ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > HO-LAND ホ・ランド

HO-LAND ホ・ランド

総菜、お菓子、パンなど、中華食品、食材全般を豊富に扱う。 定番菓子のホピア(写真②)はウベ、カスタードなど様々なテイストから選べる。店名をデザインした包装もお洒落で、お土産にも最適だ。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : 551 E.T.Yuchengco St.,Binondo,Manila
  • TEL : 02-242-9709 
  • 営業時間 : 7時30分〜20時
  • 休日 : なし
  • 総菜、お菓子、パンなど、中華食品、食材全般を豊富に扱う。定番菓子のホピアはウベ、カスタードなど様々なテイストから選べる。店名をデザインした包装もお洒落で、お土産にも最適だ。人気の総菜、Machangは、いわゆる中華ちまき。笹の葉にくるまれて味付けされたもちもちの米が絶品。ポーク、チキンから選べる。腹持ちがよいので、常連さんはおやつとしてだけでなくランチとしても買っていくそう。旧正月に特に食される、鯉をかたどった餅菓子など、珍しいお菓子もある。その他、色々な味を楽しめる月餅や、Asado Rollなど、定番店内に所狭しと並べられた様々な商品は、見ているだけでも楽い。チャイナタウンを訪れたらぜひ立ち寄りたい店だ。


    2019年01月01日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
    コメントを入力:
    ※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
    ※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

    ※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【チャイナタウン】第二次世界大戦後に現オーナーの祖父がオープンした老舗。マリネしたポークが美味しいAsado (Small P235、Medium P470、Large P940)というメニューで知られており、毎年放送される旧正月のTV特集では必ず取り上げられる。
    【チャイナタウン】生春巻きが美味しいことで地元の人に人気のお店。生春巻きと言っても、生の部分は皮のみ。中身は野菜、ピーナッツ、エビ、ポークなどを細かく切り、火を通したものを詰めている。
    【チャイナタウン】Eng Bee Tinの系列店で、オーナーは元消防士。収益金はBinondo Paco Fire Searchや消防隊に献金されているというので驚き。
    【チャイナタウン】店名にあるように、お店の看板料理は餃子。一番人気のDumplingsは蒸したてジューシーな水餃子で、8個でたったのP82とリーズナブル。カラリと揚げたFried Dumplingsもパリッとした皮とジューシーな中身のコントラストを楽しめる絶品だ。
    【チャイナタウン】創業1940年、ビノンドで最も古いお店の一つ。Maki(ポークのあんかけスープ)は昔からの人気メニュー。
    【チャイナタウン】ヘルシーなメニューが多く、地元の中国系のローカルに大人気のお店。毎朝5時にマーケットから仕入れた新鮮な食材で作っているのが美味しさの秘密だ。当店の人気メニューは、ビュッフェのようにずらっと並んだおかずの中から、好きなものを3品選ぶことのできる3 in 1。
    【チャイナタウン】創業30年以上、観光客、地元の人によく知られた老舗。700席収容の広い店内は、イベントやショーで使えるステージも完備。個室のうち2室はカラオケもついていて、少人数の会食やパーティ等にぴったり。
    【チャイナタウン】チャイナタウンの中心部から少し外れたエリアにあるにもかかわらず、多くの人が訪れる隠れた人気店。他のお店同様、やはり美味しいのは点心と麺類。
    【チャイナタウン】1968年にオープンしたこちらは、中華系フィリピンの家庭料理で有名な老舗。お店を立ち上げたAmah Pilarさんは、4年ほど前に104歳で亡くなったが、その料理は今だ多くの人に愛されている。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel