ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報

食べる 月間アクセスランキング

駐車場も完備された便利な立地に加え、リーズナブルな値段で知られる食材店。マニラの日本食材ならこちらへ!
【ケソン】ふわふわした食感が特徴の台湾カステラの名店。日本のカステラを熟練職人のTai-Cheng Lu氏が学び、オリジナルのカステラを台湾の淡水で編み出したのが始まり。2019年6月にはケソン市のイーストウッドでマニラ1号店をオープン。
豊富な品揃えに定評があるマニラの食材店。基本的な日本食材に加え、 生鮮食品が置いてあるのも魅力の一つです。
マツダカーショウルームと日本料理の寿司カウンター、カフェバーを併設したスタイリッシュなジャパニーズレストラン。寿司職人が握る本格江戸前寿司、特に大トロ寿司は絶品です!
和牛を美味しく!お得に!納得価格で!食べられる焼肉店・Yakiniku-Hiroでは現在オープン一周年記念のプロモを実施中!大好評につき期間を延長し3月31日まで、Primer読者特典で和牛全品20%off でご利用いただけます!一番搾りの樽詰生ビールと一緒に美味しい焼肉をお楽しみください。
【マカティ】1月、リトル東京にオープンしたA5ランク高級黒毛和牛を提供している「YAKINIKU A FIVE徳」高級店のひしめく銀座で培ったノウハウを活かし、炭火を使用した高級焼肉店として人気を博している。
元力士が造る本格ちゃんこ鍋の店。鍋のスープは数十種類の素材を長時間かけて毎日仕込むこだわり。野菜もタップリで、日頃の野菜不足も解消間違いなし。
 2014年から営業しているアットホームな和食レストラン。焼肉に限らず、ランチ定食、お寿司、お刺身、揚げ物、ご飯ものなどたくさんの料理がメニューに並ぶ。
9   山崎 Yamazaki
【マカティ】1998年の創業から日本人に親しまれてきた日本食レストラン・日本食材店。お弁当の配達も行っている。
日本人パティシエが手掛けるパティスリー。コミュニティー隔離期間でもおいしいパンやケーキなどが楽しめる。現在はクリスマスケーキの予約も受付中!営業時間は9時〜17時まで。
【アップタウン】アメリカで450店舗以上展開しているステーキチェーン。USDA認定チョイス級のビーフを使用。機械は使用せず、職人が手で切る「ハンドカット」にこだわる。ステーキを注文すると調理前のお肉のディスプレイへ案内してくれるので、好きな肉を選ぼう。程よい塩味で整えられたステーキは日本人の口にも合う味付け。
12   Unakichi うな吉
マカティシネマスクエアに構えるウナギ専門店。マカティシネマスクエアに構えるウナギ専門店。テイクアウトのほか、P100の追加料金でマカティとBGCへデリバリー可能。P4,000のオーダー以上でアラバンへも対応。別途P500のデリバリー費が掛かります(スカイウェイ使用のため) 【配達対象エリア】 マカティ・BGC・アラバン 【営業時間】 11時30分~21時 (デリバリー) 【電話番号】 02-7728-2072 【公式FB】 UNAKICHIMAKATI
【リトル東京】日本人やフィリピン人グルメに人気の和食レストラン。コミュニティー隔離期間中もテイクアウトを実施中!営業時間は11時〜21時まで。オーダーは電話やメッセージ(02-8894-3855/0916-514-2355)まで。
14   FUKUDAYA 福田屋
【BGC】新鮮な和食を提供する福田屋。コミュニティー隔離期間中でもご自宅で楽しめるよう、テイクアウトとデリバリーを開始しました!BGCの指定コンドミニアム(アリヤレジデンス、トライオンタワー、セレンドラ)へは自社で配送中。1500ペソ以上のオーダーの場合、無料で配送中。BGCエリア以外へは各自でデリバリーサービスの手配が必要。
【ラグナ】1996年創業、パサイロード沿いの小さなラーメン屋として始まった。その後、ラグナ、バタンガス、カビテに支店を出し、日本人客のニーズに合わせてメニューも拡大。今では300種類以上の料理を提供し、裏メニューも200種類以上用意されている。
【マカティ・レガスピ】日本国内80店舗、ベトナムホーチミン2店舗運営する「屋台居酒屋 大阪満マル」のフィリピン1号店。2019年3月にマカティシネマスクエアにオープンした。
 日本食の他に、韓国料理や中華料理もメニューに並ぶ。リーズナブルな価格で、ディナー時は満員になる人気店。
2021年にオープンした和牛専門店。使用する和牛は単一生産者の神戸牛のみ。
ウェスタンをテーマにしたステーキハウス。サイパンで長年ステーキハウスを営んできた日本人オーナーシェフの田部井氏の料理が日本人、フィリピン人問わず大人気。看板料理のリブアイスステーキはUSDA認定グレードAのアンガスビーフを使用。リーズナブルかつ美味しいステーキを食べたい人におすすめ。
【タギッグ】一口サイズに切ったレタスにたっぷりのブルーチーズドレッシングを和えて、上にプチトマト、ベーコン、ポテトステッキ、ゆでたまご、そして温かいグリルチキンを彩りよく並べたコブサラダ。たんまりかけたおろしチェダーチーズでアメリカンな味に。
21   YAMAZATO 山里
【パサイ】ホテルオークラマニラ和食料理店 毛利隣乃介監修の繊細な品々を、ご自宅で寛ぎのひとときにお愉しみいただける、Okura At Homeサービスを開始いたします。
パサイのカルティマールにある日本人経営の日本食レストラン。カラダにいい素材の質にこだわった、豆腐、大葉味噌のやパクチーソースのほかにレトルト、冷凍食品もデリバリーしてくれる。新しい商品も随時誕生しているので、ぜひFBをのぞいてみましょう!
23   Ogawa おがわ
【タギッグ】BGCに構える本格和食。エドサシャングリラホテル内のレストラン「稲穂亭」と「錦」でシェフを務めた実力派シェフの小川記由さんが腕を振るう。コンセプトは純粋な日本料理。フィリピン向けに味を変えず、本来の日本の味をお届けしている。
【マカティ】ラーメンとお寿司のお店
25   樹海 Jyukai
日本食材店てっぺんのすぐ横にある隠れ家的な和食レストラン。ほっこり和食料理をリーズナブルな価格で提供。当店おすすめは樹海盛りさしみ(P1,100)、ちらし寿司(P480)。P270~280のランチ定食もコスパ抜群。
秋田県人なら知らない人はいない郷土料理の数々を、ここマニラで楽しませてくれるのが秋田屋。
立ち食いそばの名店「小諸そば」のフランチャイズ店で、今から23年も前にフィリピンに上陸した老舗。ローカル向けにコストを抑えつつも、日本と同じクオリティーを維持しながら今日に至り、今では各地に4店舗の支店を構えている。その小諸そばから、マカティ・BGCのオフィスランチ向けに小諸弁当デリバリーサービスが始まりました。
マカティメディカルから徒歩2分、日本人に嬉しい商品がばっちり揃う、台湾グロッサリーがあります!豊富に揃ったコスメコーナーには、TSUBAKI、MACHERIEと言ったヘアケア用品をはじめ、Biore、豆乳イソフラボンなど、日本人にはお馴染みの商品がずらり。
【マカティ】マカティで最も古いショッピングモールの一つとも思われるマカティシネマスクエア。しかし今でもたくさんの人気レストランで溢れています。モールの奥にたたずむ「満福ステーキハウス」はそんなレストランの一つ。手ごろな値段で美味しいステーキが楽しめる、ジャパニーズレストランです。
1989年から営業する、高級日本料理を味わえるレストラン。食材は東京の築地市場から空輸して取り寄せています。寿司や刺身に加え、近江牛を使った焼肉、しゃぶしゃぶ、鉄板焼きを提供。現在は豪華なテイクアウトメニューを展開中!
【マカティ】日本初、世界中に1000を超える店舗を持つ「グローバル・カレーチェーン」。マニラ初店舗は2016年1月にオープンし、現在は5ヶ所に支店を構える。コクがたっぷりのオリジナルカレーソース、そして目移りするほど多彩なトッピング。
アットホームな店内で、新鮮な刺身や美味しいお酒が楽しめます。仕事帰りや飲んだ後のシメとして、マカティに住む日本人に人気のお店です!
マニラで美味しい蕎麦や鴨料理を楽しめる店舗。焼酎は20種類以上を揃えています!営業は月〜金曜日の17時〜23時まで、土日は休みです。お問い合わせやご予約は0917-170-7790/0921-215-0862/02-7211-57755/02-8255-1071まで!
34   慶操 Keizo
【タギッグ】ブルゴスサークルにひっそりと構える和食レストラン。BGCとマカティはフリーデリバリーを実施中。デリバリーは最低500ペソから。冷凍の手作り牛丼の具や、冷凍餃子といった冷凍食品も販売している。営業は火〜日曜の11時30分から14時30分、17時〜20時30分まで。詳細はお電話(02-8403-3839)から。支払いはBDOのオンライン振り込みも可能。
【マカティ】マカティのパサイロードに位置する、隠れた洋食のお店。コミュニティー隔離中は11時〜19時まで、テイクアウトとデリバリーを実施中!詳細はお電話(02-8893-7425)でご確認を。デリバリーはマカティ内でP1000以上から、デリバリー代はP100。
食の激戦区大阪2店舗を構える「鉄板焼満月」より大河内氏が常駐する海外第1号店。当店は鉄板焼カウンターと個室で構成。
リトル東京から徒歩3分。緑の看板が目を引く日本・韓国グローサリーが、Teppen(てっぺん)です。韓国食材はもちろん、日本製の調味料やお菓子、フレッシュ野菜も手頃な価格で提供しており、フィリピン国内では珍しくラーメンスープも販売しています。
【マカティ】かつてマカティのジュピターストリートに構える日本食レストラン「萬月」のシェフが指導をしたスタッフがシェフの監修を得て、新たにサンアントニオビレッジにオープンしたラーメン屋。
お弁当配達サービスのある日本食レストラン「ときわ食堂」ときわ食堂のお弁当と一緒に「よろずや」の食材も配達可能。
ショコラティエ(チョコレート専門のお菓子職人)のメトレ(フランス語で「師匠」の意)を意味するこちらのお店は、その名の通りチョコレートの専門店だが、全てのメニューがデザートだと思ったら大間違い。
2019年7月にパサイ市からマカティのリトル東京に移転、かつて「うらめし屋」があったところで新しく営業スタート。とんこつ醤油に自信があり、某有名ラーメン職人が監修する本格派ながら、価格帯はなんとP250からと良心的でその上、お替わり無料の白飯も付いているというのが驚きだ。
【パシッグ】オルティガスのアヤラモール内にある日本式寿司屋。お店のスタイルはまさに日本の回転寿司そのもの。あえてカウンター席は設置せず、子連れのファミリーでもテーブル席でゆったりくつろげる。
 2020年9月にオープンした焼肉店。USビーフと和牛のどちらも提供。焼肉以外の和食メニューも豊富で、11時30分~14時の間はP300前後のお得なランチセットも提供。
料理、雰囲気ともにマニラで人気を博す本格イタリアンのカルーソの味を、外出規制中も楽しめます!テイクアウトのほかFood Panda経由などでデリバリーも提供。パスタやピザ、リゾットや魚料理など、幅広いイタリアンメニューをオーダーできます。その味を知られた自家製パスタやソースの味を堪能してみましょう。
ランチは定食でカジュアルに、夜は個室で接待にと、日本人のツボを押さえた一軒です。
マカティのSunvar plazaにお店を構える、老舗の焼肉屋さん三田屋がリニューアルオープンしました。創業から17年目になり、以前のお店には元アキノ大統領もお忍びで通うほどの焼肉店。
【マカティ】サルセドにオープンした日本人経営のおしゃれなカジュアルダイニング。店舗を開く前はサルセドマーケットで一年半ほど出店をしていた。オーナーとシェフが名古屋出身のため、手羽先や串かつなど名古屋のストリートフードを中心とした日本食が主なメニュー。
【タギッグ】宮崎牛がふんだんに楽しめる、その名も「宮崎牛」。BGCのOne McKinley Place1階にある高級レストランだ。メニューを手掛けるのは本国内やシンガポールで「NIGIRO」など多くの飲食店を手掛ける坂井謙介シェフ。宮崎の厳選された牧場から牛を丸1頭仕入れており、焼肉、しゃぶしゃぶ、和牛寿司、ステーキ、ローストビーフなど、お肉を楽しめる様々なメニューを用意している。
日本の食材を幅広く取り揃える「神戸屋」が、マカティアベニューに新規OPEN!
お取り扱い商品: 調味料・麺・魚介類,スナック・アイスクリーム,清涼飲料・菓子類,野菜 • 焼酎 • ウイスキー
50   YAYOI やよい軒
【マンダルヨン】定食料理の半分以上は日本からの食材を使用。お米は日本産で、やよい軒ならではのふっくらしたご飯をフィリピンでも楽しめるのは嬉しい。「なす味噌(みそ)とサバの塩焼き定食」「すき焼き定食」といった定番メニューに加え、海外向けのオリジナルとして「照焼(てりや)きチキン定食」を提供する。
【マカティ・レガスピ】ケーキのテイクアウト専門店。P700~900のホールケーキを販売。デリバリーも行っており、当日オーダー可。
フランス語でサーロインステーキを意味するl'entrecôte。その名の通り店の看板メニューはステーキ。さらに、スイス生まれのオーナーシェフが生み出す、スイス、フランスといった欧州料理に独自のシンプルなアレンジを加えた様々なメニューを楽しめる。
【マカティ・グロリエッタ】和食むさし丸 Glorietta2 Japan Town店
【ケソン】ケソン市に構える日本食材店「ニューはっちん」の食材店と飲食店が一体化した新コンセプト。これまでのニューはっちん同様日本の食材の販売と同時に、サラダやカレーなどの食事、コーヒーやお酒などのドリンク、そしてマカティでおなじみのPatisserie Bebe Rougeで売っているケーキなどのスイーツを店内で楽しむことができます。
【マカティ・サルセド】やっぱり生でしょう!サッポロ生ビール始めました!
【マカティ】全てのSMモールに附属されているスーパー。カルティマールなどにある庶民向けのSavemoreもSM系列。
チーズやバターなど乳製品を販売。自家製ミルクアイスを作ったら、あまりの美味しさに自分でビックリ! 
【マカティ】ナポリ風ピザを専門とするイタリアンレストラン。11時〜19時30分までテイクアウトとデリバリーが可能。注文量や配達の状況によってはケソン市やアラバンまでデリバリーも可能とのことなので、まずはお問い合わせを。メニューは公式FBから。デリバリーのオーダーは7978-8325か0917-677-8325まで。
【マカティ】1995年から営業している老舗。座敷、テーブルともにゆったりと配置された店内は、日本の居酒屋そのもの。店内は170~180席と広く、最大12席の個室を5部屋完備。
60   Miyazaki 宮崎
【アラバン】新鮮で安全な日本食を提供している宮崎(Miyazaki)では、寿司をはじめ様々な日本食を提供している。肉類、海鮮類、野菜類など、顧客のさまざまな要望に柔軟に対応。
最低P300のご利用でコーヒーゼリー1個プレゼント 2020年6月30日まで
【マカティ】マニラでよく知られたデリカテッセン、SANTISのスイス人オーナーが自らプロデュースしたスイスの本格家庭料理が味わえるレストラン。
上品で香り高いゆず風味のつけ汁と、弾力あるモチモチした歯ごたえの麺は相性抜群。
【フォートボニファシオ】BGCのハイストリートにある丸亀製麺。価格は200ペソ以下でとてもリーズナブル。注文方法は日本と同じく、セルフスタイルで天ぷらなどを選びお会計へ行くシステムになります。
マニラに12店舗以上展開する老舗デリカテッセン。生ハム、ソーセージ、チーズ、パン、ワイン、その他高級なヨーロッパの食材を提供し、その品揃えには定評があります。現在はクリスマスプレゼントにもぴったりの、食材詰め合わせセットも販売中!
【パサイ】ニューヨークのステーキの名店。日本でも六本木など4か所に構え、高級ステーキハウスとして名を馳せている。昨年2月にマニラに上陸し、ちょうど1周年を迎えたところだ。当店は極上のUSDAプライムビーフを使用し、約28日間ドライエイジングを施している。
シーフードと野菜がたっぷりの中華あんを豪快にのせたあんかけラーメンは、同店の数あるメニューの中でもオーダー率No1。
リトル東京の向かいに建つヘラルド・スイーツホテル2Fに店を構える本格日本料理店。
2013年にマニラにオープンした日本の人気店。豚王、黒王、赤王、翠王という4種のラーメンが看板メニュー。
【アラバン】2019年オープンした接待(ランチ、ディナー)にぴったりな和食レストラン。コミュニティー隔離中はテイクアウトとデリバリーを実施中!営業時間は11時〜18時。デリバリーはアラバンエリアに対応しており(P50)、ララムーブなどでも受付中。ハンバーグ定食など定番メニューはP350から。
71   牛門 GYUMON
マラテのパン・パシフィック・ホテルにも支店を持つ本格焼肉店。
72   漁火 Isaribi
【リトル東京】店名から想像がつくとおり、新鮮な魚介類が自慢。日本やフィリピンの海から取り寄せた旬の素材を、卓上の網焼きコンロで好きな風に焼いていただく。
【マカティ・レガスピ】枝豆や冷ややっこといったおつまみのほか、煮物や焼き物など、日本の居酒屋や割烹料理でおなじみのメニューが勢揃いです。肉じゃが(280ペソ)、タコの唐揚げ(350ペソ)などと単品の注文はもちろん、お手頃なお一人様特別メニューも。
日本人、フィリピン人共に高い人気を誇るお手頃価格の日本食レストラン。マカティシネマスクエアに店舗を構え、姉妹店の「焼肉剣心」もすぐ隣に位置している。
【パサイ】ダルマヤ日本食品センターは、全ての日本食材が揃うショップです。
【ブルゴス】ブルゴス周辺のスパニッシュレストランと言えばこちら。日本人の間でも定評があり、多くの日本人リピーターが訪れるそう。中で もランチタイムのビュッフェが人 気が高く、P695とリーズナブル。アラバンやケソン市にも支店を持 つが、ここ本店の味が一番おいしいと評判だ。
【マカティ・レガスピ】グリーンベルトの筋向いに構えるカフェレストラン。コーヒーはインドネシアでもトップのコーヒー豆業者のMerdeka Coffeeから。メニューは主にオーストラリアとニュージーランドの料理で、ピザ、パスタ、サンドイッチなどの軽食が多い。
【パラニャーケ】パラニャーケ唯一の日本食材店。お弁当配達サービスのある日本食レストラン「ときわ食堂」に併設。ときわ食堂のお弁当と一緒に食材も配達可能。
79   Kyo-to 京兎
【マカティ・レガスピ】完全予約制の本格的な懐石料理店。ビルの1階にひっそりとある隠れ家的な店舗はVIP感たっぷり。店舗は明るい木目調に本物の日本画でシンプルに飾られた上品な内装で、4室ほどの個室とカウンター席のある部屋1室という構成。
【タギッグ】こちらはBGCのTrion Towers1階のワイン屋Ralph's Wine and Spiritsと場所を共有する日本人女性経営のパティスリー。保存料を使わないパンやペストリーは多くの日本人やエキスパットに人気だ
【タギッグ】パラニャーケの高級住宅街BFホームズに始まり、現在マニラ各地に13店舗ほど構える。ラーメンは比較的さらりとした豚骨スープとストレート麺を使用。
【マカティ】関西風と広島風の美味しいところの選りすぐったお好み焼きを、岡山出身のマスターがカウンターに立って作る。コミュニティー隔離期間はテイクアウトを実施中!営業時間は11時〜19時まで。ラストオーダーは18時30分。注文はSmart:0912-858-1635 もしくはGlobe:0915-773-9607までお電話かテキストで。
世界に約500店舗!! さぼてんだからできた、変わらぬ美味しさをここで。
84   Wagyu 和牛
【タギッグ】マカティ・シネマ・スクエア近くにオープンし、日本産の最高級和牛を提供することで話題になった隠れ家的レストラン。その2号店はBGCのブルグスサークルに構える。レストランの他に精肉店も兼ねており、調理前のお肉を買うこともできる。
マリネした魚やノルウェーサーモンのフィレなど、公式サイトでは魚介を多く取り扱う。缶詰やスナック、デリカッセンなどの販売も。メトロマニラを中心に配達しており、土日に注文した商品が翌週の水曜もしくは木曜日に届く。詳細は公式サイトをチェックしよう!
『バタンガス』バタンガスへお越しの際は和食でほっと一息。ぜひお立ち寄り下さい。
【マカティ・レガスピ】蒸留酒製造Tanduay(タンドゥアイ)がプロデュースするレストラン。巷ではTKBと呼ばれ、日本人シェフとフィリピン人シェフが作る和食とフィリピン料理のメニューをタンドゥアイのラム酒を使ったドリンクと楽しめる。
【マカティ】品揃えと価格に定評があるマカティのスーパー。アラバン、ケソン市、ヌバリにも構える。
【マカティ】居酒屋「剣心」から、激安タレ焼肉店が2019年1月にオープン。ビーフカルビガーリックバター (P259)やツボ漬けカルビ(P369)など、種類豊富で価格もリーズナブル。自分でタレを選べる「ソースバー」では、お肉に合わせてお好みのタレをあれこれ試すことができる。
90   Kumori くもり
【マカティ】ランドマークやSMのスーパーの手前に店舗を構える。とろけるように柔らかい半熟チーズケーキが看板料理で、他にも多種類のスイーツやパンを販売している。
【パサイ】プロ仕様の日本食材が豊富にそろうカルティマールのKagra Martが移転、リニューアルオープンしました!
【タギッグ】みんなの大好物、ミルクレープがBGCのモール内でも味わえるようになりました♪東京発のケーキブティック&カフェ、ペーパームーンが、BGCのアップタウン・プレイス・モールにもオープンしました。東京でケーキの第一人者と知られている、エミ・ワダ氏作の美味しいスイーツが店内を彩ります!
昔懐かしい日本の伝統的な和菓子「鯛焼き」が、フィリピンでも食べられるって知ってました?
毎週日曜日の午前中に開催されるレガスピマーケット。オーガニック野菜や食品を販売するブースが集まったゾーンは必見。また、フェアトレード商品、美術品、骨董品、ぬいぐるみなど、数多くの雑貨屋が並びます。このページではその一部のお店を紹介します。
昨年10月にプレオープンしたミートショプ。
Beaconの1階にある中華グロッサリー。品ぞろえは抜群で、中国製のインスタント食品をはじめ、スーパーではあまり売っていない調味料や漢方薬なども揃える。
【マカティ】オープンして約10年、口コミだけで広まっていったサルセドの隠れた名店。階段を3階まで上がったところにある赤い扉が目印。USDA認定のプライムやスーパープライムなどの特上ビーフもあるが、マニラでは珍しいダブルゴールドビーフも是非味わってみてほしい。
【アラバン】2018年8月創業。バコロドにあるCoffee Culture Roasteryとエスプレッソマシンのサプライヤーのコラボによって誕生した。イロコス地方にあるベンゲット州で採れたコーヒー豆を使用。カジュアルな工業系インテリアがおしゃれ。
【パラニャーケ】本格焼き肉レストラン。和牛やホルモンなどがリーズナブルに楽しめることから話題を呼んで、すでに人気店。オーナーの大田氏が日本から食材を運んでいるため、クオリティの高い品を低価格で味わうことが出来る。
【アラバン】アラバンのウェストゲートに構える日本人経営の和食レストラン。おすすめの目玉焼きカレーは二つの目玉焼きがご飯の上にトッピングされたボリューミーなカレー。

食べる

ジャンルで探す

フィリピン 外出規制中デリバリ情報

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン求人 求人プライマー