ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報 > Lè Gastrō ル・ガストロ

Lè Gastrō ル・ガストロ

オルティガスに構えるファインダイニング。メニューよりまず先にお肉などの素材を選ぶスタイルで、選んだ素材によってはメニューに載っていないものをリクエストすることも可能。

ラウンジでゆったりくつろぐ

 

 

オルティガスに構えるファインダイニング。メニューよりまず先にお肉などの素材を選ぶスタイルで、選んだ素材によってはメニューに載っていないものをリクエストすることも可能。お店に入るとまずバーへ案内され、ミクソロジストがウェルカムドリンクで出迎えてくれる。そこからはシェフとソムリエが今日の素材とそれに合うワインを提案。パーソナライズされたメニューを楽しむことができるユニークな体験になること間違いなしだ。ウォークインも大歓迎。

 

 

 

バーではミクソロジストがウェルカムドリンクを用意してくれる

 

 

ダイニングエリア

 

 

料理の前に食材を選ぶユニークなスタイル

 

 

US Prime Rib

 

 

Japanese Paella

 

 

Seared Tuna

 

 

 

Thai Fish Red Curry

 

 

 

 

 

※画像を左右にスクロール出来ます。

店舗情報

  • 住所 : Citadines Millennium Ortigas,11 Ortigas Avenue, Pasig
  • TEL :  0968-887-0225
  • 営業時間 : 月曜 6時~24時/火~日曜 18時~22時30分
  • FB : https://www.facebook.com/LeGastroPH/
  • Instagram:legastroph
  • 2022年04月20日更新

    広告

    コメントを投稿

    コメントを入力:
    質問等は店舗・企業に直接ご連絡ください。
    広告

    その他レストラン情報

    オルティガスに構えるファインダイニング。メニューよりまず先にお肉などの素材を選ぶスタイルで、選んだ素材によってはメニューに載っていないものをリクエストすることも可能。
    お刺身やお寿司などの日本料理、フォアグラやステーキなどのヨーロピアン料理がメニューに並ぶコンテンポラリーレストラン。厨房に立つのは、かつてサルセドに構えたステーキハウス「Smith Butcher」のシェフ。
    1965年創業の米国ステーキチェーン店。店内はオリエント急行をイメージしたデザインになっていて落ち着いた雰囲気だが、全体的に過度にかしこまっているわけでは無く、節度あるカジュアル感が心地良いお店。
    【マカティ】マニラでよく知られたデリカテッセン、SANTISのスイス人オーナーが自らプロデュースしたスイスの本格家庭料理が味わえるレストラン。
    115年もの歴史をもち、フィリピンでも有数の伝統を誇るジャーマンクラブ。長きにわたり、フィリピンのビジネスパーソンや政治家、駐在員の方々がご利用されて来ました。
    ケソン市に構えるヨーロピアンレストラン。レストランひらまつ博多、東京のオーベルジュ・ド・リル、ポール・ボキューズなどのフレンチミシュランレストランで副料理長・料理長を歴任された目野氏が手掛ける。
    シャルキュトリーボックスの他に黒トリュフチーズやはちみつなどの商品の販売も行っている。
    ハム、チーズ、ローストナッツ、クロスティーニ、ドライフルーツ、新鮮なフルーツなどの食べ物から好きな組み合わせを選べるグレージングボックス。
    アルコール+ステーキのボックスは、ビール、ウィスキー、ワインのいずれかと、調理前のUSDAボンレスリブアイ、ナッツのボトル、ステーキの調味料がセットに。
    生ハムやチーズの他に、チーズといただくと美味しいトリュフはちみつ、ボックスに収まるミニサイズのワイン、キャビアパイなどのオリジナル商品を売りにしている。

    食べる

    ジャンルで探す

    フィリピン デリバリー・テイクアウト情報

    地域で探す

    マカティ

    タギッグ

    マニラ

    アラバン

    パサイ

    ケソン

    マンダルヨン

    パシッグ

    ルソン島北部

    ルソン島南部

    リゾート

    ミンダナオ

    パラニャーケ

    フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 ジョブプライマー  |   BERENTA:Find the condo that suite you