ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Bistro Coron ビストロ・コロン

Bistro Coron ビストロ・コロン

オープンして9年になるという、フレンチ料理とフィリピン料理の魅力を合わせ持つお店。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : Poblacion 4, Coron, Palawan
  • TEL : 0918-3050-750、0929-3661-609
  • 営業時間 : 8時~23時
  • 休日 : 年中無休
  • 1 ほど良くソテーされた柔らかいステーキに、ハーブ&バターの風味がよく合う
    2 とろけるチーズの野菜たっぷりピザもおすすめ ピザ・ベジタリアン(小P29、中P399、大P599)
    3 観光客も口コミで多く訪れる
    4 真っ赤な階段に黄色の壁が目印

    オープンして9年になるという、フレンチ料理とフィリピン料理の魅力を合わせ持つお店。 おすすめは、牛・鳥・豚肉の3種類がある「フィレ肉のダブル ハーブ&バターソース添え(P215)」サイドメニューは5種類(ボイルドポテト、ソテーポテト、フレンチフライ、ライス、スパゲティ)から選べる。 ナイトタイムは、お店の広さが2倍になり、お酒を楽しめるバーに早変わり。フランス語で「ビストロ」とは、気軽に利用できる小さなレストランを意味するが、まさにその名の通り観光客をはじめ多くの地元の人たちで賑わう。 「ビストロ」とは、気軽に利用できる小さなレストランを意味します

    2012年08月05日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ・レガスピ】料理にソースをかけるのが大好きなフィリピン人の食欲を満たすために、シェフのJP Anglo氏がソースたっぷりにアレンジしたフィリピン料理が満載。
    【マカティ・レガスピ】代々継承したレシピにオーナーのアイデアを加え、若者から高齢者まで楽しめるメニューが特徴。常連の日本人客もおり、店内はいつもローカルのリピーターや外国人で混雑している。
    【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。
    【マカティ・レガスピ】料理を手掛けるのは、ラグナ州リリウ市出身の若手シェフ・Justin氏で、幼い頃から食べていた祖母の手料理を再現したメニューを提供。
    【カビテ・シラン】木々に囲まれた環境でゆっくりと食事が楽 しめるガーデンレストラン。フィリピンの伝統的な建築スタイルの家屋「Kubo(クー ボ)」のなかで、フィリピン料理を満喫しよ う。
    【オカダマニラ】ストリートフードやレストランが立ち並ぶマニラ首都圏の「キアポ」エリアから着想を得た、フィリピン料理店。味付けも洗練されており、フィリピン料理を初めて食べる方にもおすすめです。
    【アラバン】フィリピン各地のモールに100店舗以上展開する庶民派フィリピン料理店。豚足を丸ごと揚げたクリスピーパタはパリッとした皮とジューシーな肉が美味しい。
    【タギッグ】毎月2,000~4,000頭のレチョンを販売しているセブ発祥の人気店。レチョンをベースにアレンジした様々なフィリピン料理を楽しめる他、皮つきの豚ばら肉を炭火で焼いたLiempoなどレチョン以外の豚料理も。
    【マカティ】セブで大人気のレチョン専門店。2017年にはメトロマニラへ展開を開始。各地のセブンイレブンでもレチョンとライスセットを販売している。
    【ケソン】1970年から営業している老舗。リサール州に牧場を持つ。豚は冷凍せずしめてからすぐに焼き、マニラへ運送している。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel