ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる

  フィリピン・レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。

特集で探すの月間アクセスランキング

【マカティ】サルセドにオープンした日本人経営のおしゃれなカジュアルダイニング。店舗を開く前はサルセドマーケットで一年半ほど出店をしていた。オーナーとシェフが名古屋出身のため、手羽先や串かつなど名古屋のストリートフードを中心とした日本食が主なメニュー。
2   京兎 Kyo-to
【マカティ】マニラではおそらく初の本格的な懐石料理店。ビルの1階にひっそりとある隠れ家的な店舗はVIP感たっぷりで、入り口から細長い通路を抜けてお店の奥へ入るとそこはもう日本。店舗は明るい木目調に本物の日本画でシンプルに飾られた上品な内装で、4室ほどの個室とカウンター席のある部屋1室という構成。
【パシッグ】オルティガスのアヤラモール内にある日本式寿司屋。お店のスタイルはまさに日本の回転寿司そのもの。あえてカウンター席は設置せず、子連れのファミリーでもテーブル席でゆったりくつろげる。
【マカティ】パセオ・デ・ロハス沿いにあるビルの屋上にオープンして1年ほどのバー。1910年~1930年に流行った「アール・デコ」と呼ばれる様式を取り入れたユニークなインテリアは雰囲気抜群。
【タギッグ】ニューヨーク出身のオーナーが経営するデリで、ボリュームのある朝食メニューが人気。BGCのFairways Towerの1階にひっそりと構える。等級6~8を誇るフィリピン産和牛「Kitayama Wagyu」を取り扱っており、肉の繊維を壊さないように保存方法に注意を払っている。
 

特集で探す

【マニラ】2009年、わずか3人の店員がいる20人収容の小さな店舗としてスタート。現在では30店舗ほど展開するチェーン店へと成長した。
【マニラ】2009年、わずか3人の店員がいる20人収容の小さな店舗としてスタート。現在では30店舗ほど展開するチェーン店へと成長した。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】マカティのA.Venueモール近くに構えるグルメホットドッグ専門店。店名の”Three Guys”はオーナーがニュージーランド人、スイス人、アメリカとフィリピン人のハーフの3人の男性であるため。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】センチュリーシティーモールにあるおしゃれなフードコート「Hole in the Wall」内に構える。ストレートなネーミングが示す通りビーフを思う存分堪能できる。
【マカティ】アメリカの大人気ハンバーガーチェーンのフランチャイズ。2014年にグリーンベルトにオープン。内装はハワイにある支店をイメージしたティキバー風のデザインで、とてもカジュアル。
【マカティ】アメリカの大人気ハンバーガーチェーンのフランチャイズ。2014年にグリーンベルトにオープン。内装はハワイにある支店をイメージしたティキバー風のデザインで、とてもカジュアル。
【タギッグ】ジュピター通りに本店を構える大人気のハンバーガー専門店。お肉の新鮮さを第一に考え、輸入牛ではなくバタンガスで育てたGrass-fed(草を飼料として与えた)ビーフを使用。
【タギッグ】ジュピター通りに本店を構える大人気のハンバーガー専門店。お肉の新鮮さを第一に考え、輸入牛ではなくバタンガスで育てたGrass-fed(草を飼料として与えた)ビーフを使用。
【アラバン】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
【アラバン】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
【マカティ】ロックウェルとBGC、グリーンベルトに店舗を構えるおしゃれなカフェ。コロンビアやブラジル、グアテマラにある産地から採れたシングルオリジンコーヒーが人気。ヨーロッパ産のチーズや和牛などの上質な食材を使ったグルメサンドイッチやハンバーガーが6種類ほどある。
【マカティ】ロックウェルとBGC、グリーンベルトに店舗を構えるおしゃれなカフェ。コロンビアやブラジル、グアテマラにある産地から採れたシングルオリジンコーヒーが人気。ヨーロッパ産のチーズや和牛などの上質な食材を使ったグルメサンドイッチやハンバーガーが6種類ほどある。
【タギッグ】BGCのシャングリラホテルに構えるハンバーガー専門店。同ホテルにあるステーキハウスRaging Bull Chophouseの姉妹店で、ステーキで使っているものと同じ上質なアンガスビーフや和牛を使ったハンバーガーを提供。
【タギッグ】BGCのシャングリラホテルに構えるハンバーガー専門店。同ホテルにあるステーキハウスRaging Bull Chophouseの姉妹店で、ステーキで使っているものと同じ上質なアンガスビーフや和牛を使ったハンバーガーを提供。
【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。
【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。
【タギッグ】SMオーラに構えるフードホール、Todd English内のハンバーガーブースで提供されているメニューをそのままに、スピンオフという形でオープンしたハンバーガー専門店。「一般の人でも手が届きやすいグルメバーガー」というコンセプトに基づき、本店よりもコストを抑え、P300以下のハンバーガーメニューを実現。
【タギッグ】SMオーラに構えるフードホール、Todd English内のハンバーガーブースで提供されているメニューをそのままに、スピンオフという形でオープンしたハンバーガー専門店。「一般の人でも手が届きやすいグルメバーガー」というコンセプトに基づき、本店よりもコストを抑え、P300以下のハンバーガーメニューを実現。
【マカティ】ボリュームたっぷりかつヘルシーなサンドイッチを提供するカフェ。イタリアのパンでよく使われる「ビガ」と呼ばれる発酵種でパンを発酵させ、ふわっと軽い中身とパリッとした外側の食感の対比が美味しい。
【マカティ】ボリュームたっぷりかつヘルシーなサンドイッチを提供するカフェ。イタリアのパンでよく使われる「ビガ」と呼ばれる発酵種でパンを発酵させ、ふわっと軽い中身とパリッとした外側の食感の対比が美味しい。
【タギッグ】アメリカ発祥、1939年創業の有名なホットドッグ専門店。海外初店舗となるBGC支店でもアメリカでも親しまれてきたものと同じ、多彩なホットドッグを始めとしたアメリカンフードを提供する。
【タギッグ】アメリカ発祥、1939年創業の有名なホットドッグ専門店。海外初店舗となるBGC支店でもアメリカでも親しまれてきたものと同じ、多彩なホットドッグを始めとしたアメリカンフードを提供する。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【マカティ】フランス人とスイス・フィリピン人ハーフが2010年にスタートしたファーストフードスタイルのカフェ。海外から取り寄せた食材を使ったサラダ、パスタ、スープ、サンドイッチなどの軽食が豊富。
【マカティ】オーナーは、イタリアンレストランのCiboなどで知られ、2016年にはアジアのベスト女性シェフ(Asia’s Best Female Chef 2016)に選ばれたMargarita Fores氏。ガーデンに面したグリーンベルト5のハイエンドなレストランの並びにあり、看板はないが一際おしゃれな店舗が目を引く。
【マカティ】オーナーは、イタリアンレストランのCiboなどで知られ、2016年にはアジアのベスト女性シェフ(Asia’s Best Female Chef 2016)に選ばれたMargarita Fores氏。ガーデンに面したグリーンベルト5のハイエンドなレストランの並びにあり、看板はないが一際おしゃれな店舗が目を引く。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【マカティ】パティに使用するお肉は、なんとビーフではなく鶏ひき肉。つなぎを一切入れず、上質で新鮮な鶏ひき肉100%のみを使用。仕上げに直火でジューシーに焼き上げたパティはビーフよりも軽く低カロリーなのに、負けず劣らず風味をたっぷり含んでいる。
【タギッグ】アメリカンフードに惚れ込んだオーナーが手掛けるおしゃれなアメリカン・ビストロ。ハンバーガーに使用するUSビーフは全てお店で挽いており、鮮度を失わないように小分けにして挽くようにしている。焼き加減は特に指定がない限りミディアム。
【タギッグ】アメリカンフードに惚れ込んだオーナーが手掛けるおしゃれなアメリカン・ビストロ。ハンバーガーに使用するUSビーフは全てお店で挽いており、鮮度を失わないように小分けにして挽くようにしている。焼き加減は特に指定がない限りミディアム。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】2017年9月にサン・アントニオビレッジの一角にオープンしたハンバーガー屋。カジュアルな店内には若手絵師によるストリートアート風の壁絵も見られる。従来のビーフパティの他にも、鶏もも肉を麺でコーティングしてカリカリに揚げたMi Goreng Burger(P429)などのユニークなメニューも。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【マカティ】カラヤアン通りに構えるレトロ風の小さなハンバーガー専門店。2014年にフードトラックとしてスタートし、2015年にカラヤアンの店舗をオープン。トラックは現在も続けており、イベントの参加やケータリングなどを行っている。
【グロリエッタ】1952年創業、アメリカ発祥のファーストフードチェーン。注文を受けてから作るシステムで出来立て新鮮なハンバーガーを提供することで、他のファーストフード店と一線を画す。
【グロリエッタ】1952年創業、アメリカ発祥のファーストフードチェーン。注文を受けてから作るシステムで出来立て新鮮なハンバーガーを提供することで、他のファーストフード店と一線を画す。
【パシッグ】パシッグのThe Groveにあるバーレストラン。20人収容のこぢんまりとしたスペースはカジュアルだが、ハンバーガー専門店にしては珍しく少し大人向けのおしゃれな雰囲気。バンズは毎日焼いており、ソースやチーズは全てお店で作っている。
【パシッグ】パシッグのThe Groveにあるバーレストラン。20人収容のこぢんまりとしたスペースはカジュアルだが、ハンバーガー専門店にしては珍しく少し大人向けのおしゃれな雰囲気。バンズは毎日焼いており、ソースやチーズは全てお店で作っている。
【アラバン】ニューヨークの有名なハンバーガーチェーンにインスパイアされたオーナーが、2015年にアラバンのMolitoで1号店をオープン。美味しさの秘密はパティにあり、こんがりと焼き色ができるまで鉄板に押し当てることで肉汁が失われていくのを防ぐのだそう。
【アラバン】ニューヨークの有名なハンバーガーチェーンにインスパイアされたオーナーが、2015年にアラバンのMolitoで1号店をオープン。美味しさの秘密はパティにあり、こんがりと焼き色ができるまで鉄板に押し当てることで肉汁が失われていくのを防ぐのだそう。
【タギッグ】BGCのThe BreweryやDraftのシェフが手掛けるハンバーガー専門店。アメリカンフードを提供するレトロなファミレス風のお店。ハンバーガーはざっと12種類と多く、どれも個性豊か。
【タギッグ】BGCのThe BreweryやDraftのシェフが手掛けるハンバーガー専門店。アメリカンフードを提供するレトロなファミレス風のお店。ハンバーガーはざっと12種類と多く、どれも個性豊か。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】2009年3月、タガイタイ市でスタートし、口コミだけで広まっていったハンバーガー+ブリトー専門店。白・黒ゴマを散りばめたバンズは見た目のインパクトだけでなく、香ばしい風味も◎看板メニューは、約113グラムのパティを3枚積み重ねたBully Boy Burger。
【マカティ】1990年発祥。デリカテッセンとしてスタート、のちにサンドイッチバーに転向し、今では9店舗ほど構えるよく知られた老舗。サンドイッチ専門店とだけあって、25~30種類ほどのサンドイッチがビーフ、チキン、ターキー、ポーク、パテ、シーフード、チーズなどのカテゴリ別にメニューに並ぶ。
【マカティ】1990年発祥。デリカテッセンとしてスタート、のちにサンドイッチバーに転向し、今では9店舗ほど構えるよく知られた老舗。サンドイッチ専門店とだけあって、25~30種類ほどのサンドイッチがビーフ、チキン、ターキー、ポーク、パテ、シーフード、チーズなどのカテゴリ別にメニューに並ぶ。
【ケソン】ケソンシティのマギンハワ通りにある犬カフェ。2017年8月にソフトオープンしたばかりで、取材をした時点ではほとんどがまだ子犬。20匹ほどの犬に加え、カフェではJoseと言う名の子豚が接客をしてくれる。
【ケソン】ケソンシティのマギンハワ通りにある犬カフェ。2017年8月にソフトオープンしたばかりで、取材をした時点ではほとんどがまだ子犬。20匹ほどの犬に加え、カフェではJoseと言う名の子豚が接客をしてくれる。
【タギッグ】ラスベガスの本店はセレブご用達の大人気ショップとして旅行サイトでも取り上げられる。店名から子ども向けと思われがちだが、アルコール類なども提供するブラッセリーである。
【タギッグ】ラスベガスの本店はセレブご用達の大人気ショップとして旅行サイトでも取り上げられる。店名から子ども向けと思われがちだが、アルコール類なども提供するブラッセリーである。
【パラニャーケ】BFホームズで2015年から営業している犬カフェ。かわいい犬が15匹ほど常駐しており、P190で1時間半犬エリアに入れてもらうことができる(ドリンク1個つき)。エリアには1度に5匹しか出していないが、裏にも控えているので特定の犬に会いたかったらリクエストしてみよう。
【パラニャーケ】BFホームズで2015年から営業している犬カフェ。かわいい犬が15匹ほど常駐しており、P190で1時間半犬エリアに入れてもらうことができる(ドリンク1個つき)。エリアには1度に5匹しか出していないが、裏にも控えているので特定の犬に会いたかったらリクエストしてみよう。
【マカティ】80年~90年代の懐かしいアニメをテーマにしたユニークなカフェ。壁にはフィリピンで活動中の絵師によるアニメのイラストが、棚にはアニメのフィギュアが飾られ、アニメ好きには嬉しい演出がどころどころに仕込まれている。
【マカティ】80年~90年代の懐かしいアニメをテーマにしたユニークなカフェ。壁にはフィリピンで活動中の絵師によるアニメのイラストが、棚にはアニメのフィギュアが飾られ、アニメ好きには嬉しい演出がどころどころに仕込まれている。
【マンダルヨン】本店をケソンシティのマギンハワ通りに構える。ビジュアルがかわいいフレンチトーストやデコ盛りミルクシェイクなどのメニューはインスタグラム好きの若者に大人気。
【マンダルヨン】本店をケソンシティのマギンハワ通りに構える。ビジュアルがかわいいフレンチトーストやデコ盛りミルクシェイクなどのメニューはインスタグラム好きの若者に大人気。
【ケソン】食べ物天国で有名なケソン市マギンハワ通りに今年オープンした、ユニコーン(一角獣)をモチーフにしたカフェ。バレーボールのナショナルチームでプレーしているAlyssaさんとAllyさんが、バンコクで出会ったお店を参考にオープン。
【ケソン】食べ物天国で有名なケソン市マギンハワ通りに今年オープンした、ユニコーン(一角獣)をモチーフにしたカフェ。バレーボールのナショナルチームでプレーしているAlyssaさんとAllyさんが、バンコクで出会ったお店を参考にオープン。
【パサイ】パサイ市ブルーベイウォークの二階にあるペットカフェ。ドリンクの種類によって値段が変わり(P220~P290)、犬、猫いずれかのエリアに入場可能。猫エリアには10歳以下は保護者同伴、犬エリアは12歳以上のみ入場可なので、要注意。店内のペットは訓練されており、おとなしい子が多い。
【パサイ】パサイ市ブルーベイウォークの二階にあるペットカフェ。ドリンクの種類によって値段が変わり(P220~P290)、犬、猫いずれかのエリアに入場可能。猫エリアには10歳以下は保護者同伴、犬エリアは12歳以上のみ入場可なので、要注意。店内のペットは訓練されており、おとなしい子が多い。
【マカティ】1974年創業、大きなモールには必ず入ってる知名度の高いファミレスチェーン。店名の通り、パンケーキが看板メニューのひとつで、少し薄めでふわふわのパンケーキが自慢。子どもが退屈しないようにクレヨンや塗り絵などの簡単なアクティビティーシートを出してくれる。
【マカティ】1974年創業、大きなモールには必ず入ってる知名度の高いファミレスチェーン。店名の通り、パンケーキが看板メニューのひとつで、少し薄めでふわふわのパンケーキが自慢。子どもが退屈しないようにクレヨンや塗り絵などの簡単なアクティビティーシートを出してくれる。
【マカティ】パサイロードに構えるフィリピン料理レストラン。子ども一人P495、最小人数50人で子どものパーティパッケージを提供。パスタやサンドイッチ、アイスなど子どもが大好きな料理を揃えた3種類のビュッフェメニューの中から選ぶことができる。
【マカティ】パサイロードに構えるフィリピン料理レストラン。子ども一人P495、最小人数50人で子どものパーティパッケージを提供。パスタやサンドイッチ、アイスなど子どもが大好きな料理を揃えた3種類のビュッフェメニューの中から選ぶことができる。
【マカティ】緑に囲まれたサン・アントニオプラザの2階に構える。窓やテラス席から見渡す緑や教会の風景が心地いい。主な客層は付近の高級住宅街の住人で、朝食やランチに家族連れで訪れる人が多い。
【マカティ】緑に囲まれたサン・アントニオプラザの2階に構える。窓やテラス席から見渡す緑や教会の風景が心地いい。主な客層は付近の高級住宅街の住人で、朝食やランチに家族連れで訪れる人が多い。
【モールオブエイジア】2014年にSMオーラでマニラ初支店をオープンして以来、SMモール・オブ・アジアにポップアップストアとして場所を移し、期間限定で運営。コンビニなどでも売ってるアイスクリームバーの「MAGNUM」に好きなコーティングやトッピングをつけて完全カスタマイズできる。
【モールオブエイジア】2014年にSMオーラでマニラ初支店をオープンして以来、SMモール・オブ・アジアにポップアップストアとして場所を移し、期間限定で運営。コンビニなどでも売ってるアイスクリームバーの「MAGNUM」に好きなコーティングやトッピングをつけて完全カスタマイズできる。
【タギッグ】あちこちに支店を持つスペインの人気デザート「チュロス」の専門店。BGCのLas FloresやロックウェルのRamblaなどのスパニッシュレストランと同じグループが手掛ける。外側が「サクッ」、内側が「モチっ」とした当店のチュロスは特別な小麦粉を使い、生地は全て店内で仕込んでいる。
【タギッグ】あちこちに支店を持つスペインの人気デザート「チュロス」の専門店。BGCのLas FloresやロックウェルのRamblaなどのスパニッシュレストランと同じグループが手掛ける。外側が「サクッ」、内側が「モチっ」とした当店のチュロスは特別な小麦粉を使い、生地は全て店内で仕込んでいる。
【ケソン】ケソンシティにある、今流行りのボードゲームカフェ。160個ほどのボードゲームに加えゲーム機なども置いてあり、一人につきP200分以上の料理を注文するだけで全部遊び放題。
【ケソン】ケソンシティにある、今流行りのボードゲームカフェ。160個ほどのボードゲームに加えゲーム機なども置いてあり、一人につきP200分以上の料理を注文するだけで全部遊び放題。
【タギッグ】ハローキティの公式カフェが、ついにマニラにオープン。場所はアップタウンモールの3階。ガラス越しに見えるカラフルな店内が目印だ。椅子、テーブル、壁のデザインやシェルフに飾られた小物など、店内の至る所にキティちゃんが散りばめられている。
【タギッグ】ハローキティの公式カフェが、ついにマニラにオープン。場所はアップタウンモールの3階。ガラス越しに見えるカラフルな店内が目印だ。椅子、テーブル、壁のデザインやシェルフに飾られた小物など、店内の至る所にキティちゃんが散りばめられている。
【パシッグ】オルティガスのアヤラモール内にある日本式寿司屋。お店のスタイルはまさに日本の回転寿司そのもの。あえてカウンター席は設置せず、子連れのファミリーでもテーブル席でゆったりくつろげる。
【パシッグ】オルティガスのアヤラモール内にある日本式寿司屋。お店のスタイルはまさに日本の回転寿司そのもの。あえてカウンター席は設置せず、子連れのファミリーでもテーブル席でゆったりくつろげる。
【タギッグ】ハイストリートに構えるアイス専門店。トッピング大盛りのアイスが人気で、綿菓子やクッキーなどトッピングは様々。特に温かいもの(チュロスなどの揚げたお菓子)とアイスを組み合わせたメニューが多い。
【タギッグ】ハイストリートに構えるアイス専門店。トッピング大盛りのアイスが人気で、綿菓子やクッキーなどトッピングは様々。特に温かいもの(チュロスなどの揚げたお菓子)とアイスを組み合わせたメニューが多い。
【ラスピニャス】ハンバーグなどのアメリカンフードを提供するファミレス。1999年にケソンシティのトーマス・モラト通りにオープンし現在13か所に支店を展開している。
【ラスピニャス】ハンバーグなどのアメリカンフードを提供するファミレス。1999年にケソンシティのトーマス・モラト通りにオープンし現在13か所に支店を展開している。
【ケソン】まるでヒョウのような野生味溢れる「ベンガル猫」が主役の猫カフェ。野生のヤマネコとイエネコの交配種であるベンガル猫は、ヒョウのような模様が特徴。
【ケソン】まるでヒョウのような野生味溢れる「ベンガル猫」が主役の猫カフェ。野生のヤマネコとイエネコの交配種であるベンガル猫は、ヒョウのような模様が特徴。
【ケソン】ケソンのアテネオ大学付近の地元で大人気の犬カフェ。店舗が2つに分かれており、一つは軽食をいただけるレストラン、もう一つは犬のエリアとなっている。
【ケソン】ケソンのアテネオ大学付近の地元で大人気の犬カフェ。店舗が2つに分かれており、一つは軽食をいただけるレストラン、もう一つは犬のエリアとなっている。
【タギッグ】BGCのRCBC Savings Corporate Center内にある隠しバー。その入り口はなんと、セブンイレブンの倉庫の中。赤い電気で照らされた倉庫を抜けると、天井の高い広々としたおしゃれなバーが広がる。
【タギッグ】BGCのRCBC Savings Corporate Center内にある隠しバー。その入り口はなんと、セブンイレブンの倉庫の中。赤い電気で照らされた倉庫を抜けると、天井の高い広々としたおしゃれなバーが広がる。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】サン・アントニオビレッジの一画にあるベトナム料理店。元々は普通の家を改造しただけのこじんまりとしたお店だったが、その斜め向かいにある新設ホテルの5階に移転し、店舗が広くなり心地よいルーフデッキも得た。
【マカティ】パセオ・デ・ロハス沿いにあるビルの屋上にオープンして1年ほどのバー。1910年~1930年に流行った「アール・デコ」と呼ばれる様式を取り入れたユニークなインテリアは雰囲気抜群。
【マカティ】パセオ・デ・ロハス沿いにあるビルの屋上にオープンして1年ほどのバー。1910年~1930年に流行った「アール・デコ」と呼ばれる様式を取り入れたユニークなインテリアは雰囲気抜群。
【マカティ】穴場レストランが多いことで知られる高級住宅街BFホームズのアギレ通りに2014年にオープンし、おしゃれなインテリアやクリエイティブな創作料理、そしてそれらを当時21歳だった若いオーナーが立ち上げたことで、地元の若者を中心に話題を呼んだ。
【マカティ】穴場レストランが多いことで知られる高級住宅街BFホームズのアギレ通りに2014年にオープンし、おしゃれなインテリアやクリエイティブな創作料理、そしてそれらを当時21歳だった若いオーナーが立ち上げたことで、地元の若者を中心に話題を呼んだ。
【マカティ】レゲエを聴きながらお酒とフードを堪能できるコスタリカンバー&レストラン。コスタリカ料理は、野菜や果物をふんだんに使った色とりどりで比較的マイルドな味わいが特徴の料理。特に主食である栄養が高いキャッサバを用いたアペタイザーENYUCADOS(P230)は格別だ。
【マカティ】レゲエを聴きながらお酒とフードを堪能できるコスタリカンバー&レストラン。コスタリカ料理は、野菜や果物をふんだんに使った色とりどりで比較的マイルドな味わいが特徴の料理。特に主食である栄養が高いキャッサバを用いたアペタイザーENYUCADOS(P230)は格別だ。
【マカティ】グリーンベルトのステーキハウス「Dillingers」内の隠れバー。お店の隅の方にある、一見するとただの非常口が実はその入り口となっている。メニューはDillingersと同じ。ヘッドバーテンダーは、バーテンダーチャンピオンシップで優勝した経歴を持つ。
【マカティ】グリーンベルトのステーキハウス「Dillingers」内の隠れバー。お店の隅の方にある、一見するとただの非常口が実はその入り口となっている。メニューはDillingersと同じ。ヘッドバーテンダーは、バーテンダーチャンピオンシップで優勝した経歴を持つ。
【マカティ】クバーノこと、キューバンサンドイッチの専門店。専用の器具で上から平べったくなるようにプレスしたサンドイッチが特徴で、ローストポーク、ハム、チーズからなる伝統的なものから、アドボを入れたフィリピン風や野菜のみのサンドイッチまで、中身はバラエティ豊富。
【マカティ】クバーノこと、キューバンサンドイッチの専門店。専用の器具で上から平べったくなるようにプレスしたサンドイッチが特徴で、ローストポーク、ハム、チーズからなる伝統的なものから、アドボを入れたフィリピン風や野菜のみのサンドイッチまで、中身はバラエティ豊富。
【タギッグ】ブルゴスサークルにあるカフェFrank & Deanの2階にある。通称「OTC」。ビンテージな公衆電話ボックスをイメージした入り口から入っていくシークレット感たっぷりのバー。店内は広くなく、レトロなデザインのソファやテーブルが50年代頃のアメリカを彷彿とさせる。
【タギッグ】ブルゴスサークルにあるカフェFrank & Deanの2階にある。通称「OTC」。ビンテージな公衆電話ボックスをイメージした入り口から入っていくシークレット感たっぷりのバー。店内は広くなく、レトロなデザインのソファやテーブルが50年代頃のアメリカを彷彿とさせる。
【マカティ】レガスピビレッジの外れ、クリークサイドの斜め向かいにぽつりと立っているフィリピン料理レストラン。リーズナブルだが美味しいフィリピン料理を提供し、ランチとディナーは周囲のオフィスやレガスピビレッジからのお客さんで満員になる人気店。
【マカティ】レガスピビレッジの外れ、クリークサイドの斜め向かいにぽつりと立っているフィリピン料理レストラン。リーズナブルだが美味しいフィリピン料理を提供し、ランチとディナーは周囲のオフィスやレガスピビレッジからのお客さんで満員になる人気店。
【マカティ】レガスピのThe Belle & Dragonというバーの奥には、一見普通のクローゼットがある。これを開けて洋服をかき分けるとカーテンがあり、更にかき分けると隠れバーのMandalay Whisky and Cigarsへ通じる入り口が開く。ウィスキーの種類が豊富で、日本のウィスキーも数多く取り扱う。
【マカティ】レガスピのThe Belle & Dragonというバーの奥には、一見普通のクローゼットがある。これを開けて洋服をかき分けるとカーテンがあり、更にかき分けると隠れバーのMandalay Whisky and Cigarsへ通じる入り口が開く。ウィスキーの種類が豊富で、日本のウィスキーも数多く取り扱う。
【タギッグ】ニューヨーク出身のオーナーが経営するデリで、ボリュームのある朝食メニューが人気。BGCのFairways Towerの1階にひっそりと構える。等級6~8を誇るフィリピン産和牛「Kitayama Wagyu」を取り扱っており、肉の繊維を壊さないように保存方法に注意を払っている。
【タギッグ】ニューヨーク出身のオーナーが経営するデリで、ボリュームのある朝食メニューが人気。BGCのFairways Towerの1階にひっそりと構える。等級6~8を誇るフィリピン産和牛「Kitayama Wagyu」を取り扱っており、肉の繊維を壊さないように保存方法に注意を払っている。
【マカティ】レガスピビレッジに2016年10月にオープンしたハイエンドなレストラン。5人の若い仲間が集まって立ち上げたレストランで、オープンしてすぐに口コミで広まっていった。シェフとパートナーのパティシェはニューヨークのレストランで働いた経験があり、そのクリエイティブさを活かして作り出したオリジナルメニューはどれもユニークで美味しい。
【マカティ】レガスピビレッジに2016年10月にオープンしたハイエンドなレストラン。5人の若い仲間が集まって立ち上げたレストランで、オープンしてすぐに口コミで広まっていった。シェフとパートナーのパティシェはニューヨークのレストランで働いた経験があり、そのクリエイティブさを活かして作り出したオリジナルメニューはどれもユニークで美味しい。
【マカティ】レガスピビレッジにひそむメキシカンレストラン。アメリカ育ちのオーナーが、メキシコはオアハカ州出身のシェフに教わったレシピを少しアレンジした「カリフォルニア風メキシカン」が自慢。
【マカティ】レガスピビレッジにひそむメキシカンレストラン。アメリカ育ちのオーナーが、メキシコはオアハカ州出身のシェフに教わったレシピを少しアレンジした「カリフォルニア風メキシカン」が自慢。
【マカティ】サルセドにオープンした日本人経営のおしゃれなカジュアルダイニング。店舗を開く前はサルセドマーケットで一年半ほど出店をしていた。オーナーとシェフが名古屋出身のため、手羽先や串かつなど名古屋のストリートフードを中心とした日本食が主なメニュー。
【マカティ】サルセドにオープンした日本人経営のおしゃれなカジュアルダイニング。店舗を開く前はサルセドマーケットで一年半ほど出店をしていた。オーナーとシェフが名古屋出身のため、手羽先や串かつなど名古屋のストリートフードを中心とした日本食が主なメニュー。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩3分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】パソンタモのリトル東京から徒歩3分ほどの建物にひそむカフェ。コーヒーの品質評価で80点以上を獲得した「スペシャリティコーヒー」と呼ばれる高品質な豆のみを使用。更に空気の圧力を使って抽出するエアロプレスで淹れたコーヒーにも定評があり、オーナーの一人、Kaye Joy Ongさんは、2015年度のワールドエアロプレスチャンピオンシップで3位を獲得した実力者。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】Taqueria Realというメキシカンの屋外レストランの横にある扉から入ったところにある。中に入ってしまえばこじんまりとした割と普通のバーだが、口コミで広まっていき、日本人を含む旅行者などから問い合わせが来るほどに。
【マカティ】ニューヨークで出会ったスピークイージーバーにインスパイアされ、隠れバーを作るために一見ごく普通のバーガーショップ「Lazy Bastard」を立ち上げ、その裏にひそむバーとしてABVを作った。50年以上前の古いエレベーターを模した秘密の入り口を潜り抜けたところにバーがある。
【マカティ】ニューヨークで出会ったスピークイージーバーにインスパイアされ、隠れバーを作るために一見ごく普通のバーガーショップ「Lazy Bastard」を立ち上げ、その裏にひそむバーとしてABVを作った。50年以上前の古いエレベーターを模した秘密の入り口を潜り抜けたところにバーがある。

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel