ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > BOTEJYU ぼてぢゅう

BOTEJYU ぼてぢゅう

【モールオブエイジア】昭和21年から60年以上も変わらぬ美味しさを提供し続ける、元祖お好み焼きである「ぼてぢゅう Botejyu」。日本国内79店舗、海外6店舗を展開しています。海外7店舗目の出店となるフィリピン第一号店がMOA(モールオブアジア)内にグランドオープンしました。

広告
広告

店舗情報

  • 住所 : SM CITY MALL OF ASIA, Seaside Blvd, Pasay
  • TEL : 02-697-9112
  • 営業時間 : 日ー木曜10時〜23時、金・土曜10時〜24時
  • ①店名の「ぼてぢゅう」とは、お好み焼きをテコで「ぼて」と返し、さらに「ぢゅう」と焼く、そのリズムから名付けられたもの。

    ②OKOSOBA  435ペソ

    ③Premium Moonlight Yakisoba  375ペソ

    ④Pork Omusoba 335ペソ

    ⑤Amiyaki Grilled Pork Rice Bowl 325ペソ

    ⑥Beef Sukiyaki Rice Set 395ペソ

    ⑦本日グランドオープンした「ぼてぢゅう」スタッフの皆さん

     

    昭和21年から60年以上も変わらぬ美味しさを提供し続ける、元祖お好み焼きである「ぼてぢゅう Botejyu」。日本国内79店舗、海外6店舗を展開しています。海外7店舗目の出店となるフィリピン第一号店がMOA(モールオブアジア)内にグランドオープンしました。昔ながらの秘伝の生地をジックリと焼き上げて、日本でも使用しているオリジナルソースと特製マヨネーズが味の決め手。ほとんどの食材は日本から輸入し、日本の美味しさをフィリピンでも再現。また、お好み焼きだけではなく、北は北海道、南は九州までの日本のご当地グルメもフィリピンでは提供しています。BOTEJYU Groupの栗田英人社長もオープニングイベントへ参加していました。「ぼてぢゅうグループは、大阪のお好み焼きと日本の各地域のご当地グルメをフィリピンへ持ってきました。フィリピンの方にもっと日本の食文化を知っていただき、日本の地域活性化につなげていきたい。」とグランドオープンの熱い思いを語りました。マニラでは、お好み焼き店の出店が昨年から続き、お好み焼きブームとなっています。これからの展開が楽しみですね。

     

    ブログにも掲載してますので、ぜひご覧ください。
     

    2016年06月22日更新

    広告
    広告

    コメントを投稿

    コメント歓迎! 特に掲載内容に変更・間違い等ありましたらコメントを送りください。
    コメントを入力:
    ※掲載内容に関するご質問、ご予約は上記の連絡先にご連絡ください。
    ※掲載内容の相違、ご意見ご要望はここにご連絡ください。

    ※投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    広告

    その他レストラン情報

    【アラバン】アラバンに2019年オープンした接待(ランチ、ディナー)にぴったりな和食レストラン。刺身、和牛・押しずし等のアラカルト料理ほか接待用のコースも各種取り揃え、寿司カウンター、個室、座敷も用意。大切なお客様のおもてなしにぜひ利用したいレストランです。日本人料理人が在中し、腕を振るいます。
    【マカティ】銀座でA5ランク高級黒毛和牛を提供している「YAKINIKU A FIVE徳」が2020年1月23日、リトル東京にオープン。日本でのノウハウを活かし、炭火を使用した高級焼肉店として展開していきます。
    【マカティ】グリーンベルト1から徒歩6分の好立地 NEW OPEN。マカティで和牛を美味しく!お得に!納得価格で!食べられるお店
    【オルティガス】元気寿司グループの高級寿司を提供する千両・sen-ryo Podiumがモール(マンダルヨン市)にオープン。千両といえば日本では、素材にこだわった回転寿司として知られるが、ここフィリピンでは、テーブル席と掘りごたつ形式の個室で。
    【マカティ・ポブラシオン】当店の厨房で、朝からじっくり、ゆっくり時間をかけてコトコト煮込んだ自家製らーめん&ラーメンスープ。
    【マカティ】2018年12月にマカティのチノ・ロセスにオープン。厳選高級品の和牛から、ホタテ、エビ、カニなどの新鮮な海鮮を取りそろえており、一押しは美味しい物だけを選び抜いたタラバガニ。全ての海鮮は北海道から急速冷凍をさせ、直輸入している。
    【リトル東京】和食を愛するフィリピン人が経営する居酒屋。日本人の板前に鍛えられたフィリピン人シェフが厨房を仕切る。当店いちおしの博多とり皮は、3日間かけてじっくり脂を落とした逸品。
    【マカティ】かつてマカティのジュピターストリートに構える日本食レストラン「萬月」のシェフが指導をしたスタッフがシェフの監修を得て、新たにサンアントニオビレッジにオープンしたラーメン屋。
    元力士が造る本格ちゃんこ鍋の店。鍋のスープは数十種類の素材を長時間かけて毎日仕込むこだわり。野菜もタップリで、日頃の野菜不足も解消間違いなし。
    【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。巷ではTKBと呼ばれ、日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。

    食べる

    ジャンルで探す

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel