験と実力と影響力をもっている。そんな人たちとの友情をこれからも育んでいきたい。」

また、フィリピンと日本の幅広い交流を担ってくれる若い世代を今後支援していきたいという。

「世の中には、自分が生まれ育った環境の中で信じてきた価値観とは異なる価値観が存在するということを受け入れる努力をすることが大切。これは家庭でも、職場でも、世界中どこでも同じ。価値観の違いを受け入れられるかどうかが、平和な世界を実現できるかどうかの基本的なポイントだと思うんです。」

そこには、人種間の壁を乗り越えて生きてきた人だからこそ伝えられる、平和な社会を実現するための重要なメッセージが込められていた。安部さんのようなグローバルマインドを持った人たちが今後世界を舞台に活躍してくれることを願って止まない。





プロフィール

Tae Abe-Abion(安部 妙(あべ・たえ))
General Manager and Senior Consultant, SpiceWorx Consultancy

1967年生まれ(40歳)
茨城県日立市に生まれる。日本でシステムエンジニアとして勤めていた会社が1995年にフィリピンに工場を設立した際、情報システム導入チームのメンバーとして初めてフィリピンを訪れる。1998年~99年、マニラのアジア経営大学院(AIM)に留学して経営修士号取得後、フィリピン各地をバックパッキングで旅したり、フリーランスの仕事を経て2001年にフィリピン人と結婚し、夫婦でコンサルティング会社を設立して今に至る。

広告
広告
広告

輝く日本人

今回は、ウナギの栄養成分を分析、政府の製造認可を取得して栄養剤を開発販売している坂本知弘さんのご紹介。
このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人を紹介していきます。 今回は、マニラ学習塾の塾長を務める石川誠司さんにスポットを当てました...続きを読む
人種・年齢・宗教に関係なく教育ととことん向き合う。フィリピンで輝く日本人、石川さんの後編です。
在住暦35年。女手一人で子育てしながら割烹料理屋を築きあげた「よか亭」女将の辻りつ子さんのお話です。
フィリピンで輝く日本人、マニラで手作りお菓子教室を営む木村雅子さんのお話です。

輝く日本人 一つ前のコラムを見る

輝く日本人
今回の輝く日本人は、グローバルマインドをもち様々な活動に意欲的に取り組まれる安部妙さんにスポットを当てました!

その他

日本人のお客様を中心に、フィリピンでのお住まいや、出張時のご宿泊先、進出されてきた企業様向けの小規模オフィスをご案内して、住環境を整えるご提案をしております。物件は日本人のお客様が投資用に購入されたものが中心、かつ弊社も保有している物件なのでその辺りの安心感をお客様にお伝えしたいです。
ピーナッツをニンニクと油で揚げたスナックMANIや緑豆小豆モンゴ(Munggo)で作るモンゴスープなど、フィリピンでも豆は大衆的に親しまれている食材の一つです。その中でもお手軽な値段でどこでも購入できる豆の一つがグリンピースの缶詰ではないでしょうか。
フィリピン下着メーカーシェア率第3位、三年連続過去最高売上、最高利益を叩き出している。世界のワコールで「美」を提供し続ける、同社の岩崎会長にお話をお聞きしました
こんにちは、ハポンスリーの堀越です! 昔に日本のテレビ番組で「外国人が日本語の歌をうたい、それを何の歌か当てるクイズ」をどこかで見た気がしたのでそれのタガログ語バージョンをやってみました。
最新ギア打ちこなすには、体幹を使ったバックスイングが必要だ。横田が実践しているのは、1キロのメディシンボールを使った練習法。左手にパスしたボールの反動を利用し、キュッと締まった体幹を使って投げ出す感覚が正しいバックスイングのイメージだという。
David Leechiu(デイビッド・リチュウ)さんは、フィリピンの商業不動産ブローカーの第一人者です。20年以上にわたり、激動のフィリピン不動産業界を駆け抜けてきました。
住みますアジア芸人がフィリピンのマニラに上陸! フィリピンで日本のお笑いを広めるため、フィリピン住みます芸人のハポンスリー(HPN3)がマニラにやって来た!タガ...続きを読む
日本とフィリピンの友好、相互理解のために文化交流を行っています。具体的には、文化事業(日本映画祭や展示、公演など)、日本語教育(日本語教師の研修や日本語能力試験の実施)、日本研究・知的交流(日本について研究する人への支援、知的リーダー層の交流)を3本柱として行っています。その中でも特に文化事業と日本研究・知的交流を担当しています
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です。今回は「久しぶりにフィリピン料理を作りました!」です!前にもフィリピン料理のアドボを作ったり、井上がブラロなどを作っています。今回はカレカレを作りました!
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「ランドノーティカをやってみよう」です!みなさんランドノーティカってご存知ですか?
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー