ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる > Pio’s Kitchen ピオス・キッチン

Pio’s Kitchen ピオス・キッチン

【ケソン】ケソン市の住宅街にあるレストラン。かつてパエリア専門のケータリングを行っていたため、今でもパエリアは看板メニュー。まるでインテリアデザインの雑誌から出てきたようなモダンかつアットホームな内装で、明るく開放感のある空間を切り花や観葉植物で心地よく飾り立てている。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 96 Sct. Reyes cor. Sct. Fuentebella, Brgy. Laging Handa, Quezon City
  • TEL : 0917-542-2892/02-509-4529
  • 営業時間 : ランチ 12時~15時、ディナー 19時~22時
  • WEB : www.pioskitchen.com/
  • 料金:メニューA 一人/P2,950、B 一人/P2,850、Chef’s Choice 一人/P3,150
  • ①着いたらタパスなどをつまみながら、料理が来るのを待とう

    ②オーナー・シェフがパエリアのレシピを伝授!

    ③看板メニューはパエリア。写真はPaella Bagnet

    ④インテリアはおしゃれだけどとてもアットホーム

     

    ケソン市の住宅街にあるレストラン。かつてパエリア専門のケータリングを行っていたため、今でもパエリアは看板メニュー。まるでインテリアデザインの雑誌から出てきたようなモダンかつアットホームな内装で、明るく開放感のある空間を切り花や観葉植物で心地よく飾り立てている。3種類のセットメニューから選択可で、アレルギーなどに応じてカスタマイズも可能。また、オプションとしてパエリアのライブクッキングをリクエスト可能。料理してるところを見せてくれるだけでなく、レシピや作り方も教えてくれるちょっとした料理教室のような感じなので、是非体験したい。一番人気のPaella Bagnetは、トマトベースの旨みたっぷりなパエリアに、バグネット(フィリピン風ポークのロースト)がのっている。茹でたポークを風乾し・冷凍を繰り返し、最後に脂が落ちるまでローストするというプロセスを経て、表面が固すぎずサクサクに焼けたポークが美味しく、パエリアと相性は抜群だ。

    2017年04月01日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントください
    コメントを入力:

    投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【マカティ】オーナーは、イタリアンレストランのCiboなどで知られ、2016年にはアジアのベスト女性シェフ(Asia’s Best Female Chef 2016)に選ばれたMargarita Fores氏。ガーデンに面したグリーンベルト5のハイエンドなレストランの並びにあり、看板はないが一際おしゃれな店舗が目を引く。
    【マカティ】1990年発祥。デリカテッセンとしてスタート、のちにサンドイッチバーに転向し、今では9店舗ほど構えるよく知られた老舗。サンドイッチ専門店とだけあって、25~30種類ほどのサンドイッチがビーフ、チキン、ターキー、ポーク、パテ、シーフード、チーズなどのカテゴリ別にメニューに並ぶ。
    【タガイタイ】タガイタイ郊外に位置するこのB&Bでは、自然に囲まれた野外席で心地よい空気を感じながら食事することができる。家庭的なヨーロッパ料理をメインに提供し、宿泊客でなくても食事が可能。
    【タガイタイ】美しいタール湖を眺めながら食事をいただけるレストラン。日中は太陽の光を電気代わりにしていてエコな工夫もポイント◎夜には、ルーフデッキが解放されて、タール湖からの新鮮な風を感じることができる。
    【バタアン】ビーチでゆったり過ごしたり、スポーツやウォーターアクティビティを楽しんだりした一日の終わりは、素敵なお食事を。モンテマール・ビーチ・クラブ内にあるこちらのレストランでは、アジア料理、コンチネンタル料理、西洋料理と幅広く提供している。
    【パサイ】S’ Maisonモールの1階に構えるハイエンドなレストラン。日本人シェフによるイタリアンやフレンチなどのヨーロピアン料理は絶品。インテリアデザインも日本人が手掛けている。
    【アルバイ】イタリア料理と地中海料理をこよなく愛するオーナーが経営するイタリアン・レストラン。ピザとパスタを中心に新鮮な食材を使用した魚のカルパッチョ、フライ・ディ・マーレ、焼き魚グラタンなどを提供。
    【アンティポロ】都会から離れたアンティポロの静かなビレッジ内にあるレストラン。美しい庭と池に囲まれ、大きな窓から入ってくる風と心地よい水の音を感じながらゆったりと食事ができる。彫刻家・Benji Reyes氏の家を改造させた店舗で、経営と料理はReyes氏の娘と息子が担当。
    【ケソン】ケソン市の住宅街にあるレストラン。かつてパエリア専門のケータリングを行っていたため、今でもパエリアは看板メニュー。まるでインテリアデザインの雑誌から出てきたようなモダンかつアットホームな内装で、明るく開放感のある空間を切り花や観葉植物で心地よく飾り立てている。
    【セブ】スペインの影響を大きく受けたユニークな料理は、モアルボアルで一番と呼ばれる人気レストラン。ヨーロピアン料理がメインで、中でも人気は新鮮な食材を使用したはカプリチョーザ。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel