ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > 7107 Culture + Cuisine Restaurant ※現在はGCQ中のため、営業情報が異なる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

7107 Culture + Cuisine Restaurant

【フォートボニファシオ】フィリピンにはフィリピン料理のレストランが多くありますが、7107 Culture + Cuisine Restaurantは他のレストランとは少し異なります。そこは、フィリピンの伝統的な料理を美しくもてなすフードホール。あなたが思う普通のフィリピン料理とは違った、再発見ができるはずです。

①店内はスタイリッシュでオシャレな雰囲気。

②こちらがそのスナックです。

③シーフードがたっぷり詰まっています。

④フレッシュなドリンクで喉を潤して。

⑤チョコレート・ビナゴオンガァンとトンカツビコール・エクスプレス。

 

フィリピンにはフィリピン料理のレストランが多くありますが、7107 Culture + Cuisine Restaurantは他のレストランとは少し異なります。そこは、フィリピンの伝統的な料理を美しくもてなすフードホール。あなたが思う普通のフィリピン料理とは違った、再発見ができるはずです。今月オープンしたこのレストランは、Project 7107 Inc.とTreston International College、MASE Investments Inc.の共同プロジェクトで、文化と伝統を創造し育てる事を目的としています。そして、地元の最高食材を使用した料理は、普通のフィリピンの食卓に並ぶ料理にならないよう努めています。テイスト別にフィリピン料理を提供する、“Kanto”、“ Dampa”、“ Talyasi”、“ Himagas”という4つのフードセクション。それぞれの特徴をご紹介します。Kantoフィリピンにはミリエンダという、食事と食事の間にスナックを食べる習慣があります。そのスナックとして好まれるのが、ストリートの屋台フード。こちらでは屋台フードの軽食を提供しています。フィリピンの屋台フードについてはこちら フィリピン屋台料理Dampaこちらでは、様々なシーフード料理が提供されています。フィリピン料理には人気のあるシーフード料理が多くあり、代表的な魚のバンガスを使った料理やクラムチャウダーのようなスープも。Talyashiこのセクションには、ユニークなフィリピン料理が用意されています。以前はお祭りの日に食べていた料理が、今は年間を通していつでも食べられるようになりました。そういった料理をアレンジしたユニークメニューがラインナップ。それは、ココナッツミルクと豚肉を唐辛子で煮込んだ料理、ビコール・エクスプレス&トンカツといったミックス料理です。豚肉を炒めたビナゴオンガァンのチョコレートソースかけも!Himagos最後は甘党の人のためにピッタリなセクション。プリンのようなフィリピンのデザート、マハブランカやハロハロ、チョコレートケーキです。フィリピン料理を食べ過ぎて飽きた!という方にもフィリピン料理をあまり知らない方も是非、一度訪れて見てください。

 

 

ブログにも掲載してますので、ぜひご覧ください。
 
 

 

 

 

 

 

店舗情報

  • 住所 : G/F Treston International College, University Parkway District,32nd street corner c5 road bonifacio global city, taguig city
  • TEL : 02616-7336
  • 営業時間 : 9時~21時(月曜日~土曜日)、9時~18時(日曜日)
  • WEB : www.7107restaurant.ph/
  • FB : 7107restaurant
  • 2016年05月16日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    本格的なフィリピン料理に挑戦してみたい!という人におすすめのレストラン。店内はおしゃれながらもアットホームな雰囲気。
    【マカティ】enjoy Philippines X'mas,年末・年始の パーティにぴったり!
    【マカティ】おしゃれなレストランが集まるパソン・タモ・エクステンションのKarrivin Plazaに、2016年3月にオープンしたばかりのモダンなフィリピン料理レストラン。かつてBlack Sheepのシェフとして活躍したJordy氏とJP氏が作り出す料理は、味付けや食材こそフィリピンのものだが、伝統とはかけ離れた独創的な料理。
    【マカティ・レガスピ】代々継承したレシピにオーナーのアイデアを加え、若者から高齢者まで楽しめるメニューが特徴。常連の日本人客もおり、店内はいつもローカルのリピーターや外国人で混雑している。
    【マカティ】1938年に創設され、長年フィリピンの人々に愛されてきたこちらのレストラン。Pancit LuglogやArroz Caldo、Lumpiang Ubod Sariwa を初めとするメリエンダフードから、伝統的なフィリピン料理が気軽に楽しめる。
    【タギッグ】日本人の間でもよく知られたフィリピン料理店XO46の系列。フィリピン北部に位置するヌエバ・エシハ州の料理を提供している。
    【タギッグ】食の都と言われるパンパンガ州の料理が主なメニュー。魚を開いて姿フライにしたBinukadkadna Pla Plaは見た目も楽しめ、一番人気。
    【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。巷ではTKBと呼ばれ、日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。
    【マカティ・レガスピ】料理にソースをかけるのが大好きなフィリピン人の食欲を満たすために、シェフのJP Anglo氏がソースたっぷりにアレンジしたフィリピン料理が満載。
    【マカティ・レガスピ】料理を手掛けるのは、ラグナ州リリウ市出身の若手シェフ・Justin氏で、幼い頃から食べていた祖母の手料理を再現したメニューを提供。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    BGC

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    ケソン

    マンダルヨン

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you