ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME >  フィリピンのコラム  >  今晩のおかず The Simple Japanese Food Bisugo(イトヨリダイ)のキニラウ

今晩のおかず The Simple Japanese Food Bisugo(イトヨリダイ)のキニラウ



プロ直伝! 今晩の おかず The Simple Japanese Food

 

Bisugo(イトヨリダイ)のキニラウ

フィリピンのカルパッチョ!

 

●材料(1人前)

(イトヨリダイ)......80g
(10gの切身×8)
トマト...................30g
紫玉ねぎ................30g
カラマンシー..........10g
刻みにんにく..........5g

<合わせ調味料>
穀物酢...................30g
醤油 .....................5g
砂糖 .....................3g
塩コショウ.............少々(0.5g)
出汁の素................1g
おろし生姜.............2g
カラマンシー汁.......10g

 

 

 

 


Point!

合わせ調味料はパンチの効いた味付けなので、盛り付け直前にBisugoと合わせましょう。ボウル等を使ってくぐらせるようなイメージです。盛り付け後にスプーンを使い、仕上げに上からかけましょう。辛いのが好きな方は鷹の爪やチリパウダーを加えても良いでしょう。

 

フィリピン食材
まめ知識


Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。スーパー等の鮮魚コーナーでは比較的よく見かける魚の一つです。白身でクセがなく、たんぱくな味わいなため、焼き、蒸し、揚げ、煮と万能に使える食材です。骨がしっかりとしているため小さいお子様がいるご家庭では調理に注意しましょう。市場などでもし新鮮なものが手に入った場合は是非生食にもチャレンジしてみてください。フィリピンの魚料理は殆どが火を通したものになりますが、このキニラウ(Kinilaw)は生食のお料理。カルパッチョのように薄くスライスし、にんにくの効いた酢、カラマンシーと合わせていただきます。せっかくなので是非地元の味を楽しんでもらいたいですが、苦手な方はサラダ用に使う醤油ベースのドレッシングを代用しても良いでしょう。しっかりした味でビールのお供にもピッタリです。また、骨やアラから美味しい出汁が取れるため、潮汁もおすすめです。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。
 Youtubeチャンネルsimple.japanese.foodでは家庭で簡単に作れる日本食を世界の方々に分かりやすく説明しています。プライマーのレシピも紹介していますので、そちらも是非ご覧ください。

 

 

●作り方 (15分)

紫玉ねぎを極薄スライスにし、水にさらす
トマトのタネ部分を取り除き、薄切りにする
Bisugoを薄くスライスする
合わせ調味料を作る
合わせ調味料と具材を一度ボールで合わせた後、写真のように皿に盛り付ける
刻みにんにく、カラマンシーを盛り付け、完成

 

 

・Bisugo (golden threadfin bream)Kinilaw
Bisugo.............80g (10g x 8)
Tomato ...........30g
Violet onion ....30g
Calamansi.......10g
Minced garlic..5g


Grain vinegar.......30g
Soy sauce............5g
White sugar .........3g
Salt and pepper...1pnch
Dashi powder ......1g
Grated ginger ......2g
Calamansi juice ...10g

 

●Cooking time: 15 minutes

Slice the purple onion into very thin slices and soak in water.

Remove tomato seeds and slice thinly

Thinly slice the Bisugo fillet.

Make seasoning mix.

After combining the seasoning and ingredients in a bowl, serve it on a plate as shown in the photo.

Garnish with chopped garlic and calamansi, and it's done.

 

 

Chef TAKASHI

日本食レストランのシェフとして活躍する傍ら、コンサルタントとして様々なプロジェクトに参加。料理学校にて和食の講師も務め、フィリピン人に日本食の美味しさだけでなく、作る楽しさなども伝えている。レシピのご質問などはこちらからどうぞ
More inquiries
[email protected]
YouTubeはこちら!

 

広告

プロ直伝!今晩のおかず 前回のコラム

豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。煮詰めた汁を濾して残ったのがおからになります。ここフィリピンでは大豆を多く生産しているので、様々な大豆製品もよく見かけます。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。作り置き用には揚げ出しのつゆにトロミをつけると味馴染みが良いです。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。
フィリピンの代表的な調味料、バナナケチャップ。柔らかいパスタに甘味の強いバナナケチャップが絡み、フィリピンの食文化を感じるにはオススメです。今回はそんなバナナケチャップを使ってナポリタンのレシピを紹介させていただきます。

新着コラム

今回の紹介食材はロミ(Lomi)というフィリピン式の卵麺。小麦粉と卵を主原料として作られる生麺で、スーパー等の食材店で全国どこでも購入可能です。類似品としてMamiやMikiなどもありますが、麺の太さや使用用途によって呼び名が変わってくるようです。さて今回はロミをマカロニの代用として活用した和風グラタンのご紹介です。
豆乳は、大豆を水に浸してすりつぶし、水を加えて煮つめた汁を漉して作ります。煮詰めた汁を濾して残ったのがおからになります。ここフィリピンでは大豆を多く生産しているので、様々な大豆製品もよく見かけます。
Bisugo。英語ではGolden threadfin bream と呼び、日本語ではイトヨリダイと呼びます。赤色で横に黄色い線が入っているのが特徴。フィリピンの豊富な海産物を活用して是非色々な料理にチャレンジして見てください。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。作り置き用には揚げ出しのつゆにトロミをつけると味馴染みが良いです。
私達日本人にとって切っては離せない食品の一つである、豆腐。そのまま前菜として、時にはメインのおかずに、そして汁物にも。スーパーの買い出しでは結構な頻度で買い物かごに入る食品では無いでしょうか。ここフィリピンでも豆腐は親しまれており、主要なスーパーマーケットでは様々な豆腐を購入することができます。今回はそんな豆腐を使って誰でも簡単に挑戦できる揚げ出し豆腐のレシピを紹介させていただきます。
フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you