ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Mariott Cafe(マリオットカフェ)

Mariott Cafe(マリオットカフェ)

NAIAターミナル3の前に完成(間近?)のマリオットホテルのインターナショナルブッフェをご紹介します。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : #10 newport blvd. Newport city complex pasay city 1309
  • TEL : (02) 988-9999
  • 営業時間 : 
    Breakfast 日-木曜 6:00-10:30 / 金-土曜 6:00-11:00 (Continental Style)
    Lunch 11:30-14:30 / 金-土曜 12:00-14:30
    Dinner 16:30-22:00
    Break fast 1045 peso(NET) お子様(12歳以下) 522.5peso
    Lunch & Dinner 1350 Peso(NET) お子様(12歳以下) 675peso
    席数:215席
    内セミプライベートルーム3つ(8名×2 ,10名×1) / Room chargeなし / 要予約
  •  

    ホテルのブッフェのイメージをいい意味で裏切るお店。よく経験する『どこに行っても同じメニュー』『ありきたりのテイスト』『料理が既に冷めている』。などを感じさせないホテルでした。雰囲気もありがちな重たいゴージャス感ではなく広く洗練されたスタイリッシュさが特徴。各スペースはカジュアルからシック、セミプライベートと分かれているのでどんなシーンにも合わせて使えるのもよいところ。

     


    料理はインターナショナルキュイジーヌと説明されましたが実際はフュージョン料理ではなく純粋に5カ国の料理(フィリピン、和食、イタリアン、インディアン、チャイナ料理)を楽しめます。聞いてみると空港のそばのホテルなので、お客さんの人種もテイストも全然違うからだそうです。サラダも豊富でベジタリアンの方も満足できます。逆に僕みたいに何でも食べられる人間にとっては一つのレストランで世界を味わえちゃえます。もちろんシェフのスペシャリティはフィリピン料理だとか。

     


    ちなみにここのBuffet Table はハイレベル。まず入ってすぐ目に入る20種類のデザートブッフェは女性には嬉しいですよね。シェフたちが丁寧にBuffet Table をケアしているのでとてもキレイでより一層美味しく感じます。これは実際に行かないと分かりません。最後にこのレストランは一度行っただけでは堪能できません。さまざまなシーンと料理を楽しめるので3回くらいは行く価値あるかも。

     

     

    ●用途:いつもとは違った会食に
    ●店内の雰囲気:一流ホテルの豪華な雰囲気
    ●予算:~1,350ペソ/一人



    豪華な各国料理が並びます


    ジューシーなチキンは好きなだけ取り分けてもらおう!


    新鮮なシーフードも魅力のひとつ。

    2010年03月25日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【タギッグ】2018年12月にオープンした高級ビュッフェ。6つの個室はそれぞれ違う国をテーマにし、プロジェクションマッピングで国の景色を壁に投影したユニークな部屋。料金は平日P859、週末P1,390。
    こちらは、日本食だけでなく、日本の文化をも楽しめるビュッフェ。料理は日本人料理長が味定めをしており、本場日本へのこだわりが感じられる。
    【アルバイ】最高のビコール料理を提供する、オリエンタル・ホテル内にあるレストラン。レガスピ地方で最大級のビュッフェも楽しめ、ビコール料理を中心に様々なメニューを提供している。お勧めの人気メニューはバグネット・シニガン。
    【アルバイ】たった250ペソでビュッフェが楽しめるレストラン。フィリピン料理を代表するカレカレやピナンガット、ビコール・エクスプレスなどこの地方ならではの料理も味わえる。中でもオススメのビコール地方発祥のビコール・エクスプレスは、豚肉をココナッツミルクと唐辛子で煮込んだ少しピリ辛の料理。
    【グリーンヒルズ】グリーンヒルズのビレッジ内にある民家。オーナーシェフが自宅をパーティなどのイベント向けに貸し出すようになったことがきっかけで始まり、口コミや雑誌などの特集を通して広まっていった。
    【マニラ】パンパシフィックマニラホテルの21階にあるレストラン、Pacific Lounge。マニラベイを一望できるこの場所では、ディナータイムに3種類のメニューが用意されています。それは、プレディナーカクテルとディナーブッフェ、そしてアラカルトです。プレディナーカクテルは、18時から20時までの2時間限定で、850ペソで飲み放題&食べ放題。
    【クラーク】ウィダスに宿泊するなら朝食ビュッフェがオススメだ。韓国料理、和食、イタリアン、アメリカ、フィリピン料理など各国のメニューがずらりと勢ぞろい。数種のパンやシリアル、卵料理や米飯、何種ものジュースも取り揃えている。
    【マカティ】 各テーブルでシャブシャブとグリルが両方楽しめる食べ放題のビュッフェ。100種類以上の野菜、お肉、魚介類に加え、前菜、お寿司、デザートも充実。
    【ケソン】 ケソン市のフィッシャー・モール支店限定、P495で焼肉の食べ放題が超お得。ポーク、ビーフ、鶏肉に加え、みそ汁とサラダもお代わり自由で、大満足間違いなし。
    【パサイ】 ホテルブッフェのような華やかで雰囲気の良いレストラン。400名までの大規模なイベントが可能で、ステージやプロジェクターの用意もできる。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel