ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > 食べる

フィリピン・レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。

お店、レストランを探す

 

フリーワードで検索

エリアで探す

 詳細なエリアで探す
マカティ
タギッグ
マニラ
アラバン
パサイ
パシッグ
ルソン島北部
ルソン島南部
リゾート
ミンダナオ
パラニャーケ

ジャンルで探す

食別料理
ナイトライフ
その他
 その他のジャンルで探す

新着レストラン情報

【アンティポロ】都会から離れたアンティポロの静かなビレッジ内にあるレストラン。美しい庭と池に囲まれ、大きな窓から入ってくる風と心地よい水の音を感じながらゆったりと食事ができる。彫刻家・Benji Reyes氏の家を改造させた店舗で、経営と料理はReyes氏の娘と息子が担当。
【アンティポロ】都会から離れたアンティポロの静かなビレッジ内にあるレストラン。美しい庭と池に囲まれ、大きな窓から入ってくる風と心地よい水の音を感じながらゆったりと食事ができる。彫刻家・Benji Reyes氏の家を改造させた店舗で、経営と料理はReyes氏の娘と息子が担当。
【ケソン】ケソン市の住宅街にあるレストラン。かつてパエリア専門のケータリングを行っていたため、今でもパエリアは看板メニュー。まるでインテリアデザインの雑誌から出てきたようなモダンかつアットホームな内装で、明るく開放感のある空間を切り花や観葉植物で心地よく飾り立てている。
【ケソン】ケソン市の住宅街にあるレストラン。かつてパエリア専門のケータリングを行っていたため、今でもパエリアは看板メニュー。まるでインテリアデザインの雑誌から出てきたようなモダンかつアットホームな内装で、明るく開放感のある空間を切り花や観葉植物で心地よく飾り立てている。
【ケソン】ケソン市にひっそりとあるハイエンドなフレンチ&地中海レストラン。2006年にオープンして以来、地元で大人気に。ガーデンに囲まれたクラシックなヨーロッパ風の広い邸宅で、昼も夜もそれぞれ違った雰囲気を楽しめる。
【ケソン】ケソン市にひっそりとあるハイエンドなフレンチ&地中海レストラン。2006年にオープンして以来、地元で大人気に。ガーデンに囲まれたクラシックなヨーロッパ風の広い邸宅で、昼も夜もそれぞれ違った雰囲気を楽しめる。
【タギッグ】「ソース二度づけ禁止」を日本中へ広めた大阪の新世界に本店を構える串かつ だるまが、BGCのアップタウンモールに待望のマニラ店をオープン。美味しさの秘訣であるきめの細かい衣や秘伝のソースは日本から取り寄せており、全てがオーセンティック。
【タギッグ】「ソース二度づけ禁止」を日本中へ広めた大阪の新世界に本店を構える串かつ だるまが、BGCのアップタウンモールに待望のマニラ店をオープン。美味しさの秘訣であるきめの細かい衣や秘伝のソースは日本から取り寄せており、全てがオーセンティック。
【マカティ】マニラではおそらく初の本格的な懐石料理店。ビルの1階にひっそりとある隠れ家的な店舗はVIP感たっぷりで、入り口から細長い通路を抜けてお店の奥へ入るとそこはもう日本。店舗は明るい木目調に本物の日本画でシンプルに飾られた上品な内装で、4室ほどの個室とカウンター席のある部屋1室という構成。
【マカティ】マニラではおそらく初の本格的な懐石料理店。ビルの1階にひっそりとある隠れ家的な店舗はVIP感たっぷりで、入り口から細長い通路を抜けてお店の奥へ入るとそこはもう日本。店舗は明るい木目調に本物の日本画でシンプルに飾られた上品な内装で、4室ほどの個室とカウンター席のある部屋1室という構成。
【セブ】モアルボアルで一番のコーヒーが飲めると呼び名の高いカフェ。コーヒーはイタリアから直輸入したアラビカ豆を使用している。カフェとしてだけでなくフードメニューも評判で、特にシーフードを使った料理は人気。大人数でシェアして楽しめる。
【セブ】モアルボアルで一番のコーヒーが飲めると呼び名の高いカフェ。コーヒーはイタリアから直輸入したアラビカ豆を使用している。カフェとしてだけでなくフードメニューも評判で、特にシーフードを使った料理は人気。大人数でシェアして楽しめる。
【セブ】美味しいシーフードレストランが並ぶモアルボアルの中でも、絶品シーフード料理が堪能できると評判。新鮮な魚介をタイやインドネシア風、フィリピン風、インド風、中華とアレンジし提供している。いつも地元の人々や観光客、ダイバーたちで賑わう。
【セブ】美味しいシーフードレストランが並ぶモアルボアルの中でも、絶品シーフード料理が堪能できると評判。新鮮な魚介をタイやインドネシア風、フィリピン風、インド風、中華とアレンジし提供している。いつも地元の人々や観光客、ダイバーたちで賑わう。
【セブ】スペインの影響を大きく受けたユニークな料理は、モアルボアルで一番と呼ばれる人気レストラン。ヨーロピアン料理がメインで、中でも人気は新鮮な食材を使用したはカプリチョーザ。
【セブ】スペインの影響を大きく受けたユニークな料理は、モアルボアルで一番と呼ばれる人気レストラン。ヨーロピアン料理がメインで、中でも人気は新鮮な食材を使用したはカプリチョーザ。
【セブ】マラパスクア島のコカイズ・マルディト・ダイブ・リゾート内にあるレストラン。メニューはフィリピン料理を始め、ギリシャ、メキシコ、日本、イタリアなど多国籍な料理が味わえる。また毎週月曜日の18時から21時までは、日本食のビュッフェを開催。
【セブ】マラパスクア島のコカイズ・マルディト・ダイブ・リゾート内にあるレストラン。メニューはフィリピン料理を始め、ギリシャ、メキシコ、日本、イタリアなど多国籍な料理が味わえる。また毎週月曜日の18時から21時までは、日本食のビュッフェを開催。
【セブ】最高品質な料理をリーズナブルに提供することをコンセプトにする、美しい海を眺めながら食事ができるパブ・レストラン。メニューは、新鮮なその日の食材によって異なり、多国籍な料理を提供している。
【セブ】最高品質な料理をリーズナブルに提供することをコンセプトにする、美しい海を眺めながら食事ができるパブ・レストラン。メニューは、新鮮なその日の食材によって異なり、多国籍な料理を提供している。
【セブ】マラパスクア島で特に人気のイタリアン。本場のイタリア家庭料理を提供するアンジェリーナでは、オーナーの故郷であり世界的な美食の都、エミリア・ロマーニャのシンプルなオリジナルレシピを提供している。
【セブ】マラパスクア島で特に人気のイタリアン。本場のイタリア家庭料理を提供するアンジェリーナでは、オーナーの故郷であり世界的な美食の都、エミリア・ロマーニャのシンプルなオリジナルレシピを提供している。
【セブ】モアルボアルのパナグサマ・ビーチにある、茅葺屋根が目印のリゾートに併設されたレストラン。朝7時からオープンし、朝食メニューはブルーチーズを使ったデニッシュやパンケーキが評判。また、香り高いコーヒーはネグロス島から仕入れた豆を使用している。
【セブ】モアルボアルのパナグサマ・ビーチにある、茅葺屋根が目印のリゾートに併設されたレストラン。朝7時からオープンし、朝食メニューはブルーチーズを使ったデニッシュやパンケーキが評判。また、香り高いコーヒーはネグロス島から仕入れた豆を使用している。
【パサイ】場所はカルティマールのフードコート。スープは濃いめの味付けで、醤油、味噌、オリジナル、豚骨など4種類。豚骨チャーシューやシーフードと野菜がトッピングされたOriginal Suki Ramenがおすすめ。
【パサイ】場所はカルティマールのフードコート。スープは濃いめの味付けで、醤油、味噌、オリジナル、豚骨など4種類。豚骨チャーシューやシーフードと野菜がトッピングされたOriginal Suki Ramenがおすすめ。
【マカティ】アヤラ通りのMakati Sky Plaza2階のフードコートにある。マイルドなスープにひき肉と玉ねぎのみじん切りなどがトッピングしてあり、さっぱりしてるので軽めのランチにぴったり。オリジナル(P80)、醤油(P100)と2種類あり、P20追加でおにぎりと唐揚げがついたセットもある。お好み焼やたこ焼きも美味しい。
【マカティ】アヤラ通りのMakati Sky Plaza2階のフードコートにある。マイルドなスープにひき肉と玉ねぎのみじん切りなどがトッピングしてあり、さっぱりしてるので軽めのランチにぴったり。オリジナル(P80)、醤油(P100)と2種類あり、P20追加でおにぎりと唐揚げがついたセットもある。お好み焼やたこ焼きも美味しい。
【マラテ】全ラーメンP100以下という驚きの価格。ブログやテレビでも紹介され、外国人客にも人気。スープベースは豚骨、麺はコシのある中ストレート。ラーメンは醤油、味噌、塩、担担麺の4種類。トッピングはシンプルにワカメとひとくちのチャーシューだが、別料金で追加オーダー可能。「ラーメン」の文字が浮かぶ赤いのれんが目印。
【マラテ】全ラーメンP100以下という驚きの価格。ブログやテレビでも紹介され、外国人客にも人気。スープベースは豚骨、麺はコシのある中ストレート。ラーメンは醤油、味噌、塩、担担麺の4種類。トッピングはシンプルにワカメとひとくちのチャーシューだが、別料金で追加オーダー可能。「ラーメン」の文字が浮かぶ赤いのれんが目印。
【アップタウンモール店 博多 うま馬 Uma Umaは閉店しました。】創業28年、博多ラーメンの源流と言われる名店「三馬路」の味を受け継ぐラーメン屋。昨年6月にコンラッドホテル付属のSメゾンモールにフィリピン初出店をし、同年11月にはBGCのアップタウンに2号店をオープン。
【アップタウンモール店 博多 うま馬 Uma Umaは閉店しました。】創業28年、博多ラーメンの源流と言われる名店「三馬路」の味を受け継ぐラーメン屋。昨年6月にコンラッドホテル付属のSメゾンモールにフィリピン初出店をし、同年11月にはBGCのアップタウンに2号店をオープン。
【九十九ラーメン Tsukumo Ramenは閉店しました】九十九ラーメンと言えば、チーズをどっさりトッピングしたラーメンで知られる。○究(マルキュー)チーズラーメン(写真①)はゴーダチーズがアツアツの豚骨ベース味噌スープに溶け込み、この組み合わせは驚くほどマッチしている。
【九十九ラーメン Tsukumo Ramenは閉店しました】九十九ラーメンと言えば、チーズをどっさりトッピングしたラーメンで知られる。○究(マルキュー)チーズラーメン(写真①)はゴーダチーズがアツアツの豚骨ベース味噌スープに溶け込み、この組み合わせは驚くほどマッチしている。
【アラバン】日本各地に支店を構えるラーメン屋。横浜店の日本人大将の指導の元で提供するオーセンティックな味は、たちまち地元のアラバンで大人気に。ラーメンの辛さレベルを選べるようになっており、上限がないためレベル100以上を指定する客もいるとか。
【アラバン】日本各地に支店を構えるラーメン屋。横浜店の日本人大将の指導の元で提供するオーセンティックな味は、たちまち地元のアラバンで大人気に。ラーメンの辛さレベルを選べるようになっており、上限がないためレベル100以上を指定する客もいるとか。
【セブ】北海道の札幌では有名な、行列が絶えないラーメン店がセブに上陸。ハウスラーメンの味噌ラーメンは、濃厚ながら後味はすっきりとしていると評判。メンマなどのトッピングも豊富に用意されている。
【セブ】北海道の札幌では有名な、行列が絶えないラーメン店がセブに上陸。ハウスラーメンの味噌ラーメンは、濃厚ながら後味はすっきりとしていると評判。メンマなどのトッピングも豊富に用意されている。
【セブ】看板メニューの鶏白湯海老ラーメン(P340)が大人気。本格的なだしが効いたスープが自慢だ。日本風の内装で、まるで日本にいるかのような気分でラーメンが味わえる。また、トマトラーメンや納豆ラーメンといった変わり種ラーメンも提供している。
【セブ】看板メニューの鶏白湯海老ラーメン(P340)が大人気。本格的なだしが効いたスープが自慢だ。日本風の内装で、まるで日本にいるかのような気分でラーメンが味わえる。また、トマトラーメンや納豆ラーメンといった変わり種ラーメンも提供している。
【セブ】豊富なサイドメニューは、餃子に唐揚げ、海老マヨ、春巻きなど。醤油ラーメン&餃子のセットが人気で、替え玉(P100)も可能だ。【推薦者コメント】色々な種類のラーメンを取り揃えていますが、特につけ麺が美味しいと思うラーメン屋です。
【セブ】豊富なサイドメニューは、餃子に唐揚げ、海老マヨ、春巻きなど。醤油ラーメン&餃子のセットが人気で、替え玉(P100)も可能だ。【推薦者コメント】色々な種類のラーメンを取り揃えていますが、特につけ麺が美味しいと思うラーメン屋です。
【セブ】優勝軒のラーメンは、12時間かけてじっくりとダシを摂った自慢の豚骨スープが特徴。このスープをベースに、塩、醤油、担々麺、味噌と4つの味から注文できる。
【セブ】優勝軒のラーメンは、12時間かけてじっくりとダシを摂った自慢の豚骨スープが特徴。このスープをベースに、塩、醤油、担々麺、味噌と4つの味から注文できる。
【セブ】白、黒、赤と3種類の本格的な細麺豚骨博多ラーメンを提供するラーメン店!白は通常の豚骨ラーメン、黒は豚骨スープに、ローストしたニンニクとごま油で味付けした一番人気のラーメン。赤は辛みのある豚ひき肉と、チリオイルを加えたピリ辛豚骨ラーメン。
【セブ】白、黒、赤と3種類の本格的な細麺豚骨博多ラーメンを提供するラーメン店!白は通常の豚骨ラーメン、黒は豚骨スープに、ローストしたニンニクとごま油で味付けした一番人気のラーメン。赤は辛みのある豚ひき肉と、チリオイルを加えたピリ辛豚骨ラーメン。
【セブ】セブにある隠れ家的存在のこちらでは、打ちたて茹でたての蕎麦が堪能できる。鎌倉出身のオーナーが、こだわりの蕎麦を提供している。店内は、日本の伝統的な蕎麦店と、モダンさを融合した内装。まるで日本にいるかのように、落ち着いて食事ができる。
【セブ】セブにある隠れ家的存在のこちらでは、打ちたて茹でたての蕎麦が堪能できる。鎌倉出身のオーナーが、こだわりの蕎麦を提供している。店内は、日本の伝統的な蕎麦店と、モダンさを融合した内装。まるで日本にいるかのように、落ち着いて食事ができる。
【セブ】九州、沖縄料理をメインとしたセブの和食料理店。毎週、日本から届く新鮮な牛モツを使用したモツ鍋が人気だ。スープに牛モツの味がよくしみ込んだ鍋は、新鮮な野菜もたっぷりなので栄養満点。もちろん、〆は残ったスープにラーメンやご飯を入れて最後まで楽しむことができる。
【セブ】九州、沖縄料理をメインとしたセブの和食料理店。毎週、日本から届く新鮮な牛モツを使用したモツ鍋が人気だ。スープに牛モツの味がよくしみ込んだ鍋は、新鮮な野菜もたっぷりなので栄養満点。もちろん、〆は残ったスープにラーメンやご飯を入れて最後まで楽しむことができる。
【セブ】オーナーは、ミシュラン1つ星を獲得しているイギリス人シェフのジェイソン・アサートン氏。(彼はイギリスのセレブシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏のもと、総料理長を務めた経験もある。)次々に新メニューが考案されるため、セブ在住者のリピーター客が多い。
【セブ】オーナーは、ミシュラン1つ星を獲得しているイギリス人シェフのジェイソン・アサートン氏。(彼はイギリスのセレブシェフ、ゴードン・ラムゼイ氏のもと、総料理長を務めた経験もある。)次々に新メニューが考案されるため、セブ在住者のリピーター客が多い。
【セブ】セブで有名なアンザニ・グループが新たに手掛けるレストラン。アンガス、オーストラリア産、和牛、霜降り等級5のストリップロインステーキなど最高級のビーフのみを使用した肉料理が人気だ。おすすめは、テンダーロインをベーコンで巻きロブスターをトッピングしたサーフ・アンド・ターフ。
【セブ】セブで有名なアンザニ・グループが新たに手掛けるレストラン。アンガス、オーストラリア産、和牛、霜降り等級5のストリップロインステーキなど最高級のビーフのみを使用した肉料理が人気だ。おすすめは、テンダーロインをベーコンで巻きロブスターをトッピングしたサーフ・アンド・ターフ。
【セブ】フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。
【セブ】フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。
【セブ】肉本来の味わいを大切にした本格的なステーキを提供するこちらは、日本人オーナーが経営するアメリカ西部をコンセプトにしたレストラン。100%アメリカ産のアンガスビーフを使用した、テンダーロイン、リブアイ、サーロイン、バーガーステーキ、そしてトップブレード(ミスジ)などを提供。
【セブ】肉本来の味わいを大切にした本格的なステーキを提供するこちらは、日本人オーナーが経営するアメリカ西部をコンセプトにしたレストラン。100%アメリカ産のアンガスビーフを使用した、テンダーロイン、リブアイ、サーロイン、バーガーステーキ、そしてトップブレード(ミスジ)などを提供。
【セブ】マクタン島にあるコンドミニアムの13回にある穴場レストラン。開放的な野外席からは、美しい夕日、そしてマクタン島やセブシティの夜景を眺めながら食事することができる。エレガントな内装は、まるで高級ホテル内のレストラン。
【セブ】マクタン島にあるコンドミニアムの13回にある穴場レストラン。開放的な野外席からは、美しい夕日、そしてマクタン島やセブシティの夜景を眺めながら食事することができる。エレガントな内装は、まるで高級ホテル内のレストラン。
【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
【マカティ】Raffles Makatiの9階にあるフレンチレストランMireio(ミレイオ)。入り口から中へ入ると、全面ガラス越しでマカティ・シティの絶景が見渡せる。フランス南部プロヴァンス地方の伝統料理と地中海料理、フランスワインが一押しだ。
【アラバン】アラバンのモリートやマカティのヤカールストリートなどに店舗を構えるデリカテッセン。イタリア製のパスタや缶詰、ハムやソーセージ、チーズ、ワイン、それにステーキ用のお肉など、幅広い種類の食材を販売している。
【アラバン】アラバンのモリートやマカティのヤカールストリートなどに店舗を構えるデリカテッセン。イタリア製のパスタや缶詰、ハムやソーセージ、チーズ、ワイン、それにステーキ用のお肉など、幅広い種類の食材を販売している。
【マカティ】夜になると活気づくグリーンベルト3の3階に構えるレストラン。19世紀初頭のアメリカの酒場をイメージさせる黒のウッドやレンガのデザインが、目立たず落ち着いた雰囲気を醸し出す。
【マカティ】夜になると活気づくグリーンベルト3の3階に構えるレストラン。19世紀初頭のアメリカの酒場をイメージさせる黒のウッドやレンガのデザインが、目立たず落ち着いた雰囲気を醸し出す。
【マカティ】カーリペアZiebartビルの2階に上がるとムードがガラッと変わり、デザイナー家具を使ったおしゃれな店内は初めて訪れる人にとっては素敵なサプライズに。ここでは、ただ料理を注文するだけでなく、材料を選び、シェフと相談して好きな風に調理してもらうこともでき、従来のレストランよりもずっとパーソナルなサービスを楽しめるだろう。
【マカティ】カーリペアZiebartビルの2階に上がるとムードがガラッと変わり、デザイナー家具を使ったおしゃれな店内は初めて訪れる人にとっては素敵なサプライズに。ここでは、ただ料理を注文するだけでなく、材料を選び、シェフと相談して好きな風に調理してもらうこともでき、従来のレストランよりもずっとパーソナルなサービスを楽しめるだろう。
【フォートボニファシオ】サルセドの人気ステーキハウスSmith Butcher and Grill Roomの2号店。1階は朝食メニューが食べられるカフェ、夕方にオープンする2階は革製のテーブルがアクセントのおしゃれなステーキルームとラウンジ。
【フォートボニファシオ】サルセドの人気ステーキハウスSmith Butcher and Grill Roomの2号店。1階は朝食メニューが食べられるカフェ、夕方にオープンする2階は革製のテーブルがアクセントのおしゃれなステーキルームとラウンジ。
【タギッグ】マカティ・シネマ・スクエア近くにオープンし、日本産の最高級和牛を提供することで話題になった隠れ家的レストラン。その2号店はBGCのブルグスサークルに構える。レストランの他に精肉店も兼ねており、調理前のお肉を買うこともできる。
【タギッグ】マカティ・シネマ・スクエア近くにオープンし、日本産の最高級和牛を提供することで話題になった隠れ家的レストラン。その2号店はBGCのブルグスサークルに構える。レストランの他に精肉店も兼ねており、調理前のお肉を買うこともできる。
【マカティ】マカティ・シャングリ・ラの2階に構えるステーキハウス。全面ガラス張りの窓に映る緑が心地よく、雰囲気とサービスは高級ホテルならでは。ステーキは全て「ジョスパー・グリル」と呼ばれるグリルとオーブンを合わせた特殊な調理機器で焼いている。
【マカティ】マカティ・シャングリ・ラの2階に構えるステーキハウス。全面ガラス張りの窓に映る緑が心地よく、雰囲気とサービスは高級ホテルならでは。ステーキは全て「ジョスパー・グリル」と呼ばれるグリルとオーブンを合わせた特殊な調理機器で焼いている。
【フォートボニファシオ】BGCで2016年に開業したばかりのシャングリ・ラ・ホテルの看板ステーキハウス。マカティシャングリ・ラのステーキハウス「セージ」と同様に、ジョスパーグリルで作ったステーキが早くも大人気に。こちらの厨房を仕切るのは、シャングリ・ラ・シドニーのレストランを任されていたNathan氏。
【フォートボニファシオ】BGCで2016年に開業したばかりのシャングリ・ラ・ホテルの看板ステーキハウス。マカティシャングリ・ラのステーキハウス「セージ」と同様に、ジョスパーグリルで作ったステーキが早くも大人気に。こちらの厨房を仕切るのは、シャングリ・ラ・シドニーのレストランを任されていたNathan氏。
【オルティガス】オルティガスにあるDiscovery Suitesの看板レストラン。アジアのレストランガイドブック「ミーレガイド」ではフィリピンのレストランのうち4位にランクイン。更にトリップアドバイザーやハイエンドライフスタイル誌のPhilippine Tatlerでもベスト10に選ばれた。
【オルティガス】オルティガスにあるDiscovery Suitesの看板レストラン。アジアのレストランガイドブック「ミーレガイド」ではフィリピンのレストランのうち4位にランクイン。更にトリップアドバイザーやハイエンドライフスタイル誌のPhilippine Tatlerでもベスト10に選ばれた。
【マカティ】Discovery Primeaホテルの16階に2016年6月にオープンしたばかりのレストラン。ステーキハウスではないが、ジョスパーグリルで作ったステーキが人気。2月からはステーキを含め、新メニューを4品追加。中華風味のポークリブ(P1,150)、脂身が少ないFlank Steak(P1,500)、蝶ジューシーで旨みたっぷりのPorterhouse Steak(写真①)とStriploin(P980)。
【マカティ】Discovery Primeaホテルの16階に2016年6月にオープンしたばかりのレストラン。ステーキハウスではないが、ジョスパーグリルで作ったステーキが人気。2月からはステーキを含め、新メニューを4品追加。中華風味のポークリブ(P1,150)、脂身が少ないFlank Steak(P1,500)、蝶ジューシーで旨みたっぷりのPorterhouse Steak(写真①)とStriploin(P980)。

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel