ブログ
食べる
経済ニュース
コラム
求人情報

HOME > レストラン情報

  フィリピン フィリピン レストラン情報

    様々な国の文化が入り交じったフィリピン。中でも食文化はかなり発展しています。イタリアン、スパニッシュ、フレンチ、中華、その他西洋料理、アジア料理、バーやクラブなどなど。日本料理店もフィリピンで大人気!有名店から隠れた名店までプライマーがご紹介します。
広告
広告

フィリピンの月間アクセスランキング

【グリーンベルト】2002年にオープンして以来、モダン風にアレンジした伝統のフィリピン料理で多くのグルメを唸らせてきた人気店。日本人の間で最も知名度の高いフィリピン料理レストランと言っても過言ではないだろう。フィリピン料理初心者はもちろん、上級者も大満足のレベルの高い料理が楽しめる。
マラテにある老舗フィリピンレストラン、Bistro Remedios。日本から来た友人・家族を招待するのにぴったりです。
3   豚特集
鶏肉、牛肉とならび、世界的に食されている豚肉。豚そのものもその愛嬌ある姿で、悠久の昔から私たちの生活と深くかかわって来ましたが、その栄養価となると、これはすぐれもの。
昔、昔、デートの帰り道、そこにはいつもアリストクラットがあった。老舗のフィリピン料理レストランン。
大人気は、ご飯にもビールにも合うイカのグリルとポークシシグ。グリーンマンゴシェイクも美味!
 
広告
広告

フィリピン

【アラバン】フィリピン各地のモールに100店舗以上展開する庶民派フィリピン料理店。豚足を丸ごと揚げたクリスピーパタはパリッとした皮とジューシーな肉が美味しい。
【アラバン】フィリピン各地のモールに100店舗以上展開する庶民派フィリピン料理店。豚足を丸ごと揚げたクリスピーパタはパリッとした皮とジューシーな肉が美味しい。
【タギッグ】毎月2,000~4,000頭のレチョンを販売しているセブ発祥の人気店。レチョンをベースにアレンジした様々なフィリピン料理を楽しめる他、皮つきの豚ばら肉を炭火で焼いたLiempoなどレチョン以外の豚料理も。
【タギッグ】毎月2,000~4,000頭のレチョンを販売しているセブ発祥の人気店。レチョンをベースにアレンジした様々なフィリピン料理を楽しめる他、皮つきの豚ばら肉を炭火で焼いたLiempoなどレチョン以外の豚料理も。
【マカティ】セブで大人気のレチョン専門店。2017年にはメトロマニラへ展開を開始。各地のセブンイレブンでもレチョンとライスセットを販売している。
【マカティ】セブで大人気のレチョン専門店。2017年にはメトロマニラへ展開を開始。各地のセブンイレブンでもレチョンとライスセットを販売している。
【ケソン】1970年から営業している老舗。リサール州に牧場を持つ。豚は冷凍せずしめてからすぐに焼き、マニラへ運送している。
【ケソン】1970年から営業している老舗。リサール州に牧場を持つ。豚は冷凍せずしめてからすぐに焼き、マニラへ運送している。
【バタネス】Batansを訪れた際のマストトライレストランがここVunong Dinette at Jessica's Place。伝統的なイバタン料理が自慢だ。
【バタネス】Batansを訪れた際のマストトライレストランがここVunong Dinette at Jessica's Place。伝統的なイバタン料理が自慢だ。
【バタネス】ウユガンの静かな自治区にある、昨年オーブ ンした趣のあるガーデンレストラン。まるで 自宅にいるような自家製の料理を提供することで、この地ならではの温かいもてなしを 提供。
【バタネス】ウユガンの静かな自治区にある、昨年オーブ ンした趣のあるガーデンレストラン。まるで 自宅にいるような自家製の料理を提供することで、この地ならではの温かいもてなしを 提供。
【アラバン】マニラ各地に展開するフィリピン料理チェーン。セブから取り寄せたポークを使った豚バラ肉のレチョンLechon Belly de Cebu(1kg/P975)や豚足をまるごと揚げたCrispy Pataなどがおすすめ。
【アラバン】マニラ各地に展開するフィリピン料理チェーン。セブから取り寄せたポークを使った豚バラ肉のレチョンLechon Belly de Cebu(1kg/P975)や豚足をまるごと揚げたCrispy Pataなどがおすすめ。
【マカティ】シシグ、手羽先、レチョン、ステーキなどビールと合うメニューが豊富なフィリピン料理店。一品料理の他、カニ食べ放題(時価)や手羽先食べ放題(P219)などのUnlimited Offers(食べ放題)メニューもお得。
【マカティ】シシグ、手羽先、レチョン、ステーキなどビールと合うメニューが豊富なフィリピン料理店。一品料理の他、カニ食べ放題(時価)や手羽先食べ放題(P219)などのUnlimited Offers(食べ放題)メニューもお得。
【マカティ】マカティ、サンアントニオビレッジの住宅に紛れて佇む小さなレストラン。夜は地元の人が集まる人気のバーになっている。豚ばら肉を揚げたBagnetを素のままで楽しむのも良いし、カレカレやパンシットなど様々なフィリピン料理の具材として楽しむのも良い。
【マカティ】マカティ、サンアントニオビレッジの住宅に紛れて佇む小さなレストラン。夜は地元の人が集まる人気のバーになっている。豚ばら肉を揚げたBagnetを素のままで楽しむのも良いし、カレカレやパンシットなど様々なフィリピン料理の具材として楽しむのも良い。
【アラバン】リーズナブルながらも美味しいフィリピン料理を食べたい時におすすめ。カリカリになるまで揚げたポークを豚の血で煮込んだイロコス地方の伝統料理Crispiy Dinuguanに是非トライしてみて。
【アラバン】リーズナブルながらも美味しいフィリピン料理を食べたい時におすすめ。カリカリになるまで揚げたポークを豚の血で煮込んだイロコス地方の伝統料理Crispiy Dinuguanに是非トライしてみて。
鶏肉、牛肉とならび、世界的に食されている豚肉。豚そのものもその愛嬌ある姿で、悠久の昔から私たちの生活と深くかかわって来ましたが、その栄養価となると、これはすぐれもの。
鶏肉、牛肉とならび、世界的に食されている豚肉。豚そのものもその愛嬌ある姿で、悠久の昔から私たちの生活と深くかかわって来ましたが、その栄養価となると、これはすぐれもの。
【マカティ】おしゃれなレストランが集まるパソン・タモ・エクステンションのKarrivin Plazaに、2016年3月にオープンしたばかりのモダンなフィリピン料理レストラン。かつてBlack Sheepのシェフとして活躍したJordy氏とJP氏が作り出す料理は、味付けや食材こそフィリピンのものだが、伝統とはかけ離れた独創的な料理。
【マカティ】おしゃれなレストランが集まるパソン・タモ・エクステンションのKarrivin Plazaに、2016年3月にオープンしたばかりのモダンなフィリピン料理レストラン。かつてBlack Sheepのシェフとして活躍したJordy氏とJP氏が作り出す料理は、味付けや食材こそフィリピンのものだが、伝統とはかけ離れた独創的な料理。
【マカティ】筑地、アズタイ、シルクロと同系列のレストランで、同じパサイロードのビル内に店舗を構える。お店の前身は、60年代頃にマラカニアン宮殿の近くで現オーナーの母親が経営していたフィリピン料理店であり、マニラでもよく知られている。
【マカティ】筑地、アズタイ、シルクロと同系列のレストランで、同じパサイロードのビル内に店舗を構える。お店の前身は、60年代頃にマラカニアン宮殿の近くで現オーナーの母親が経営していたフィリピン料理店であり、マニラでもよく知られている。
【アラバン】ダンなチャイニーズビストロで、シンガポール、広東、フィリピン料理のバラエティに富んだ料理が人気。中でもThomson Road Roasted Pork Platterが人気。甘辛い特製タレに漬け込み、こんがり焼いた厚切りポークはお好みでそのままいただいても、クアパオに挟んでもよい。
【アラバン】ダンなチャイニーズビストロで、シンガポール、広東、フィリピン料理のバラエティに富んだ料理が人気。中でもThomson Road Roasted Pork Platterが人気。甘辛い特製タレに漬け込み、こんがり焼いた厚切りポークはお好みでそのままいただいても、クアパオに挟んでもよい。
【タギッグ】El Corazonのめざすのは、伝統的なフィリピン料理とスペイン料理の融合、そして現代的な味の追求。スペイン料理はもちろんのこと、フィリピン国内で気軽に食されている料理が、少しオシャレして提供される。
【タギッグ】El Corazonのめざすのは、伝統的なフィリピン料理とスペイン料理の融合、そして現代的な味の追求。スペイン料理はもちろんのこと、フィリピン国内で気軽に食されている料理が、少しオシャレして提供される。
【タギッグ】日本人の間でもよく知られたフィリピン料理店XO46の系列。フィリピン北部に位置するヌエバ・エシハ州の料理を提供している。
【タギッグ】日本人の間でもよく知られたフィリピン料理店XO46の系列。フィリピン北部に位置するヌエバ・エシハ州の料理を提供している。
【タギッグ】ローカルに愛されるレストランブランドを数多く手掛けるMax’s Groupのフィリピン料理店・バー。2018年10月には同グループの老舗フィリピン料理チェーン店「Max’s」を取り込む形でリニューアルオープンした。
【タギッグ】ローカルに愛されるレストランブランドを数多く手掛けるMax’s Groupのフィリピン料理店・バー。2018年10月には同グループの老舗フィリピン料理チェーン店「Max’s」を取り込む形でリニューアルオープンした。
【タギッグ】とんかつ新宿さぼてんなどを手掛けるRaintreeグループが2018年に新しくオープンしたフィリピン料理店。店名の通り、友人や家族と楽しめるようなレストランをコンセプトとしており、フィリピン人にとっては懐かしい味のする家庭的な料理がメニューに並ぶ。
【タギッグ】とんかつ新宿さぼてんなどを手掛けるRaintreeグループが2018年に新しくオープンしたフィリピン料理店。店名の通り、友人や家族と楽しめるようなレストランをコンセプトとしており、フィリピン人にとっては懐かしい味のする家庭的な料理がメニューに並ぶ。
【マカティ】タガイタイにあるPamana Restaurantの姉妹店。ウッドの家具を使った暖かくアットホームなタガイタイ店より少し都会的。壁を飾る古い写真と美味しく作った家庭的なフィリピン料理は同じ。
【マカティ】タガイタイにあるPamana Restaurantの姉妹店。ウッドの家具を使った暖かくアットホームなタガイタイ店より少し都会的。壁を飾る古い写真と美味しく作った家庭的なフィリピン料理は同じ。
【パンパンガ】Abe’s Farmは、パンパンガ州マバラカットの青々とした自然の中にある忙しい現実から心を解き放ちリラックスするには最適な場所。アットホームなファームハウスで伝統的なカパンパンガ料理を楽しませてくれる。
【パンパンガ】Abe’s Farmは、パンパンガ州マバラカットの青々とした自然の中にある忙しい現実から心を解き放ちリラックスするには最適な場所。アットホームなファームハウスで伝統的なカパンパンガ料理を楽しませてくれる。
【マカティ、サルセド】フレンチの調理法を駆使するシェフがアレンジしたモダンなフィリピン料理が好評で、ランチ・ディナーはいつも人が入っている人気店だ。
【マカティ、サルセド】フレンチの調理法を駆使するシェフがアレンジしたモダンなフィリピン料理が好評で、ランチ・ディナーはいつも人が入っている人気店だ。
【マカティ、サルセド】2017年にオープンしたカジュアルなバー・レストラン。シシグやレチョンなどのフィリピンのフィリピン料理やナチョスなどのバーフードなどを提供。
【マカティ、サルセド】2017年にオープンしたカジュアルなバー・レストラン。シシグやレチョンなどのフィリピンのフィリピン料理やナチョスなどのバーフードなどを提供。
【マカティ、サルセド】Citibank Towerの34階に構えるファインダイニングレストラン。かつては「Le Souffle」という名で知られており、20年以上の経歴を持つ著名なシェフ、Jessie Sincioco氏が手掛ける。
【マカティ、サルセド】Citibank Towerの34階に構えるファインダイニングレストラン。かつては「Le Souffle」という名で知られており、20年以上の経歴を持つ著名なシェフ、Jessie Sincioco氏が手掛ける。
牛の骨つき肉を煮込んだスープ、ブラロが有名なお店。3人前から頼むことが出来る。牛骨の旨みを程よい塩加減で調節してあり癖になる味。
牛の骨つき肉を煮込んだスープ、ブラロが有名なお店。3人前から頼むことが出来る。牛骨の旨みを程よい塩加減で調節してあり癖になる味。
70年もの歴史を持つ家をレストランとして2008年にオープン。店内はカラフルなボートオールや100年前のピアノなど、ビンテージものの家具が並ぶ。
70年もの歴史を持つ家をレストランとして2008年にオープン。店内はカラフルなボートオールや100年前のピアノなど、ビンテージものの家具が並ぶ。
【ラグナ、パグサンハン】バグサンハンの美しい通りに沿って建つ伝統的なフィリピンの家。バグネット、ロンガニーサ、シニガン、メチャドといったフィリピン料理はもちろん、イロカノ料理を提供している。
【ラグナ、パグサンハン】バグサンハンの美しい通りに沿って建つ伝統的なフィリピンの家。バグネット、ロンガニーサ、シニガン、メチャドといったフィリピン料理はもちろん、イロカノ料理を提供している。
【マカティ】テレビ番組の司会者やレストランのグルメライターとして活躍するシェフSandy Daza氏が手掛ける正統派フィリピン料理レストラン。また、かつてSandy氏がパリで経営していたフィリピンレストランの創作料理も提供している。
【マカティ】テレビ番組の司会者やレストランのグルメライターとして活躍するシェフSandy Daza氏が手掛ける正統派フィリピン料理レストラン。また、かつてSandy氏がパリで経営していたフィリピンレストランの創作料理も提供している。
【グリーンベルト】2002年にオープンして以来、モダン風にアレンジした伝統のフィリピン料理で多くのグルメを唸らせてきた人気店。日本人の間で最も知名度の高いフィリピン料理レストランと言っても過言ではないだろう。フィリピン料理初心者はもちろん、上級者も大満足のレベルの高い料理が楽しめる。
【グリーンベルト】2002年にオープンして以来、モダン風にアレンジした伝統のフィリピン料理で多くのグルメを唸らせてきた人気店。日本人の間で最も知名度の高いフィリピン料理レストランと言っても過言ではないだろう。フィリピン料理初心者はもちろん、上級者も大満足のレベルの高い料理が楽しめる。
【イントラムロス】White Knight Hotel内にある、Coco Bango Café and Restaurant。マニラの一流レストランとして知られている。料理のほとんどは長年受け継がれたレシピを使い、本場フィリピン料理を提供している。
【イントラムロス】White Knight Hotel内にある、Coco Bango Café and Restaurant。マニラの一流レストランとして知られている。料理のほとんどは長年受け継がれたレシピを使い、本場フィリピン料理を提供している。
ダイナミックなパノラマビューが楽しめるモダンなフィリピン料理レストラン。月曜から金曜までの平日には様々な料理が並ぶ、ランチビュッフェを楽しめる。夜にはピアノとサックスの演奏があり、ロマンチックなダイニングに早変わり。
ダイナミックなパノラマビューが楽しめるモダンなフィリピン料理レストラン。月曜から金曜までの平日には様々な料理が並ぶ、ランチビュッフェを楽しめる。夜にはピアノとサックスの演奏があり、ロマンチックなダイニングに早変わり。
【マカティ・サルセド店、タギッグ店】店名の由来はXO=Extraordinary(並外れた)と1946(フィリピンが米国から独立した年)を掛け合わせたもの。こちらではフィリピンの伝統を重んじ、民族衣装のバロンに身を包んだスタッフが懇切丁寧にもてなしてくれる。
【マカティ・サルセド店、タギッグ店】店名の由来はXO=Extraordinary(並外れた)と1946(フィリピンが米国から独立した年)を掛け合わせたもの。こちらではフィリピンの伝統を重んじ、民族衣装のバロンに身を包んだスタッフが懇切丁寧にもてなしてくれる。
【バコロド】もともと小さな定食屋として営業をスタートさせたこのレストランではバッチョイが看板メニュー。多くの地元民に愛されている味だ。その他にも、オーナー自身の釣り堀で獲れる海鮮を使った料理の数々を提供している。
【バコロド】もともと小さな定食屋として営業をスタートさせたこのレストランではバッチョイが看板メニュー。多くの地元民に愛されている味だ。その他にも、オーナー自身の釣り堀で獲れる海鮮を使った料理の数々を提供している。
【バコロド】18th Street Pala-palaはバコロドにできた最初のPala-palaレストラン。レストランの創業から2年後に、フードブロガーやシェフの間で話題となることで人気に火が付き、その後、現在の形態へとビジネスを拡大してきた。ここでは、ローカルなバコロド料理と新鮮な魚介メニューを頂くことができる。
【バコロド】18th Street Pala-palaはバコロドにできた最初のPala-palaレストラン。レストランの創業から2年後に、フードブロガーやシェフの間で話題となることで人気に火が付き、その後、現在の形態へとビジネスを拡大してきた。ここでは、ローカルなバコロド料理と新鮮な魚介メニューを頂くことができる。
【パサイ】カルティマールに構える日本人経営の日本食レストラン。生鮮市場に隣接する新しいビルに移転し、エアコンの効いた広い店舗になり、品数も増えた。おすすめは看板メニューのおでん(P180)。
【パサイ】カルティマールに構える日本人経営の日本食レストラン。生鮮市場に隣接する新しいビルに移転し、エアコンの効いた広い店舗になり、品数も増えた。おすすめは看板メニューのおでん(P180)。
【ギマラス】レストラン"Pitstop"は、マンゴーを使った料理を提供しているお店。中でも、マンゴーピザは看板メニュー。一口食べると、Guimarasのマンゴーにとろけるチーズとカシューナッツ、少し厚めのクラストのマッチングに感動。
【ギマラス】レストラン"Pitstop"は、マンゴーを使った料理を提供しているお店。中でも、マンゴーピザは看板メニュー。一口食べると、Guimarasのマンゴーにとろけるチーズとカシューナッツ、少し厚めのクラストのマッチングに感動。
【South Pub サウス・パブは閉店しました】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
【South Pub サウス・パブは閉店しました】アラバンに住むオーナーが手掛けるおしゃれなパブ。イギリス料理、スパニッシュ、フィリピン料理などバラエティに富んだメニューを楽しめる。
【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。
【タギッグ】SMオーラの1階に構えるレストラン。明るい木目調のインテリアがかわいく、オープンエアのバーエリアもある。ヨーロピアン風のインテリアとフィリピン料理を組み合わせた新しいコンセプト。店内にはローカルの職人が作った漬物や薬味などの食材、ハンドメイドの石鹸、トートバッグといった雑貨を販売するコーナーもあり、そういった職人の活動を支持している。
【ラウニオン】サン フェルナンドの街中にある昔懐かしい味が味わえるレストラン。オーナーのおばあちゃんから代々伝わるレシピで、地元イロカノ料理が楽しめる。材料はすべて地元の物を使用。自慢の一品は、L.U. BBQ Platter(P600)。チキンはとっても柔らかく、ラウニオン産のハチミツを使った甘辛いハニー・チキンもたまらない。
【ラウニオン】サン フェルナンドの街中にある昔懐かしい味が味わえるレストラン。オーナーのおばあちゃんから代々伝わるレシピで、地元イロカノ料理が楽しめる。材料はすべて地元の物を使用。自慢の一品は、L.U. BBQ Platter(P600)。チキンはとっても柔らかく、ラウニオン産のハチミツを使った甘辛いハニー・チキンもたまらない。
【ラウニオン】イロカノ料理とは、ここLa UnionがあるIlocos(イロコス)地方の郷土料理のこと。Cuisinaでは現代風にアレンジしたイロカノ料理をコンセプトとしている。店の看板メニューはCrispyDinuguan(P280)。こちらは豚肉を揚げたものにフィリピン料理の豚のスープDinuguan(ディヌグアン)がかかったもの。
【ラウニオン】イロカノ料理とは、ここLa UnionがあるIlocos(イロコス)地方の郷土料理のこと。Cuisinaでは現代風にアレンジしたイロカノ料理をコンセプトとしている。店の看板メニューはCrispyDinuguan(P280)。こちらは豚肉を揚げたものにフィリピン料理の豚のスープDinuguan(ディヌグアン)がかかったもの。
【ラウニオン】La Unionに訪れる人は誰しもこちらに訪れる。ハロハロだけではなく、手の込んだフィリピンの郷土料理もあり観光客だけでなく地元の人々にもお気に入りのお店。例えばemparedados(P125)。手作りのソーセージと、バターのようなチーズを地元のパンにはさんだイロコスの軽食はここでしか体験できないメニュー。
【ラウニオン】La Unionに訪れる人は誰しもこちらに訪れる。ハロハロだけではなく、手の込んだフィリピンの郷土料理もあり観光客だけでなく地元の人々にもお気に入りのお店。例えばemparedados(P125)。手作りのソーセージと、バターのようなチーズを地元のパンにはさんだイロコスの軽食はここでしか体験できないメニュー。
【タガイタイ】フィリピンの家庭料理が楽しめるレストラン。お店の名前であるBalay Dakoは、「大きな家」という意味。フィリピンの昔ながらの豪邸をイメージして建てられた。
【タガイタイ】フィリピンの家庭料理が楽しめるレストラン。お店の名前であるBalay Dakoは、「大きな家」という意味。フィリピンの昔ながらの豪邸をイメージして建てられた。
【タガイタイ】レストランというよりも友達のお家の食事に招かれたような、そんな温かい空間で美味しいフィリピン料理を味わうことができるMilagros Private Kitchen。お子様連れのファミリーも、キッズコーナーがあるので、子どもを遊ばせながら夫婦でゆっくりと食事ができそう。
【タガイタイ】レストランというよりも友達のお家の食事に招かれたような、そんな温かい空間で美味しいフィリピン料理を味わうことができるMilagros Private Kitchen。お子様連れのファミリーも、キッズコーナーがあるので、子どもを遊ばせながら夫婦でゆっくりと食事ができそう。
【ラグナ】リゾート内のレストランでは、日替わりでフィリピン料理をメインにした多国籍料理をビュッフェスタイルで提供している。ランチビュッフェはローストチキン、イカのアドボ、牛肉のスパイシーなカルデレタ、レチョン、パンシットなど時期によってもメニューは変わる。
【ラグナ】リゾート内のレストランでは、日替わりでフィリピン料理をメインにした多国籍料理をビュッフェスタイルで提供している。ランチビュッフェはローストチキン、イカのアドボ、牛肉のスパイシーなカルデレタ、レチョン、パンシットなど時期によってもメニューは変わる。
【マカティ】レガスピビレッジの外れ、クリークサイドの斜め向かいにぽつりと立っているフィリピン料理レストラン。リーズナブルだが美味しいフィリピン料理を提供し、ランチとディナーは周囲のオフィスやレガスピビレッジからのお客さんで満員になる人気店。
【マカティ】レガスピビレッジの外れ、クリークサイドの斜め向かいにぽつりと立っているフィリピン料理レストラン。リーズナブルだが美味しいフィリピン料理を提供し、ランチとディナーは周囲のオフィスやレガスピビレッジからのお客さんで満員になる人気店。
【アルバイ】地元の新鮮な食材を使用したビコール地方伝統のメニューを、手頃な価格で提供するレストラン。2004年のオープン以来、ビコール地方の家庭の味を提供している。人気メニューは、特別なスパイスで味付けした豚のリブやtinapaと呼ばれる魚と卵、トマトがのったフライドライスなど。
【アルバイ】地元の新鮮な食材を使用したビコール地方伝統のメニューを、手頃な価格で提供するレストラン。2004年のオープン以来、ビコール地方の家庭の味を提供している。人気メニューは、特別なスパイスで味付けした豚のリブやtinapaと呼ばれる魚と卵、トマトがのったフライドライスなど。
【アルバイ】独自のアレンジを加えた、フィリピンの郷土料理を提供するレストラン。優雅なインテリアを備えたモダンなインテリアも特徴だ。オススメは、イカやピリナッツ、パクチーにチリフレークなどが入ったスパイシーなポメロサラダや、ローストしたフィッシュフィレ。
【アルバイ】独自のアレンジを加えた、フィリピンの郷土料理を提供するレストラン。優雅なインテリアを備えたモダンなインテリアも特徴だ。オススメは、イカやピリナッツ、パクチーにチリフレークなどが入ったスパイシーなポメロサラダや、ローストしたフィッシュフィレ。
【アルバイ】アルバイ州で最も古い家として、観光スポットとしても知られているレストラン。1913年に開業し、ビコール地方の豊かな食文化を促進、提供している。2005年には伝統的な特徴を残しつつリニューアルされ、エレガントなレストランへと生まれ変わった。
【アルバイ】アルバイ州で最も古い家として、観光スポットとしても知られているレストラン。1913年に開業し、ビコール地方の豊かな食文化を促進、提供している。2005年には伝統的な特徴を残しつつリニューアルされ、エレガントなレストランへと生まれ変わった。
【マカティ】「パコ」と呼ばれるシダ植物を使ったユニークなサラダ。パコには味がほとんどなく、苦みがないので食べやすい。少し硬めの食感で酢ベースのドレッシングとよく合う。他にも刻んだトマトや玉ねぎが入っており、魚のほぐし身とソルテッドエッグで風味を出している。
【マカティ】「パコ」と呼ばれるシダ植物を使ったユニークなサラダ。パコには味がほとんどなく、苦みがないので食べやすい。少し硬めの食感で酢ベースのドレッシングとよく合う。他にも刻んだトマトや玉ねぎが入っており、魚のほぐし身とソルテッドエッグで風味を出している。
【ダバオ】1999年、高台にあるリゾート内にオープンしたこの店は、常にこの地域で人気のフィリピン料理レストラン。高台からの見晴らしがよく、夕食時の雰囲気は抜群でデートスポットとして有名だ。
【ダバオ】1999年、高台にあるリゾート内にオープンしたこの店は、常にこの地域で人気のフィリピン料理レストラン。高台からの見晴らしがよく、夕食時の雰囲気は抜群でデートスポットとして有名だ。
【カビテ】カナダ帰りの料理好きな女性が手掛けるレストラン。タガイタイの静かな住宅街に佇むオーナーの自宅を使っており、まるで友人の家に招かれたようなアットホームさがある。絵画で飾られた開放的なダイニングルームは居心地がよく、食事の後はテラスでくつろぐこともできる。
【カビテ】カナダ帰りの料理好きな女性が手掛けるレストラン。タガイタイの静かな住宅街に佇むオーナーの自宅を使っており、まるで友人の家に招かれたようなアットホームさがある。絵画で飾られた開放的なダイニングルームは居心地がよく、食事の後はテラスでくつろぐこともできる。
【セブ】マラパスクア島のコカイズ・マルディト・ダイブ・リゾート内にあるレストラン。メニューはフィリピン料理を始め、ギリシャ、メキシコ、日本、イタリアなど多国籍な料理が味わえる。また毎週月曜日の18時から21時までは、日本食のビュッフェを開催。
【セブ】マラパスクア島のコカイズ・マルディト・ダイブ・リゾート内にあるレストラン。メニューはフィリピン料理を始め、ギリシャ、メキシコ、日本、イタリアなど多国籍な料理が味わえる。また毎週月曜日の18時から21時までは、日本食のビュッフェを開催。
【セブ】フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。
【セブ】フィリピンの伝統料理で、お祝い事などでは必ず食べる子豚の丸焼き、レチョン。中でもセブのレチョンは味がしっかりと付いているので、ソースなどつけずそのまま味わうことができる。アメリカの有名シェフもレチョンはセブが一番とコメントしている。
【モールオブエイジア】フィリピンのダバオ市にあるカジュアルダイニング、Blue Posts Boiling Crab and Shrimpsが、2店舗目をマニラのSMモール・オブ・アジアにオープン。フィリピンの伝統的な食事のスタイルであるKamay-kamayan(カマイ・カマーヤン)、つまり“素手で食べる”ことをコンセプトとし、その日に仕入れた新鮮なカニ、エビ、ムール貝などを提供している。
【モールオブエイジア】フィリピンのダバオ市にあるカジュアルダイニング、Blue Posts Boiling Crab and Shrimpsが、2店舗目をマニラのSMモール・オブ・アジアにオープン。フィリピンの伝統的な食事のスタイルであるKamay-kamayan(カマイ・カマーヤン)、つまり“素手で食べる”ことをコンセプトとし、その日に仕入れた新鮮なカニ、エビ、ムール貝などを提供している。
【ケソン】クリスピーパタとは、カリッと揚げた豚足のフィリピン料理。ルセナ市中心に位置するこのレストランのクリスピーパタは、外はパリパリ中は柔らかな食感で大人気。その他にもクリスピースクイッド(イカの揚げ物)、人気のレバーステーキ、シュリンプカマロン(天ぷら風イカの揚げ物)などのフィリピン料理を提供している。
【ケソン】クリスピーパタとは、カリッと揚げた豚足のフィリピン料理。ルセナ市中心に位置するこのレストランのクリスピーパタは、外はパリパリ中は柔らかな食感で大人気。その他にもクリスピースクイッド(イカの揚げ物)、人気のレバーステーキ、シュリンプカマロン(天ぷら風イカの揚げ物)などのフィリピン料理を提供している。
【ケソン】2008年にオープンしたケソン州、郊外エリアのベスト・レストラン。家庭料理を提供する小さなテナントの食堂からスタートし、その料理が評判となり現在のレストランとなった。広々とした開放的な空間で、海を眺めながらそして爽やかな風を感じならが食事が楽しめる。
【ケソン】2008年にオープンしたケソン州、郊外エリアのベスト・レストラン。家庭料理を提供する小さなテナントの食堂からスタートし、その料理が評判となり現在のレストランとなった。広々とした開放的な空間で、海を眺めながらそして爽やかな風を感じならが食事が楽しめる。
【ケソン】フィリピン料理と中国料理が中心の、ケソン中から多くの人々が訪れるレストラン。海の町パグビラオに位置し、新鮮なシーフードメニューがオススメだ。中でも名物の帆立は時期にもよるので、事前予約で確認されることをお勧めする。他にもニンニクの風味が食欲をそそるスチームドクラブ、ビーフとブロッコリーの炒め物、スペアリブなど豪華なメニューが勢ぞろい。
【ケソン】フィリピン料理と中国料理が中心の、ケソン中から多くの人々が訪れるレストラン。海の町パグビラオに位置し、新鮮なシーフードメニューがオススメだ。中でも名物の帆立は時期にもよるので、事前予約で確認されることをお勧めする。他にもニンニクの風味が食欲をそそるスチームドクラブ、ビーフとブロッコリーの炒め物、スペアリブなど豪華なメニューが勢ぞろい。
【ケソン】断崖に位置する、大自然に囲まれたこのレストランからの眺めは最高! メイン料理は伝統的なフィリピン料理を提供している。中でもルセナシティが発祥といわれる麺料理、チャミはオススメだ。他にもカレカレやポーク・ビナグンガンなどの定番料理は仲間や家族とシェアできる量になっている。
【ケソン】断崖に位置する、大自然に囲まれたこのレストランからの眺めは最高! メイン料理は伝統的なフィリピン料理を提供している。中でもルセナシティが発祥といわれる麺料理、チャミはオススメだ。他にもカレカレやポーク・ビナグンガンなどの定番料理は仲間や家族とシェアできる量になっている。
【ケソン】ケソン州で採れたオーガニック食材を使用したメニューが味わえる、バリを意識して造られたコテージレストラン。どこかゆったりとした時間が流れ、リラックスした気分になれる。このレストランがあるティアオン地域は、農業が盛んで特にココナッツが有名。また海からも近く、新鮮な野菜とシーフードのどちらのメニューも味わうことができる。
【ケソン】ケソン州で採れたオーガニック食材を使用したメニューが味わえる、バリを意識して造られたコテージレストラン。どこかゆったりとした時間が流れ、リラックスした気分になれる。このレストランがあるティアオン地域は、農業が盛んで特にココナッツが有名。また海からも近く、新鮮な野菜とシーフードのどちらのメニューも味わうことができる。
【ボホール】人気のダイビングセンターがあるオアシス・リゾート内のレストラン。フィリピン料理を始め、様々なメニューが用意されているこのレストランの魅力は、何と言ってもビーチでの食事。海を眺めながら、リラックスして食事が楽しめる。
【ボホール】人気のダイビングセンターがあるオアシス・リゾート内のレストラン。フィリピン料理を始め、様々なメニューが用意されているこのレストランの魅力は、何と言ってもビーチでの食事。海を眺めながら、リラックスして食事が楽しめる。
【ボホール】ターシャ・ボタニカ・リゾート内にあり、素敵なオーシャンビューを眺めながら食事ができる予約必須のこちら。メイン道路から少し離れた場所にあり、静かにプライベートな空間で過ごしたい方にオススメだ。アジアン料理をメインに、本格的な多国籍料理を提供している。
【ボホール】ターシャ・ボタニカ・リゾート内にあり、素敵なオーシャンビューを眺めながら食事ができる予約必須のこちら。メイン道路から少し離れた場所にあり、静かにプライベートな空間で過ごしたい方にオススメだ。アジアン料理をメインに、本格的な多国籍料理を提供している。

【Gallery Vask ギャラリー・バスクは閉店しました】BGCにあるファインダイニングレストラン。毎年アジアのトップレストランをランキングするAsia's 50 Best Restaurantsのリストに2016年、2017年と2年間連続でランクイン。フィリピンから唯一のランクインでもある。
【Gallery Vask ギャラリー・バスクは閉店しました】BGCにあるファインダイニングレストラン。毎年アジアのトップレストランをランキングするAsia's 50 Best Restaurantsのリストに2016年、2017年と2年間連続でランクイン。フィリピンから唯一のランクインでもある。
【Sabaoは閉店しました】シニガン、ティノーラ、ブラロなど、スープ系のフィリピン料理がメインのレストラン。16時間じっくり煮込んだコクのあるスープが美味しさの決め手。
【Sabaoは閉店しました】シニガン、ティノーラ、ブラロなど、スープ系のフィリピン料理がメインのレストラン。16時間じっくり煮込んだコクのあるスープが美味しさの決め手。
広告

食べる

ジャンルで探す

地域で探す

マカティ

タギッグ

マニラ

アラバン

パサイ

パシッグ

ルソン島北部

ルソン島南部

リゾート

ミンダナオ

パラニャーケ

フィリピン不動産賃貸ポータルサイト  |   フィリピン留学 留学プライマー  |   フィリピン求人 求人プライマー  |   Travel agency for Japan - Primer Luxe Travel