ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  グローバルマインドを持つ国際的行動派(前編)

グローバルマインドを持つ国際的行動派(前編)
広告
広告

kagayaku1.jpg

このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人を紹介していきます。
今回は、マニラのアジア経営大学院(AIM)に留学して経営修士号取得後、フィリピン各地をバックパッキングで旅したり、フリーランスの仕事を経て現在は夫婦でコンサルティング会社を設立した、General Manager and Senior Consultant, SpiceWorx Consultancyの安部 妙さんにスポットを当てました。



グローバルマインドを持つ国際的行動派(前編)
General Manager and Senior Consultant, SpiceWorx Consultancy
安部 妙さん


出会いはエドサ革命とアキノ元大統領の「英語の発音」

1986年に起きたエドサ革命。革命の様子や新大統領就任のニュースは日本でもテレビで放映され、その視聴者の一人に安部さんがいた。アキノ大統領の就任式でのスピーチを聞いた彼女の印象は、

「アキノ大統領の英語って、アメリカ人の英語よりわかりやすいな~」

そんな素朴な印象が、安部さんとフィリピンの最初の出会いとなったのであった。

taesan1.jpg 安部さんが一番最初にフィリピンの土を踏んだのは、エドサ革命から約8年後の1995年1月。当時大手製造業企業の情報システム事業部で、システムエンジニア(SE)として業務アプリの開発や東南アジア日系製造業企業への企業統合システム(ERP)導入コンサルティングなどを担当していた安部さんは、会社がラグナテクノパークにハードディスク製造工場を設立した際、情報システム導入チームの出張メンバーの一人として来比した。当初の出張の滞在期間は2ヶ月半ほどで、その後1998年まで、年に2~3回の割合で日本とフィリピンを往復したという。








もっといろいろなフィリピンを知りたい!

安部さんにとって、外国はフィリピンが初めてというわけではなかった。出張や旅行を通して、アメリカ各地や中国、シンガポール、マレーシア、タイ、インドといった他のアジア諸国も訪れていた。しかし、そんなアジアの国々の中でも、同年代の人々とフィーリングが合うフィリピンに惹かれていったという。

「今まで仕事や旅行などでいろいろな国の人と触れ合いましたが、特に仕事以外で楽しく付き合うことができたのがフィリピンでした。」

企業の出張者としてではなく、違った形でフィリピンに触れてみたい…。そんな思いに駆られて安部さんが選択したのが、NGOへの参加であった。

taesan2.jpg


当時、アジア協会アジア友の会(JAFS)という大阪のNGOが、パナイ島のパンダンという町で水道パイプ敷設プロジェクトを行っていた。同町の水源は塩分の含有量が多く、飲料水に適さないことから、山の上にあるマロンパティという泉から真水を引くことになったのだ。安部さんは96年から98年にかけて、3回ほどこの工事のワークキャンプに参加。機械を一切使用せず、10キロという距離を全てシャベル一本で掘り進むという重労働だったが、学生時代にバスケ、陸上、テニスと数々のスポーツをこなしてきた安部さんは、むしろ楽しみながら工事に従事できたという。




無謀に近い闘鶏ダービーの開催とその成功

パンダン町での地元の人々とのふれあいを通して、ますますフィリピンにのめり込んでしまった安部さん。とうとう「フィリピンに住んでみたい」と思うまでになり、持って生まれた行動力に物を言わせてアジア経営大学院(AIM)に留学、経営修士コースを専攻した。同校では世界10カ国から留学生を迎えているが、安部さんは70人いるクラスの中でただ一人の日本人だった。

AIMでは、卒業間際になると卒論の他に「Individual Walkabout」と呼ばれる必須プログラム(個人プロジェクト)を実施し発表しなければならないことになっている。このプログラムによって卒業するための実力を備えているかどうかが試される、いわゆる通過儀礼のようなものだ。

テーマを決める上で、1)自分がやったことがない 2)難しい 3)経営的なスキルを応用すること という3つの条件を満足させる必要があったが、そこで安部さんが選択したテーマは「闘鶏ダービーの主催」。闘鶏は日本ではできない(=やったことがない)、フィリピン人男性が支配する闘鶏の世界に外国人の女性が挑戦する(=難しい)、そしてダービーを主催する(=経営的なスキルを応用)、というわけだ。

安部さんは、SEとして実務で鍛えた「論理的思考」と「問題解決能力」をフルに発揮してこのプロジェクトに挑む。何しろ闘鶏に関してはまったくの素人、それも「鶏恐怖症」に悩むギャンブル嫌いの女性が、コネも何もない異国の地で闘鶏ダービーを主催しようというのだ。生半可な方法では、まず成功に導くことは不可能だろう。

taesan3.jpg


徹底的な現状把握と客観的な分析の結果、安部さんがまず行ったのは、2ヶ月間の根回し作業とコネ作りだった。現在持っている人脈を最大限に活用して、ようやく町の実力者や闘鶏のオーナーなど、闘鶏ダービーに必要な人々との接触に成功する。そして、不測の事態に常時泣かされながらも、当日ネグロス島のミノヤン村において無事闘鶏ダービーを主催し、それどころか僅かながらも収益を得るという快挙も成し遂げた。また、安部さんの選んだ課題は校内でも珍しかったらしく、70人中4位に選ばれた。収益金は地元の小学校に寄付したという。


次号へ続く!!


プロフィール
Tae Abe-Abion(安部 妙(あべ・たえ))
General Manager and Senior Consultant, SpiceWorx Consultancy

1967年生まれ(40歳)
茨城県日立市に生まれる。日本でシステムエンジニアとして勤めていた会社が1995年にフィリピンに工場を設立した際、情報システム導入チームのメンバーとして初めてフィリピンを訪れる。1998年~99年、マニラのアジア経営大学院(AIM)に留学して経営修士号取得後、フィリピン各地をバックパッキングで旅したり、フリーランスの仕事を経て2001年にフィリピン人と結婚し、夫婦でコンサルティング会社を設立して今に至る。

広告
広告
広告

輝く日本人

今回の輝く日本人は、グローバルマインドをもち様々な活動に意欲的に取り組まれる安部妙さんのお話、後編です。
今回は、ウナギの栄養成分を分析、政府の製造認可を取得して栄養剤を開発販売している坂本知弘さんのご紹介。
このコーナーでは毎回フィリピンと深い係わりのある、またはがんばる日本人を紹介していきます。 今回は、マニラ学習塾の塾長を務める石川誠司さんにスポットを当てました...続きを読む
人種・年齢・宗教に関係なく教育ととことん向き合う。フィリピンで輝く日本人、石川さんの後編です。
在住暦35年。女手一人で子育てしながら割烹料理屋を築きあげた「よか亭」女将の辻りつ子さんのお話です。

輝く日本人 一つ前のコラムを見る

輝く日本人
フィリピンで輝く日本人。今回はフィリピカの創立者でもあり、フィリピン伝統織物研究家など多彩な経歴を持つ高木妙子さん。

その他

みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「フィリピンの朝食」です!フィリピンに来て四年がたちほとんどの事は分かっていたつもりですが、まだまだフィリピンには僕が知らない事がたくさんありました。
学生時代に人の心の豊さについて興味を抱き、現在は人事コンサルティングやマネジメントなど人に関わる総合的な仕事を通じて、国内外の企業の支援に注力する。
みなさんこんにちはHPN3の堀越、田中、井上です!本日はある場所へ行きました!フィリピンでここと言えばあれしかない!という日本人の方は多いと思います!その場所とは『アンへレス』です!皆さんもう僕達が何をしにアンへレスに行ったかわかりますよね!そう!!アンへレスには有名フィリピン料理のシシグー発祥の店があるのです!
こんにちは、ハポンスリーの井上です!今回はセブンイレブンの牛丼を紹介します!僕は普段フィリピン料理を食べて生活しているのですが、やはりたまに無性に日本食が食べたくなります!しかも夜中に。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「KYUKYU RAMEN 99 紹介」です!僕はフィリピンに来てびっくりしたのが、日本に住んでいた時によく行っていたラーメン凪がフィリピンにもある事でした!
今回は「フィリピンでバス釣り、パンタバンガンダム!」です。 僕はバス釣りを小学生の頃からずっとしているので、フィリピンでも出来ると聞いた時には絶対にやるしかない!と思い、 前回、あけだ釣りの動画で、釣具屋を紹介しましたが、そこで買って来たバス用のルアーとワームをもって、遥々パンタバンガンダムに行って来ました!
今回の食材 ●ロンガニーサ(longganisa)
ロンガニーサのロールキャベツ
前回ではフィリピンでの事業譲り受けのポイントについてお話させていただいております。今回はその具体的なポイントについてお話しいたします。今回は4月ということで、新たにフィリピン駐在となった方々向けにお話しいたします。
ノーマン、アオキ、ファルド、ダイの4つのコース、計72ホールの広大なゴルフコース。カビテの工業団地FCIEの近くに立地しており、以前紹介したシャーウッドにも近いロケーションです。それぞれのコースに特徴があり、ノーマンが比較的易しいとの評判で、その対極に位置するのが、ピート・ダイ設計のダイコース。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の井上です。今回は大何弾か忘れましたが、フィリピン料理を作ろう!です。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー