ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  コラム  >  フィリピンで働く人図鑑 Vol.8 / 佐藤大介さん

フィリピンで働く人図鑑 Vol.8 / 佐藤大介さん
広告
広告






フィリピンサッカー界を牽引する若きニューヒーロー
グローバルFC所属、フィリピン代表

ディフェンダー(DF) 佐藤大介さん
1994年9月20日(20歳)
在比歴 3ヶ月 恋人なし
普段のランチ:日本食(平均予算:P350)



お仕事の内容について

サッカー選手。2014年3月7日からフィリピン・ユナイテッド・フットボールリーグ1部のグローバルFCに所属。フィリピンに帰化し、フィリピン代表に選出された。代表デビューは、2014年4月11日に行われたネパールとの親善試合。練習はほぼ毎日、まれに日曜がオフになることも。基本的に試合は水曜、土曜または日曜日。




    

     フィリピンに来たきっかけは?

グローバルFCのオーナーから、「うちでやってみないか」と話を頂いたのがきっかけ。グローバルFCとフィリピン代表チームのオーナーが同じ方で、その方からグローバルFCでのプレーを認めて頂き、代表としても声がかかりました。ちなみに今、グローバルFCには7人ほど日本人がいて、その内僕も含めた3人は代表チームにも選ばれています。チェックしてみてください!



    

     フィリピンの好きなところ

リラックスできる所に行きたいなと思えば、すぐに行けるところ。1時間程度で行けるビーチもありますよね。日本だったら小旅行でもわりとお金がかかりますが、こちらは安い。あとは、楽しむのが上手なお国柄。人々が日本より気楽そうでいいなと思います。



    

     海外で働く際に求められるスキル

コミュニケーション力。語学は大前提として、いかに積極的に自分から相手に働きかけられるかが大事だと思います。日本だったら相手から優しく話しかけてくれる人が多いですが、こちらでは待っていたら全然相手にしてもらえない。チームスポーツなのでなおさら。自分が思っていることをどんどん伝えて、溶け込んでいけるよう努力しています。



    

     フィリピンへ来る前に日本でやっておけばよかったこと

「日本らしい所」に行っておけばよかったなと思っています。日本の良さが懐かしくなっているんでしょうね。友達に日本の良いところを聞かれたときにもあまり答えられなくて、自分の知っている日本って実は多くないのかな、と考えてしまいます。だから今、すごく行きたいんです!



    

     好きなタイプは?

年上のお姉さんタイプ。自分が末っ子だからですかね。頼れる姉御というより、気を遣わなくていい人。そして、サッカー選手としての自分を理解してくれて、自分の夢を一緒に応援してくれる人ですね。忙しさを理解してもらうのが難しいんですよね…だから彼女ができないのでしょうか。(笑)



    

     フィリピンでやってしまった!失敗談

一回試してみたパーマヘアが、ものすごく不評だったこと。フィリピン人経営のお店に行ったんです。少しゆるめにかけてもらうつもりだったのに、思ったよりパーマが強くかかってしまって…。自分では「これはこれでありかな」と思ったのですが、周りの人にすごくいじられたし、ファンにまで「なんだそれ」と言われてしまいました…。もうかけません。



    

     尊敬する人

Zeebra(ジブラ、本名:横井英之)
日本ヒップホップ界の大御所です。中学1年生の頃からハマっています。彼のストーリーやバッククグラウンドを知れたからこそ、今の自分がいると言っても過言ではないです。彼の好きな言葉は、「成り上がり」。自分の人生も下から始まり、小さい頃からずっと頑張ってきました。日本にいたときは光が当たらない苦しい時間もありました。その分、自分もいつかは彼のように大成するんだという思いをずっと抱いていました。



    

     人生のモットー

「毎日自分を見つめ直す」
見た目は27歳と言われますが、実際はまだ若くて変化も多い歳です。だから、自分と他人の視点を合わせて、自分を見つめ直しています。毎日ノートを付けていて、時々振り返っては自分がどこを目指しているのか、原点を確認します。



    

     一番成長したと感じられたことは

AFFスズキカップという東南アジア大会の準決勝でタイと戦ったとき、大差で負けたのがものすごく悔しくて。このままじゃ置いて行かれる、という強い焦りから自分の中でひとつ殻がやぶれました。



    

     これからの目標

ヨーロッパで活躍する選手になりたいです。浦和レッズのジュニアユースやユースでプレーをしてきて、Jリーグももちろん魅力的だと思っていますが、日本の枠を超えた選手を目指します。フィリピン代表としては、これから10年の間にワールドカップ本大会に出たいです。



    

     これからフィリピンリーグに挑戦したいと思っている人へ向けてのメッセージ

自分の夢のためにどれだけ本気にが大事だと思います。失敗はビビらなくて大丈夫!僕も当初はこちらに来るのは怖いと思いましたが、自分の夢を一番に考えて決断しました。本気の夢は怖さに勝ります。海外に出れば自分の知らないこともたくさんあり、世界の見え方も変わります。成長できる場所は日本だけではないですよ。海外に行くという一歩を踏み出す勇気、覚悟をもって下さい!



    

     一日のスケジュール(練習日)

8:30 起床(朝食は基本なし)
9:30 集合
10:00 練習
12:00 ランチ
13:00 散歩、ジム
18:30 帰宅
19:00 夕食
20:00 プール、自由時間
1:00 就寝





    

     カバンの中身見せて下さい!

カバンの中は基本的にシンプルです。面白いもの無くてすみません。(笑)サプリメントは昼食の後飲んでいます。



広告
広告
広告

働く人図鑑

セブでの研修が終わった後は、インドネシアでの事業立ち上げを経て、バンクーバーのビジネススクールに今年の4月まで行っていました。そのときに会社から声がかかり、マニラに赴任することになりました。
コミュニティ開発隊員として、南ビコールの南カマリネス州ティナンバック町に所属。農業事務所の一員として、有機ごみの堆肥化やデモファームによる有機農業の促進などを行っています。
P&Aグラントソントンは、フィリピンでTOP4の規模の会計事務所。日系企業のクライアントは130社を超えています。
「DMCI HOMES」というフィリピンのコンドミニアムの開発会社で、日本人のお客様向けの営業部門を担当しています。入居相談などのサポートも含め、日本人の方への総合窓口となっています。
レンタルオフィス事業、不動産紹介(オフィス、住居)の営業を担当しています。こちらから営業訪問したり、逆にご連絡いただく場合もあります。お客様は基本的に日系企業となります。不動産はマニラ圏内、主にフォート・ボニファシオ、マカティの物件をご紹介しています。

働く人図鑑 一つ前のコラムを見る

働く人図鑑
クライアント企業のマーケティングを含めたWebサイト構築やアプリ開発と自社 サービス提供を行っています。

その他

今回は「激辛ヌードルチャレンジ」です! 韓国の激辛ヌードルを食べる動画が、韓国、フィリピン、日本でも流行っています。 ユーチューブ動画で激辛ヌードルチャレンジを見てみると皆すごく辛そうに食べていますが、実際はそんなぬ辛くないんじゃないかと思い僕も挑戦してみる事にしました。
「アウトバウンド」というフィリピンから海外への旅行を扱う仕事と、「インバウンド」というフィリピン国内の旅行を扱う仕事があります。今はインバウンドの仕事をしています。
今回は僕たちが普段お世話になっているフィリピンのテレビ局「abs-cbn」を紹介します。abs-cbnはフィリピンでとても有名なテレビ局です。フィリピンのテレビタレントは各々テレビ局に所属して、そのテレビ局の番組しか出演ができないんです!日本にはない仕組みで、テレビ局専属のタレントになります。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の田中です!今回は「ケソンのJAPAN TOWN紹介」です!JAPAN TOWN と言えばマカティのグロリエッタにあるイメージかもしれませんが、僕が住んでいるケソンシティーのアヤラモールにもJAPAN TOWN があります!
フィリピン人講師とスカイプを使ったレッスンと、常識を打ち破る低価格戦略が功を奏し、オンライン英会話業界を牽引するレアジョブ。加藤智久社長にお話をお聞きしました。
よく言われることですが、練習場の平らなマットの上から打つのとコースの凹凸のある芝の上から打つのでは違いますし、天候などにも大きく影響を受けますし、なによりプレッシャーがかかりますラウンドから学ぶことは多く、且つ重要ですが、だからといってラウンドだけでは上達にも限りがありますので、やはり練習は欠かせません。ということで今回は練習場紹介をさせて頂きたいと思います。
みなさん、こんにちは。フィリピン住みます芸人「ハポンスリー(HPN3)」の堀越です!以前フィリピン友達に日本食を紹介する動画で「梅干し」と「納豆」を紹介しました。
お弁当の定番メニュー! ほんのり甘い出汁巻き卵
薬味としてシャキシャキの食感を楽しんだり、鍋などの煮込み料理で甘みを楽しんだり、私たち日本人にとって長ネギはとても身近な野菜の一つです。長ネギには体を温める効果や疲労回復にも効果があることから、健康に役立つ野菜としても重宝されてきました。
東京カフェ7店舗をはじめ、合わせて17の飲食店のフィリピンでの事業展開にかかわってきたレストランコンサルタントの吉沢淳さん。さまざまな変遷を経てコーヒー業界に足を踏み入れ、当地で起業した経緯を、その人となりとともに伺いました。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー